【ドイツの反応】「成長中だ」奮闘した大迫勇也に現地サポは一定の評価…一方で厳しい目の意見も

ブンデスリーガは21日、第22節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでハノーファーと1-1で引き分けた。大迫は2試合連続で先発したが、無得点のまま後半42分に交代。チームも4試合勝ちなし(3分1敗)となり、「悔しかったですね、本当に。歯がゆい感じがすごくあります」と悔しさをにじませた。ブンデスリーガ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。
「今日はこの前みたいなゲームじゃなく、前から行こうという話はしていた。その点に関しては少なからずチャンスは増えたと思うけど、やっぱり点を取らないと勝てない。ただ、前に前に行く姿勢というのは出していかなきゃいけないかなと思う」
FWアンソニー・ウジャーと2トップを組んだ大迫は果敢にゴールを目指した。しかし、相手の体を張ったディフェンスになかなかフィニッシュまで持ち込めない。後半1分にはDFに寄せられて体勢を崩し、シュートを打ち切れなかった。


「ちょっと足が滑ったのもある。あそこで踏ん張ってチームのためにプレーしないといけないけど……」。そう悔やみながらも「ただ、チャンスはあるから、続けて続けて。プラスに考えて、どんどん取り組んでいくことしか今は考えてない」と前を向いた。-
ゲキサカ

1.FCケルンのフォーラムなどから海外の反応をまとめました
・(大迫は)ゆっくりと良くなってきている
そして、ウジャーからのロングボールは
単純に直接ボレーすべきだったと言わざるを得ないな

・俺も彼のことをより気に入ってきている、
今では特にウジャーとの波長がずっと合ってきているよ。
・大迫はボールを持って上手くて、成長中だ
俺はなんとなく彼のプレースタイルが好きだよ
まだフィジカルを強化しないといけないけどね!
・大迫は試合勘をつけてパフォーマンスが向上していることを示してる
シュテーガー監督が引き続き彼にかけることを願うよ
・彼は既にパフォーマンスをあげていると思うけど
フィニッシュをもっと速く、もっと勇敢にならないといけない。
今日のシーンで一番の好例が、ウジャーのパスをインサイドでトラップして
ボールがすり抜けてゴールキーパーへ渡ったシーンだ。
これはうちのチームの共通の問題だが
フィニッシュでリスクを負うのが欠けているんだ。

・うむ、彼は体重を増やしてダイレクトでフィニッシュする必要がある
・それは今シーズン中では難しいな
・ああ、もっと頻繁にマクドナルドへ行くべきだな
・彼はスカイ(の番組)で成長を褒められていたよ
・俺からもな
・今日の大迫は凄く改善していたな、
頻繁に(ポストで)ボールを保持して散らしていた…
もはや軽量でボールを触る度に倒されるわけではない
ゴールにもまた近づきつつある
この上昇傾向がまだ終わらないことを願うよ
・ああ、前半は大迫のことをとても気に入ったよ
フィニッシュの時にハノーファーのディフェンスが
いつも足を入れてきたから残念だ
今日は彼自身の得点に相応しい出来だった
・今までのパフォーマンスと比較すると同感だ
ゴールへの脅威は増しているがブンデスリーガの攻撃陣と比較すると、
(ゴールへの脅威が)まだごくわずかしかない
・大迫が今日の数少ない輝点だった、おめでとう
・ゴール前で震えているけど、それ以外はとても良いと思った
・昨日、BTスポーツの英語の解説は大迫に超魅了されていたよ
彼の身長でどれだけ空中戦に勝利したんだ
もうすぐ彼は試合を決める得点を挙げると思うわ

・うちらの要求はどれだけ低いんだ、彼はある程度オッケーだったけど
ベストプレーヤーとかでは決してないな
ストライカーとしたら、得点者と比較されるだろうに
・それでもうちのベストプレーヤーの一人で、
ブンデスリーガでやるには良い選手だ。
でも、残念ながらゴール前での迫力が多少欠けている
それ以外ではボールキープとボールの繋ぎが常に驚くほど素晴らしい
あと、動物みたいなセンターバックに対して苦しい場面にあっても
彼は多くのハイボールに勝っていて興味深い
・ストライカーはゴールを決めないといけない。得点だよ。
少なくともゴールの脅威になるシーンがないといけない
残念ながら、基本的にそれが欠けているんだ。
この試合は失敗と見なさないといけない。
2部で大迫を見た時と異なっているからちょっと驚いている。
俺は彼を誤った買い物だったとは見なさないよ、
残念ながら大きな補強にはなっていないけど。
・大迫はテクニックが良質なのでとても良く見える
でも、相手にとって危険に感じない
彼に出してもシュートで終わることがない
ストライカーが必要としている迫力が恋しい
・やれやれ、ほんの少しのことで満足しているんだな….
確かに大迫は前半戦よりも良くなっている
でも、確実にこの試合の輝点などではなかったよ
ゴール前では肌の色が異なるボール・フィネにすぎない….
まだ彼がブンデスリーガに向いているとは思えないな
なんてことだよ、どうして相手のゴール前で
これだけ脅威になれないんだ???
・そうじゃない。ボール・フィネみたいに
100%決めないといけないシュートではなく
フィニッシュが難しい場面だった
あと、彼はウジャーと同じ問題を抱えている
使えるボールがごくまれにしか彼に来ないんだ
・そういうことではない。
ボールの保持、ボールの繋ぎ、対人がフィネとは世界が違う。
今日、大迫が得たチャンスはフィネのシュートチャンスとは質が違う。
俺は4-2-3-1で長澤か4-4-2でデイヴェルソンを見たかった。
でも、大迫を疑っている俺でさえ、
今日の彼は起用の正当性を証明したと思う、攻撃面でも守備面でもね。
・俺は昨日スタジアムにいた…
間違いなく大迫は努力していたよ….
でも、フィジカルで酷く強いサネとマルセロ相手に収穫はなかった
フィネとの違いが見えない….両選手共に全力を注ぐけど….
今はチャンスを潰すことについては話したくないな…
大迫はチャンスを得た…決定的に重要な意味を持つのは得点だ
センターフォワードとしては力不足だと思う…
・俺もスタジアムいた。ボールを受けてパニックに陥らないフォワードを
ついに見られたよ。まだ大したことないけど(ゴールをした)ウジャーよりも上だ
他のプレーもついてくるよ、土曜日の試合から俺は確信している。
・勇也は後半戦本当に上手くやってる!
うちにとっては良い”冬の新加入選手”だ!特に体の使い方が本当に上手い!
昨日はローター(・マテウス)だったと思うけど、
スカイ(の番組)で勇也は褒められていたよ。

もしうちに中盤に良いパサーがいたら、順位は全く違っているだろうな。
昨日の試合で勇気が出てきたわ。大迫はコンビネーションを超得意とする
選手だけど、厚かましくなる必要があるよ。
彼がこんなプレーを続けてくれたら俺は常に大迫を気に入るだろう!
ミュンヘンでのバイエルン戦では守備的なシステムに変えるから
ポジションがなくなるかもしれないけどね…
ドイツ語の翻訳は誤訳御免でお願いします
http://bit.ly/1aas1yd,http://bit.ly/1zc1zJt,http://bit.ly/1Di4mpc

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。