【海外の反応】シティサポ「中村俊輔が部分的にうちのものに」横浜Fマリノス,マンチェスターシティ持株会社と資本提携!

Jリーグ1部(J1)横浜F・マリノスおよび日産自動車株式会社は20日、マンチェスター・シティのホールディング会社であるシティ・フットボール・クラブ(CFG)との
資本提携
を伴うパートナーシップ締結を発表した。


この提携により、CFGは横浜F・マリノスの少数株主となる
。「Jリーグのサッカークラブに対して国外から有用な投資が行われる初めての例」
であるとして、CFGの持つチーム作りや経営基盤強化に関するノウハウを横浜F・マリノスが吸収し、クラブのさらなる成長へつなげることが期待されている。
メルボルン・ハートFC(オーストラリア)、ニューヨーク・シティFC(アメリカ)を含む世界的なネットワークを形成しているCFGは、横浜F・マリノスにトレーニング方式、メディカルケア、スポーツサイエンス、チームマネジメント、コーチングのノウハウを提供するとのことだ。
CFGのフェラン・ソリアーノCEOは、提携関係締結に際して次のようにコメントを述べている。
「私たちは、横浜F・マリノスへ投資を行い、その成功を積み重ねる一翼を担うことができることに非常に興奮しています。私たちは、サッカー、マーケティング、メディアおよびビジネスの発展について、シティファミリーの全てのクラブにおいて、共同で総合的なアプローチを提供していることを誇りに思っています。それと同時に、各クラブが、それぞれの地域コミュニティに深く根付き、投資を行っており、それぞれのサポーターたちと結びつき、つながりを持っていることにも誇りを感じています。私たちは今回の協力関係が始まることを非常に楽しみにしています」―
goal.com

twitter,マンチェスター・シティのフォーラムなどからまとめました
※<>なしがシティサポの反応です
<メルボルン>
・ニューヨーク、メルボルンときて次は横浜か
<ブラジル>
・もし、マンシティがオーストラリア、日本とUSAでとても人気のあるクラブになれば
世界でも最も利益を上げるクラブの1つになるだろう
こういう地域に投資して、将来的に財政を維持できるようにしているのだと思う

・それだけではない、彼らのスカウティング・ネットワークも利用できる
間もなくオープンする世界基準のシティ・フットボール・アカデミーのために
最高の若手選手を見つけて勧誘できる

<マンチェスター>
・伝統的なクラブはピッチ上での成功で世界的にファンを獲得するが
シティは出て行ってクラブを買わないといけない
悲しいが事実だ
<シンガポール>
・これで、オイルマネーが俺のお気に入りの日本のクラブに注入される
喜んでいいのか悲しむべきなのか分からないな
<リヴァプール>
・当てようか、この日本のクラブはマン・シティと親善試合するのに
£10000万支払うんだろう…..FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)って何かね!?
・お前らはファン・ハールと契約して
うちはまた別のクラブを買った
・うちはひっきりなしに拡大して強化している
うちのオーナーはなんて素晴らしいんだ・・・
そして、マン・ユナイテッドは追加のグレイザー資金のために
選手たちにミートボールを売らしている
※韓国のCMらしいです

<リヴァプールサポ>
・(横浜Fマリノスの)”F”は何をを表してるのだろう
・横浜FMを知らない人のために、横浜FMはかなりの歴史があるビッグクラブだ
セルティックで高名な中村が今もそこでプレーしている
・シティの横浜への投資は、クラブが
ファイナンシャル・フェアプレーに関する
あらゆることを恐れていないさらなる証拠だ
対戦相手のファンはシティを罵る前に考えるべきだ
・横浜マリノスは1972年に日産自動車サッカー部として創設された
72,000観客席を有する日産スタジアムでプレーしている

