【海外の反応】「怪しいと思ってた」2002年のロベルトカルロスにドーピング疑惑が浮上

サッカー元ブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。
ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医師が存在し、ドーピングが日常的に行われていると伝えた。同医師が持久力向上に効果があるエリスロポエチン(EPO)や、筋肉増強作用などがあるクレンブテロールを勧めるシーンも流した。
番組の中で、現役時代に攻撃的なディフェンダー(DF)として、スペインリーグ1部のレアル・マドリードなどで活躍し、左足からの強烈なシュートが代名詞だったロベルトカルロス氏にも言及した。15年にブラジルの反ドーピング機関がサンパウロの検察庁に提出したとされる関係書類に「名前が記載されていた」とした。


詳細は定かではないが、日韓W杯のあった02年に別の代表選手と禁止薬物を使用していた疑いがあるという。また、問題の医師がやせ気味だった15歳ごろから同氏に禁止薬物を渡し「あの厚い太ももは自分がつくった」と主張する場面もあった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000069-asahi-spo

英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました
・偉大な選手だが、比較的小さない人にしては
彼の太ももの大きさはずっと怪しいと思っていたよ
<アーセナルサポ>
・言われなくても分かってた、みんな覚えているか
彼の大腿四頭筋(太もも前面)がどんなだったか?
<ユナイテッドサポ>
・あの足は現実離れしていた!

・これで常軌を逸したフリーキックの説明がつくかもしれない
・公平にいって成功率は酷かったぞ
<イギリス>
・道理で彼のゴールは物理学の法則を無視していたわけだ 笑
・これは本当に大きな事件になるのではないだろうか
<ウェストハムサポ>
・大丈夫、ならないから
誰もそれをこじ開けることに興味はない
自転車競技はそれでほとんど潰れかけたし
絶対にサッカーを潰すことになるだろう
・サッカーはでか過ぎてこんなことでは潰れないよ
<ウェストハムサポ>
・過去10年のチャンピオンズリーグ優勝者全員が
ドーピングしていることを想像してくれ
メッシがドーピングしていることを想像してくれ
ラ・リーガ、プレミア、ブンデスの90%の選手が
<レアル・マドリーサポ>
・レジェンドをそっとしておいてくれ
<ドイツ>
・ドイツ人として、俺の同国人には自分たちの調査をまずして欲しいね
調査すべきものは十分にある、特にミュンヘンで…
・ハイオ・ゼッペルト(ジャーナリスト)はこのような調査報道に関して
最も信頼できる人の1人だろう

90年代からロシアや他の国々(ドイツや東ドイツ)へ大いに力を注いてきた
これが事実かどうかは誰にも分からないが、
多くのプロのアスリートが筋肉増強薬を使用しているという
仮定が全く不合理には思えない
<アーセナルサポ>
・これまでにも大物選手が運動能力向上薬を使用している
証拠となるドキュメンタリーがあった
それで(ドーピングが)終わったと信じられる理由はない
ドーピング検査は全く効果的ではなく
存在していないも同然だから特にだ
・世界にはもっとハイオ・ゼッペルトのような人が必要だ

<WBAサポ>
・サッカー界にドーピングがないなんてあり得ない
ハイプレッシングをするチーム数が増加していることを考えたら特にだ
でも、それは不都合な真実で隠しておいた方が皆にとっていい
<バイエルンサポ>
・隠しておけることが興味深いと思うわ
・サッカー界では疑わしいことがかなり起こっている
フエンテス医師とバルセロナを俺はまだ覚えている
ぶっちゃけ、多くの選手が筋肉増強薬を使用していても俺は驚かないね
スペインのレアル・マドリードやバルセロナなどに対して禁止薬物使用の疑いがあると報じられたことが分かった。
今回の疑惑を報じたのはフランスのル・モンド紙。同紙によると、レアル・マドリード、バルセロナ、ヴァレンシア、ベティスの4チームが、自転車競技界に大きな波紋を広げた選手に禁止薬物の使用を指南したとの疑いが掛かっているエウフェミアーノ・フエンテス医師に処方箋や処置の相談をしていたという。しかも同紙は事実を証明する秘密文書も入手。同医師が書いたとみられる禁止薬物を示す記述もあり、その中にはこれらのクラブとの関係を示す内容も含まれていたという。
これに対し、いずれのクラブも即座に今回の報道を否定しており、場合によっては法的措置も行う構えをみせている。
http://www.pia.co.jp/worldsoccer/news/2006/12/08_03.html
・俺は全員が運動能力強化薬物を使っていると思う
<バイエルンサポ>
・もしこれが事実となったら、ブラジルは2002年のワールドカップを剥奪すべきだ
<スペイン>
・1954年のドイツにも同じことが当てはまるのでは?
・1954年だけか?
<ブレーメンサポ>
・最初のコメントは間抜けだが
ドイツが幾つかのワールドカップで
ドーピングをしていると本当に思っているのか?
<イングランド>
・それだ。2002年のイングランド対ブラジルの試合を
もう一度同じメンバーでやるべきだ
<ロンドン>
・それでもうちは負けるだろう
・レアル・マドリーはあの年にチャンピオンズリーグで優勝していた・・・
いつものことにすぎない
・思い出すと、2002年のワールドカップは
今まででドーピングが使用されていた一番明らかなスポーツの大会の1つだったな
・2002年は歴史上最低のジャッジが連発した大会だった
その中でも、後に薬物密輸で逮捕されたモレノが先頭に立っていた
・韓国の選手がフルスプリントで
マラソンをしているのは見ていてかなり楽しかったわ
・(2002年の)決勝で負けたドイツがこれを蒸し返すのはちょっと遅いよ
負け惜しみにしか見えない
ドイツも初めてのワールドカップ優勝の時は
薬を使っていたでまず間違いないと思う
何を証明しようとしているのか分からないな・・・
これはドイツのハーフからの意見だ
・このことは忘れろ
1998年のワールドカップの決勝で確実にフランスに勝たせるために
薬/毒を盛られたロナウドはどうなんだ
・彼は出場停止になるの?
<レアル・マドリーサポ>
・それじゃ~誰がレアル・マドリー・レジェンズの
左サイドバックでプレーするんだ?
FIFAはうちのレジェンドチームの補強を
2回の移籍市場で禁止にするだろう
http://bit.ly/2rSY7Hv,http://bit.ly/2tqVleq,http://bit.ly/2rT8uLb
http://bit.ly/2rB3V8W.http://dailym.ai/2rObu0i
@Alebisogul@vayerism@IlCobra21@EwonSprokler

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。