【ドイツの反応】「絶対不可欠だ」長谷部誠、前半戦の大活躍で絶賛を浴びる!ベスト11に入れるドイツ人も!

フランクフルトでプレーする元日本代表MFの長谷部誠はドイツの高級紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング(SZ)』が選んだ今シーズン前半戦のチームに名を連ねた。
今夏のワールドカップ後に代表からの引退を表明した長谷部は今シーズン、フランクフルトで9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降、16試合連続でフル出場している。バイエルンへと去ったニコ・コバチ監督の後任、アディ・ヒュッター体制ではリベロとして君臨。9月30日~11月29日までの公式戦11試合負けなし(10勝1分け)に貢献し、チームの躍進において欠かせない存在となっていた。
そして、『SZ』もそんなベテランのパフォーマンスを高く評価し、今シーズン前半戦の「ベスト11」(実際には12人)に選出。首位を走るドルトムントからは4人、2位ボルシア・メンヒェングラットバッハ、6位フランクフルトからはそれぞれ2人が含められたこのリストだが、長谷部については次のようなコメントが記された。


「“最後のリベロ”と呼ばれてきた選手は少なくない。クラウス・アウゲンターラー、ローター・マテウス、イェンス・ノヴォトニーもその対象とされていたが、ここにきてこの肩書きの候補として違ったタイプの選手が現れている。もちろんマコト・ハセベは過去のアウゲンターラーやマテウス、ノヴォトニーとは一味異なるプレーを見せている。だが、フランクフルトの3バックの中央でプレーするこの日本人を目にすれば、その落ち着きぶりや技術、視野の広さを受け、“リベロ”がまさに彼がやっていることを的確に表現する言葉であることに気が付くかもしれない」
「前半戦において、彼はフランクフルトのサプライズシーズンに大きな要因となるほど、その役を上手くこなした。そして、今後ももう少しばかりかこの調子で続けることが考えられる。契約は延長となったハセベは現在34歳で、過去の多くの選手にとって、リベロとしての最高な時期が始まった年齢となっている」
なお『SZ』が選んだ前半戦のベストチームは以下の通り。
GK
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ)
DF
アクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)
長谷部誠(フランクフルト)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
MF
アクセル・ヴィツェル(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・グルイッチ(ヘルタ・ベルリン)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨーナス・ホフマン(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
FW
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
パコ・アルカセル(ボルシア・ドルトムント)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010008-goal-socc

コメント欄などから海外の反応をまとめました
<フランクフルトサポ>
・ウィンターブレイクが適切なタイミングでやってきてくれた。
アブラハム、長谷部、レビッチが怪我、そして今度はガチノヴィッチが。
彼らの埋め合わせは出来ないよ。それ以外は本当に最高の前半戦だった! 💪🏼
・2018年の評価をすると、長谷部とダ・コスタは絶対不可欠だった
ガチノビッチは素晴らしかったと思う
フェルナンデスとルスは非常にきちんとしていて
間違いなく害はなかった
・バイエルン戦はチームが全く機能しなかった
長谷部、キャプテン、レビッチは替えがきかないよ

・このチームには脱帽だ。バイエルン戦で長谷部、アブラハムや
トロは替えが効かないことが明らかになった
サルセドとファレットは頑張っているがビルドアップでミスが多すぎる

