【海外の反応】「危険な決断だ」日本代表の若手中心のメンバーに疑問を抱く海外のファン..

サッカー日本代表の森保一(Hajime Moriyasu)監督は12日、来月にアラブ首長国連邦(UAE)で開幕する第17回アジアカップ(2019 AFC Asian Cup)に向けた23人の登録メンバーを発表した。
記者会見に出席した森保監督は「W杯ロシア大会(2018 World Cup)に参加した選手、あるいはこれまでの日本代表を引っ張ってきた経験ある選手の力を借りたいという気持ちももちろんあった」と明かした上で「今回のチームは経験が浅い選手が多い。選手たちには自分たちが新しい日本代表を築いていくという強い気持ちを持ち、タイトルに向かって戦ってほしいという願いを込め選考した」と続けた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000009-jij_afp-socc

続きを読む

【海外の反応】「レベルが違う」本田圭佑、PKを決め8試合5ゴール3アシストの活躍!現地サポが称賛!

※追記しました
▽元日本代表FW本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは14日、オーストラリア・Aリーグ第8節でブリスベン・ロアーとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。本田は開幕から8試合連続のスタメン。シーズン5得点目を記録した。
▽開始早々にセットプレーからピンチを迎えたメルボルン・ビクトリーだったが、決死の守備で辛うじて失点を免れると、13分に先制。本田のボール奪取からカウンターに持ち込み、トロイージの浮き球パスにバーバルーゼスが合わせ、敵地でリードする。

続きを読む

【海外の反応】「アメリカか日本に行くべきだ」ヤヤ・トゥーレ、3カ月でオリンピアコスから退団..今後の去就は未定

オリンピアコスは、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレと契約解除に至ったことを発表した。
昨シーズン終了後にマンチェスター・シティを退団したトゥーレは、ジョゼップ・グアルディオラ監督にリベンジするためにプレミアリーグでプレーを続行したいと話していたものの、9月にギリシャの強豪オリンピアコスに加入する。
移籍当初は古巣に帰還した喜びをあらわにしていたトゥーレだったが、控えに回ることが中心でわずか5試合しか出場機会を得られず、さらに直近の5試合ではベンチ外に。そして、加入してからわずか3カ月後の11日、オリンピアコスと同選手は契約を解消することが決まった。

続きを読む

【海外の反応】「アジア人が好きだな」堂安律、争奪戦にプレミアのあのクラブも参戦!?現地紙が報道!

フローニンゲンの日本代表MF堂安律について、プレミアリーグのニューカッスルから関心を寄せられているとイギリス『クロニクル』で伝えられた。
ラファエル・ベニテス率いるニューカッスルはプレミアリーグで苦戦が続いており、冬の移籍市場でのテコ入れを示唆。その対象として堂安が浮上しているようだ。記事では「ニューカッスルは1月の移籍市場を前に、日本代表のウイング堂安律について、獲得に向けた動きを見せている」と伝えた。
だが、堂安が他のクラブからも注目を集める人気銘柄になっていることもあり「堂安はマンチェスター・シティからも追われる存在となっているだけに、ニューカッスルは獲得レースで先んじることは難しいだろう」と紹介。

続きを読む

【海外の反応】「ワールドクラスだ」日本の高校生がトニ・クロースのスーパーゴールを完全再現!世界のファンが絶賛!


【ゴール動画 https://streamable.com/bnedd】 【トニ・クロースのゴール動画 https://streamable.com/ial2g】 【比較動画 https://streamable.com/mmnfp】

続きを読む

【海外の反応】「なぜだ!?」日本代表、アジアカップに挑むメンバーを発表!選考に疑問を抱く海外のファンも..

日本代表の森保一監督が12日、都内で記者会見を行い、来年1月にUAEで開幕するアジアカップに向けた日本代表メンバー23人を発表した。肺気胸から復帰したDF長友佑都(ガラタサライ)が10月以来の代表復帰を果たしたほか、FW浅野拓磨(ハノーファー)もケガのため辞退した10月以来の復帰。ケガのため11月の合宿は参加を辞退したMF青山敏弘(広島)も引き続き招集された。
11月のキリンチャレンジカップに招集されたメンバーでは、負傷離脱中のMF三竿健斗(鹿島)のほか、DF山中亮輔(横浜FM)、FW杉本健勇(C大阪)が招集を見送られた。
アジアカップは来年1月5日に開幕。日本はグループリーグでF組に入り、9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。

続きを読む

「日本とイランが決勝で対戦する可能性が高い」イランの英雄アリ・ダエイがアジアカップの優勝争いを予想【海外の反応】

Aマッチ149試合に出場したイランサッカーのレジェンド、アリ・ダエイ元イラン代表監督が来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップについて日本とイランの優勝争いを予想した。ダエイ氏は10日、AFCのホームページに掲載されたインタビューで2019年のアジアカップを展望した。
ダエイ氏は「日本が強力な優勝候補と考えるが、イランもそれに劣らず高いレベルにある」とし「イランが決勝に進出することを期待する」と述べた。続いて「日本はロシアワールドカップ(W杯)で立派なサッカーをするという事実を改めて立証した」とし「日本とイランがアジアカップでトーナメント序盤にぶつからなければ、決勝で対戦する可能性が高いとみている」と繰り返し強調した。
ダエイ氏は「この2、3年間にイランサッカーは大きく発展した。多くの選手が代表チームで長く活躍し、お互いをよく知っている」と述べ、イラン代表のケイロス監督と選手を高く評価した。

続きを読む

【ドイツの反応】「移籍は決定済み?」香川真司、モナコ戦招集外で冬の移籍を確信する現地ドルトムントサポーター

ドルトムントに所属するMF香川真司は、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でもメンバー外となりそうだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。
ドルトムントは11日、モナコと対戦する。一方で、すでにチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出が決定済み。そのため、このアウェー戦にはアクセル・ヴィツェルやマルコ・ロイス、トーマス・ディレイニーといった中盤の主力選手たちが帯同しない見込みとなっている。
ルシアン・ファーヴル監督は「我々には良い選手たちがいる」と選手層の厚さを強調したが、それでも香川はメンバー入りしないという。その理由としては、冬の移籍への「予防策」とされており、記事内では「ケガで移籍ができなくなってしまっては意味がない」と記されている。

続きを読む

【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は…

日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは、シント=トロイデンでプレーするDF冨安健洋の獲得に乗り出しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。
今年1月にアビスパ福岡からベルギーに渡った冨安は、今季のシント=トロイデンで全公式戦に出場して安定感のあるパフォーマンスをを披露。夏に浦和レッズから加わったMF遠藤航、レンタルでフランクフルトから加わったMF鎌田大地らとともにチームの躍進に貢献している。
報道によると、現在センターバックの高齢化に悩まされるブレーメンが20歳の日本代表DFに熱視線を送っているという。既にシント=トロイデンに600万ユーロ(約7億7000万円)の獲得オファーを送ったものの、最初のオファーは断られたようだ。シント=トロイデンは少なくとも1000万ユーロ(約13億円)を求めたという。

続きを読む