【海外の反応】フンメルス「マン・ユナイテッドへの移籍に心が引かれない」


ボルシア・ドルトムントDFマッツ・フンメルスは、今後もドルトムントからの移籍を検討することはないと主張している。
バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が取りざたされるフンメルス。しかし、ドイツ代表DFは移籍を考慮していないと強調している。同選手の『ブンデスリーガ・マガジン』でのコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。


「ビッグクラブが興味を持ってくれているというのを聞くのは、素晴らしいね。僕はそれを称賛として受け止めるよ。でも、それが僕の考えを改めさせることはない。僕たちはドルトムントで多くのことを成し遂げてきた」
「もしかしたら、ドルトムント以外でプレーすることを考える選手もいるかもしれない。だけど、僕はドルトムントで大きく成長することができた。僕にはそれで十分なんだ」
元ミランDFパオロ・マルディーニやリヴァプールMFスティーブン・ジェラードなどは、キャリアを通じて同じクラブでプレーを続けてきた。
「いつか僕が国外でプレーすることを考え始めたとしたら、その理由はお金じゃない。お金のことに考えをめぐらせたことはないよ。僕たちはもっと遠くに行けると信じているんだ」
「(同じクラブに長年所属する選手は)何人もいる。ミランのマルディーニやジェラード…。彼がリヴァプールでチャンピオンズリーグ優勝を達成したら、僕も幸せを感じられると思う。メッシもずっとバルセロナでプレーしてきた。シュバインシュタイガーやミュラーも、生涯バイエルン・ミュンヘンでプレーし続けるだろう」 –
goal.com

英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました
<ドルトムントサポ>
・最高!
・恍惚
・やべえ、なんて男だ
・キャプテン、マッツ
<3<b
r /> 彼を大切にしないといけないな
・彼にはうちでチャンピオンズリーグを優勝して欲しいわ
彼はそれに一番相応しいだろう
・決まったな、俺はフンメルスのユニフォームを買うよ
14/15シーズンはケヴィンのを持っているが、フンメルスのも買うわ
本当に男の中の男だ
・この記事のマッツの発言をさっと読んだが、涙が出そうになった
これ以上のキャプテンを想像できないな!
・マッツの発言は読んでいて本当に嬉しい
実際、目に涙が溢れたわ
マッツは世界屈指のセンターバックで
うちのチームでも最も賢く好感の持てるドイツ人のサッカー選手の一人だ
俺は感動しているよ
<レバークーゼンサポ>
・おお、フンメルス、素晴らしいな
<ドルトムントサポ>
・フンメルスを嫌いになることなんかできないよ

<ユナイテッドサポ>
・賢い男だ、彼のような選手がもっといなくて残念だ
・ジェラードが優勝したら嬉しいか
ドルトムントは彼を保持していいよ、彼はユナイテッドに向いていないな
<シティサポ>
・彼がユナイテッドへ行く考えられる理由は給料だろう
サッカーの方が彼にとって大事だと
バイエルンから去った時に彼は示している
<バルセロナサポ>
・彼が去ったのはバイエルンが彼を必要としなかったからだよ
<ドルトムント>
・彼が去るとしたら、うちがCLの出場権を
2季連続あるいはそれ以上逃した時だろうな
<アーセナルサポ>
・正直、今のマンチェスターユナイテッドは
ドルトムントと比べてそれほど魅力的じゃないよ
<チェルシーサポ>
・ジェラードみたいになりたいのなら
まずはトランスファーリクエストを提出しないとな
※2005年、ジェラードはトランスファーリクエストを提出しています
<バイエルンサポ>
・次、ロイスもマンユナイテッドに
心が引かれていない発表するだろう


<ドイツ>
・俺はこういうコメントは危険だと常に思っている
こういうインタビューの後、2年以内にクラブから去った選手は過去にもいる
・言外の意味を読み取ると、彼はユナイテッドに
オファーをしてくれと頼んでいるんだ
redcafeから

・ジェラードについてのコメントはきっとここ(redcafe)で受けがいいだろうな
・ジェラードへのコメントがなぜ問題になるんだ
彼はユナイテッドのファンではないし、うちと繋がりもない
・この記事でのフンメルスの考え方や主義がとても良く伝わった
うちが彼を獲得できたら幸運だろう
彼がドルトムントから出て行くことがなかったら大いに彼を尊敬するわ
25人のスーパースターがいて優勝するのは簡単だ
という彼のコメントが時に気に入ったよ
彼は劣勢な立場からチャレンジするのが好きなんだ
・彼はビッグクラブへ移籍するだろう。クロップが去れば特にね。
ユナイテッドではないかもしれないけど。
◆うむ、この夏を越えて彼がドルトムントに残留するとは思えない
うちに加入するとは言っていないよ
でも、来シーズンには移籍すると思うわ
・何でそこまで言い切れる?
なぜ去るのにこういうことを言うんだ?
ドルトムントがクロップ、クラブの信念、モチベーションを維持するなら
少なくとも彼の全盛期をドルトムントに捧げても不思議ではない
◆2009年3月のロナウド「マンチェスターユナイテッドで幸せだ」
2009年6月:レアルと契約
その後、ファーガソン監督の自伝で
彼がその1年前から去ることを望んでいたことが分かった
サッカー選手が公に言うことを信じてはいけない
信じるなら、現実性チェックをする必要がある
・彼の言っていることに対して異存はない
彼は一流だ、素晴らしい
・「俺を取りに来てくれ」というよりも「俺は残留する」だな
(うちは)次に進む時だな
・彼はドルトムントで一生をささげる人なのかも
スボティッチの様な他のターゲットに焦点を合わせよう

http://bit.ly/1xAm46w,http://bit.ly/1sMJy7w
http://bit.ly/1wX237i,http://bit.ly/1DYMvEN

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。