【海外の反応】「センセーショナルだ」横浜Fマリノスのゴールを世界が絶賛!

英国のサッカー誌として知られる『FourFourTwo』が、Jリーグで生まれたゴールを紹介している。
同誌がピックアップしたのは、先週末に行われたJ1第9節の横浜F・マリノス対湘南ベルマーレ戦で生まれたウーゴ・ヴィエイラの同点弾。
同誌はこのゴールについて「マンチェスター・シティのようにボールを順に回していき、Jリーグの得点ランキングで首位に立ったウーゴ・ヴィエイラがそのポゼッションを終わらせた」と記した。

続きを読む

【海外の反応】「チートだ」サラー、2ゴール2アシストの活躍でリバプールが5発先勝!ローマは終盤の反撃で奇跡視野に

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は24日、準決勝を行った。アンフィールドではリバプール(イングランド)とローマ(イタリア)が対戦。FWモハメド・サラーとFWロベルト・フィルミーノの2ゴール2アシストの活躍により、リバプールが5-2で先勝した。なお、第2戦は5月2日にスタディオ・オリンピコで開催される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-01653067-gekisaka-socc

続きを読む

【オランダの反応】「最高の補強になる」宇佐美獲得に期待を膨らませる現地PSVサポ..一部には疑問の声も

今冬の欧州移籍が確実視される日本代表FW宇佐美貴史(23=G大阪)に関し、オランダの名門PSVが移籍先の有力候補に挙がっていることが分かった。関係者によればPSVは宇佐美を高く評価し、既に正式オファー。宇佐美も前向きに検討しているという。
宇佐美の移籍先にオランダの名門が急浮上した。複数の関係者によれば、22日までにPSVが来年1月の獲得へ向けて正式オファーを出したことが判明。宇佐美に対しては、マルセイユなども正式オファーを出しているが、PSVは来年2月から始まる欧州CL決勝トーナメントへ出場するとあり、ここに来て有力候補になっているという。
PSVはアヤックス、フェイエノールトと並ぶオランダ3大クラブの一つ。リーグ優勝22回を誇り、87~88年シーズンには欧州チャンピオンズ杯(欧州CLの前身)を制した欧州屈指の強豪だ。かつて元ブラジル代表FWロナウドやロマーリオといった名選手がプレーしたことでも知られる。

続きを読む

【海外の反応】「(日本の)Bは死の組だ!」W杯アジア最終予選組合せ決定!

※追記しました
ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が12日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。6大会連続の本大会出場を目指す日本はオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同組のB組を戦うことが決定した。
最終予選は9月1日に開幕。日本はホームでUAEと対戦する。17年9月5日まで全10試合を消化し、各組上位2チームが本大会への出場権を獲得。両組3位はプレーオフを戦い、勝者が北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに進む。

続きを読む

【海外の反応】「ドルトムントの監督にベンゲルってどう思う?」

アーセナルの指揮官を今季限りで退任することとなったヴェンゲル。『Goal』イギリスの記者は、日本もしくはドルトムントにヴェンゲルが新天地を求める可能性があると分析している。
「現時点で極東に向かう可能性は低いと思われるが、ヴェンゲルが迷う選択肢があるとすれば、ドイツの巨人ドルトムントからのオファーだろう。ブンデスリーガでは、ペーター・シュテーガー体制で苦戦を強いられ、ドルトムントはバイエルンに勝ち点差24付けられている」と紹介し、ドルトムント行きの可能性もあると分析している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000003-goal-socc

続きを読む

【海外の反応】「残って欲しい」吉田麻也の残留を現地サポが希望!?FA杯準決勝後に議論に

サウサンプトンは22日、FAカップ準決勝でチェルシーに0-2と敗れた。この試合で先発したDF吉田麻也は、イギリスメディアの評価では及第点を得ている。
1976年ぶりの優勝、2001-03シーズン以来の決勝進出を目指したサウサンプトン。聖地「ウェンブリー・スタジアム」で、14日にもリーグ戦で対戦したチェルシーとの大一番に臨んだ。
しかし、序盤から押し込まれる展開が続く。前半はなんとか無失点で凌いだが、後半開始早々に失点。攻撃的な選手を投入してゴールを目指したが、終盤に追加点を決められ万事休す。0-2で準決勝敗退となった。

続きを読む

【海外の反応】「お願いします」本田圭佑退団報道でアメリカのファンから獲得を望む声が殺到!

昨年夏、イタリアの強豪ミランとの契約満了に伴いメキシコの地へと降り立った本田は、加入初年度ながら随所で印象的な活躍を披露し、たびたび現地メディアからも称賛されるなど、ベテランとしての存在感を発揮。12月の時点では「このクラブに満足している」とも語っていたが、どうやら契約延長交渉が進展を見せず、すでにパチューカのヘスス・マルティネス会長へ退団の意志を伝えたようだ。
新天地候補としてはスペインのリーガ・エスパニョーラや
アメリカのMLS

続きを読む

【海外の反応】「中国か?」イニエスタがバルサ退団を発表!新天地は明言避けるも「ヨーロッパの外」

バルセロナのMFアンドレス・イニエスタが、今季限りでの退団を発表した。
イニエスタはチームメートや家族が見守る中、目に涙を浮かべながら、「この会見は、これが僕にとって最後のシーズンであることを伝えるためのものだ」と話し始めた。
仲間や家族、クラブへの感謝を口にしたイニエスタは「クラブは全てを与えてくれた。ずっとこのクラブにいられて幸せだった。22年間をここで過ごし、誇らしく思っている」と述べている。

続きを読む

【海外の反応】「これは凄いな」天皇杯で市立船橋が横浜FMを追い込んだ伝説の試合が話題に!

ガンバ大阪の優勝で終わった今季の天皇杯。これまで数々のドラマを生んできた大会だが、今でも語り草になっている試合がある。
2003年12月14日、天皇杯3回戦で横浜F・マリノスが市立船橋高校と対戦した試合だ。
プロとアマチュアでは大きな壁がある。ましてや高校生がザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)、阪南大学と、プロや大学チームを下し3回戦にまで進出しただけで快挙と言える。

続きを読む

【ドイツの反応】「目に涙が..」宇佐美&原口の日本代表コンビが快挙!!デュッセルドルフ、劇的勝利でブンデス1部昇格決定

ブンデスリーガ2部は28日、第32節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフが敵地でディナモ・ドレスデンと対戦した。日本人2人が両ウイングで先発し、2-1で勝利。2試合を残して3位との勝ち点差が7以上となったため、2012-13シーズン以来の1部昇格が決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-01653194-gekisaka-socc

続きを読む