・長谷部とアブラハムがいないと守備力が低下するのが見て取れる
・長谷部はうちのディフェンスで
ミスのカバーリングを信じられないぐらい多くしている
・うちで最も重要な男である長谷部がいないと
ヨヴィッチは半分しか効果的でなくなる
<フランクフルトサポ>
・その通りでうちの忍者戦士長谷部誠がいないと機能しない
・長谷部とアブラハムがいないと際立っていたビルドアップがなくなる
・ヒュッター監督はラツィオ戦で長谷部をプレーさせたツケを払っている
・長谷部がうちにとってどれだけ重要なのか次のスタッツが示している
前半戦の公式戦25試合のうち長谷部は19試合に出場
6試合に出場しなかった
長谷部がプレーした公式戦19試合は次のようになった
試合–勝—————分————負———-勝ち点
19—-12(63,16%)—2(10,53%)—5(26,32%)—2,0
その一方で長谷部抜きの公式戦6試合はこのようになった
6——2(33,33%)—1(16,67%)—3(50,00%)—1,17
長谷部がいると1試合平均で勝ち点を0,83上澄みできる
1シーズンにするとリーグ戦だけで勝ち点28,22になる
フランクフルトにうちの日本人がどれだけ重要なかのは明白だ
・自分が応援しているクラブの前半戦の賞
ブレイクしたスター選手 – ヨヴィッチ
一番伸びた選手 – フェルナンデス
一番の補強 – コスティッチ/エンディカ
一番のチームパフォーマンス – シュツットガルト戦
ベストゲーム – デュッセルドルフ戦
ベストプレーヤー – 長谷部
ベストゴール – ヨヴィッチ – デュッセルドルフ戦
一番伸びた選手 – ヨヴィッチ
一番の補強 – コスティッチ
一番のチームパフォーマンス – EL全体
ベストゲーム – ラツィオ (H), デュッセルドルフ戦
ベストプレーヤー – ヨヴィッチ, ハラー, 長谷部
ベストゴール – ガチノヴィッチ vs ラツィオ,
ヨヴィッチ vs デュッセルドルフ
※長谷部誠選手、2018年AFC最優秀国際選手賞を受賞

・なんて常軌を逸した男だよ。35歳になろうとしているのに
まだフランクフルトで元気に活躍してタイトルを獲得している
俺は彼を尊敬するよ
・この賞はドイツでプレーしているアジア人選手が受賞するの?
ソンの方が長谷部よりも相応しいと思う
・長谷部はポカールで優勝して
日本代表ではベスト16に進出した
ソンは有名クラブにいて好調だが、
彼はそれらの偉業を成し遂げていないと思う
【関連記事】
「なんてタックルだ」長谷部誠、決定機阻止!フランクフルトがドイツ杯優勝!絶対王者バイエルンを下す!
・ソンはアジア大会で優勝したけどな
・それはU23の大会だぞ、兵役免除があったから
ソンがそのメンバー入りしたのはみんなが知っていることだ
・長谷部の方がソンよりも相応しかった
点取り屋をずっとベストプレーヤーと見なすことは出来ない
優れたディフェンダー、ミッドフィルダー、
キーパーがいないとチームが成り立たないからね
・今季ヨーロッパリーグを席巻したフランクフルトに長谷部は大きく貢献している
マルセイユやラツィオのようなクラブがいたグループで6勝した
昨季、バイエルンに1-3で勝利したカップ戦決勝で
マン・オブ・ザ・マッチを獲得(※ブンデス公式のMOMはレビッチでした)
韓国はグループステージ突破できなかったから・・・
前半戦ベストイレブン
<ドルトムントサポ>
◆俺の前半戦のベストイレブン
ビュルキ
ハキミ – アカンジ – 長谷部 – シュルツ
ヴィツェル – ホフマン
サンチョ – ロイス – アザール
ヨヴィッチ
<ドルトムントサポ>
・俺が変更するとしたらヨヴィッチのところにハラーだけだわ
・悪いがヨヴィッチの代わりにアルカセルで🖤💛
<ドルトムントサポ>
◆それも分かるわ、プレアやハラーも良かった
先発率が決め手だったんだ。
・ ゾマー
ウパメカノ ザガドゥ
ハキミ シュルツ
ヴィツェル
ハフェルツ ノイハウス
サンチョ ロイス
ヨヴィッチ
<ドイツ>
・俺の前半戦のベストイレブン
ゾマー /ギンター, 長谷部, シュルツ, キミッヒ / ティアゴ, ヴィツェル /
ロイス, ハフェルツ/ヨヴィッチ, アルカセル – ファブレ
サブ:
カステールス/アカンジ,ウパメカノ,マックス, ハキミ/マイヤー, シュトローブル/
アザール, サンチョ/ハラー,ヴェルナー – ヒュッター
ピシュチェク-ザガドゥ-長谷部-ハキミ
ヴィツェル – ノイハウス
パコ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。