※エティハド・スタジアムのキャパシティは約48000人
・72,000 すげぇ
・来期のプレシーズンマッチの開催地だな
・ムッシュ・プラティニはこれを嗅ぎつけて何て言うのだろう??????????
・うちは各大陸から1つはクラブを買収すると思う
なので、あとはアフリカと南米のクラブだな
・これはいわゆる世界征服だな
・この調子なら、シティグループのサッカーチーム数が
スターバックスの店舗数をすぐに超えそうだ
・いつか、うちが買収するクラブがなくなりますわ 🙂
・俺はセルティックのファンでもあったから
そのクラブに投資してかなり嬉しいわ
そこのキャプテンはかつてセルティックのMFだった中村俊輔だからね
・株式の20%なので大々的な投資ではなさそうだ
メルボルン(ハート)とニューヨーク(FC)は、うちが80%を出資して
残りの20%は別のスポーツの地元チームが。
それぞれの場合で、20%のパートナーが地元の専門知識を発揮して
一方、シティはサッカーの結果を面倒を見ると広く考えられている。
この場合は、(取得株式が)20%なので
横浜シティFCにはなることはなさそうだ。
なのでこれが(クラブにとって)どういう意味なのかよく分からないが
見守るのは面白そうだ。でも、俺はこれをシティが所有する
もう一つクラブだとは見なさないよ。
・ニューヨークは片寄っていた?
ヤンキースと五分五分だと思い込んでいたわ
・ああ、両方のケースで80-20だった
・もし、うちが南米のクラブを買収するか株式を取得したら
とてつもない額の賞金賭けて自分達のワールドカップを開催できるな
・それじゃあ、ウェスト・ハム戦で日産の広告があった理由はこれか・・
・2014/2015シーズンから日産がフォードから引き継いで
チャンピオンズリーグのメインスポンサーの1つになったのでは?
日産が協賛する大会に最大の出資者の1つが
参加できなかったら(日産は)何て言うのかな??

・面白くなってきたな
・シティは(マリノスを)所有するのではなく、出資するんだ
恐らく、日本のタレントの育成クラブとして使うのだろう
・この出資は、次の世代の日本人スター選手が
横浜のアカデミーからシティに来てプレーするように導ける
シティの新しいやり方を構築するためのものだ
日本はアジア最強の代表チームで
彼らが輩出している選手の質はずっと向上している
日本が新しいベルギーになるのを目にしても驚かいないよ
<英スポーツ記者>
・横浜は(シティの)FFP遵守に役立つだろう
マンシティは「トレーニング方法、医療的ケア
スポーツ科学、チームマネージメントやコーチング」を利用する権利を売る
事実上、マンシティは知的財産権を売るようだ
・まだ(困惑して)頭をかいてる
こういうクラブがうちにどう役立つのだろうか?
FFPでは、(同グループ内の)クラブ同士で
FFPの収益のために売り買いは出来ないと言っている
・うーん、俺は金融専門家ではないが
うちが20%だけを所有しているのがここでは重要なのだと思う
ニューヨークやメルボルンのようにUEFAは自分達で売買していると主張できない
なぜなら、横浜の過半数はまだ日産によって所有されているからね
・うち(CFG)が£5000万(を横浜に)注入して、
そして日産は毎年£1000万という額でうちのスポンサーになる
<アメリカ>
・でも、お前らヤヤ・トゥーレの誕生日忘れただろ!
ブラジル・ワールドカップで日本代表と対戦するコートジボワール代表の主力、トゥーレ・ヤヤが、所属するマンチェスター・シティからの移籍を志願した。その理由は……、誰も誕生日を祝ってくれなかったから!?
代理人のディミトリ・セルクが、大衆紙『サン』に語ったところによれば、トゥーレ・ヤヤは自身に対する扱いに敬意が感じられないと、シティに対して不満を抱いていたという。その不満が、5月13日の誕生日をクラブが祝ってくれなかったことで爆発。「傷つき憤慨し、シティ退団を考えるに至った」そうだ。
「誕生日に何もしなかったということは、つまりは大切に思っていないということだ。忘れていた? ヤヤのことなのに? 二度のリーグ優勝に貢献した選手を、FAカップ優勝とリーグカップ優勝に貢献した選手を、忘れるなんてありえない」
代理にのセルクは、トゥーレ・ヤヤの気持ちを代弁してそう語った。
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140520-00010005-sdigestw-socc
・これがヤヤの(誕生日)ケーキを買う余裕がなかった理由か?
・これで中村は部分的にシティのものになるのか
・ニューヨークFCの最初の契約選手 #内部情報
※冗談です

http://dailym.ai/1sS2TOV,http://bit.ly/1o3YFpU,@tueartgrant@RobHarris
http://bit.ly/SgLxAd,http://bit.ly/RSRgM2,http://bit.ly/1jTeS9s
@City_Watch@thegreatsteak@JohnStensholt@grishi77
@Marks__Nkuna@LeslieDOwens@FNN_Official@madcityfan

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。