【海外の反応】「悪の帝国がやってきた」ブンデスに新たな金満クラブが誕生!RBライプツィヒの一部昇格を決定!

RBライプツィヒとは・・・
2009年に当時5部のSSVマルクランシュタットのライセンスを飲料メーカーのレッドブルが買収した上で新たに発足したクラブ。
当時レッドブルはザルツブルク、ニューヨーク及びカンピーナスにおいてもサッカークラブを運営しており、レッドブルのサポートするサッカークラブとしては4チーム目に当たる。


ドイツにおいてプロサッカークラブを運営する上では、オーストリア等とは異なり
原則として親会社の名前をチーム名に入れてはならない(実際にはバイエル・レバークーゼンのような例外あり)。
20年以上クラブを保有していないクラブオーナーは、最高でも49%までしかクラブのオーナーシップを保有できず、最低でも7名(7社)がオーナーシップを共同保有しなければならない。(50+1ルール)
といった規則が存在する。
これらの事情から、レッドブルが運営する他のクラブと異なりRed Bullの名前はクラブの正式名称に入っていない。名称については、Red Bullと頭文字が同じとなる造語のRasenBallsport(直訳すれば「芝生球技」)をクラブ名とすることにより、普段使用される略称「RBライプツィヒ」においてはレッドブルの略称「RB」を事実上クラブ名に示しつつ、規則抵触を回避している。また、レッドブルはクラブのオーナーではなく保有権を一部持つスポンサーの形を取っている。-
wiki

RBライプツィヒのブンデスリーガ昇格を祝う公式アカウント

英語のサッカーフォーラムから海外の反応をまとめました
<ドルトムントサポ>
・みんな、悲報だ
<ユナイテッドサポ>
・悪の帝国がやってきた
<HSVサポ>
・素晴らしい、数年後には優勝争いが面白くなるかもしれない
<ヘルタ・ベルリンサポ>
・あのな、レッドブルが一回リーグ優勝するぐらいなら
バイエルンが向こう数十年連続で優勝する方がマシだわ
・支出が始まる
<CSKAモスクワサポ>
・RBライプツィヒがどんなことをするか待ちきれないな
<ブレーメンサポ>
・ライプツィヒのように新しく昇格するチームが
フォラント(ホッフェンハイム)、レノ(
ボルシアMG
レバークーゼン)、
エンボロ(バーゼル)のような選手と噂になっているのはとても変な感じだ
それと比べるとホッフェンハイムのブンデス1年目は控えめだった
・ムスタフィ(バレンシア)を忘れるなよ
・今のところとても賢くやっている
若手を買って、プレースタイルの哲学を植え付けて
新しいアカデミーの施設で実践している
・多くの人は彼らがスーパーなチームを買っているだけだと文句を言うが
現実ではまさしくこれをしている
<バイエルンサポ>
・ラングニックがいるからな
このことに関して彼は随一だ・・・それが怖い
<バイエルンさぽ>
・怪我をしてしまったのは残念だ
※昇格を祝っていて怪我をしたらしいです)

<バーゼルサポ>
・聞こえたか?これでザルツブルクのファンよ
ザルツブルクは(RBライプツィヒの)二軍でしかないのだよ
これでお前らはリーフェリングだ
※リーフェリングはザルツブルクの二軍
奥川選手が所属しています
・この夏、選手獲得にどれだけの金額をつぎ込むか予想したい人?
7000万ユーロ(85億円)だと予想
<レバークーゼンサポ>
・来季は4-5人選手を買うと思う(一人につき€1000万-€1500万)
<ヴォルフスブルクサポ>
・それじゃ~、うちはブンデスリーガの中で
一番嫌われるクラブではもうなくなったってこと? 🙁
<カイザースラウテルンサポ>
・どうかな、でも18,99€の方がヴォルフスブルクよりも嫌われている気がする
・どういう意味?
・18,99€ = 1899年(笑)ホッフェンハイム
<インテルサポ>
・自分としては昇格して嬉しいね
アウェイゲームの雰囲気が目を見張るものになる
みんなに嫌われているから
<アーセナルサポ>
・バイエルンに9-0で粉砕されるのが楽しみだ
・2年以内に少なくともヨーロッパ圏内に入る気がする
・これから少なくとも数シーズンはバイエルンを応援すると思う
<ケルンサポ>
・シーズン中ずっとみんながこのチームについて不平を言うのが待ちきれない
<マルセイユサポ>
・ドイツ人のファンよ落ち着こう、ただのエナジードリンクだろ。
奴隷制度、賄賂、男女間の格差があり、テロリストの組織と結びつきがある
中東の企業に所有されているクラブってわけじゃないだろ。
・俺がアホだったら悪いが、どこのこと?マルセイユ?
<イングランド>
・PSGだよ
<ポルトサポ>
・大きな違いは「50+1」のルールを回避するために下部のクラブを買ったこと
・レッドブルは非人道的犯罪の味だけどな
【関連記事】
1部昇格を目指す金満ライプツィヒの野望 ボーフムに見る“伝統的”クラブのあり方
※RBライプツィヒが嫌われている理由を補足しておきます
・○ねレッドブル、でもレッドブルは問題のごく一部にすぎない
これは50+1ルールと俺らのサッカー文化の本質に直接的な脅威をもたらす
これはうちのリーグそのものへの直接的な攻撃だ
そしてドイツサッカー協会がファンのために戦う意志がない証拠でもある
他のリーグと他のチームが自らを金で売りに出してきたからと言って
俺らが愛する全てと俺らのサッカーの大切なものが徐々に崩壊していくのを
受け入れるべきだというのか?クソ食らえだ
残念ながら清武選手のゴールについて
記事にできるほどの反応がありませんでした。
http://bit.ly/1s6ENY2

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。