【海外の反応】小野伸二の移籍はないと信じる現地WSWサポーター

12月18日の現地の報道【
theroar.com.au
】(部分訳)


ウェスタン・シドニーのマーキープレーヤー小野伸二が
来たる1月の移籍市場でAリーグの他のクラブへの移籍に応じると語った。
日本のスターは今シーズンの終わりにワンダラーズとの契約が切れる。
彼はクラブ残留に強い興味を示しているにも関わらず、
まだ契約延長のオファーを受けていない。
「実のところ、このことにはコメントしたくないです。
でも、サッカー選手なら自分にオファーしてくれるクラブが
あることは良いことで、とても嬉しいです。
でも、ワンダラーズに是非残留したいです。」
※ヴェルディの高原選手がAリーグへの移籍が噂されていることに
小野選手は「二日前にタカに連絡しましたが、
ここのニュースを知らず驚いていました。」と言っています。
※小野選手の同僚であるユスフ・ヘルシの移籍も噂されています。

オーストラリアのサッカーフォーラム、記事のコメント欄からまとめました
<WSWサポ>
・いやあああああああああああ
俺たちは伸二とユスフ(・ヘルシ)を愛しているんだあああああ!!!
・ほぼ確実に小野はもう少し留まると思う
ヘルシについてはあまり確信が持てないな
でも、誰が去ろうと埋め合わせられる若い才能が
うちにはいると確信している
・俺は君たち程、君たちのクラブについて知っているとは言えないが
小野とヘルシ両方がが契約延長のオファーをされていなくて
ラビノット・ハリティがされたことに困惑するわ
ワンダラーズの裏で何か起こっているのか
それとも、俺が深読みし過ぎているだけか
・頼む残留してくれ
ACLだけでも
・こういう記事(小野とヘルシの契約の臆測)は
たぶんWSWが漏らしたんだろ
1週間ニュースをでっち上げて
紙面でクラブの名前が取り扱われ続けるために
<WSWサポ>
・そうであって欲しいわ
・小野とヘルシが他のクラブから追われていても不思議ではない
クラブにはこの選手達を確保して欲しい。
(契約更新が)遅れていることが理解できない。
1月の移籍市場はそう懸け離れてはいないのに。
・彼が他のクラブと契約するなら
うちには韓国人か日本人選手と契約して欲しい
・もし、彼らが去ればトニー(・ポポヴィッチ監督)が
2人のクロアチア人を連れてくる場所があく。
でも、それはうちの2人のベストプレーヤーを失うことを意味する。
ヘルシは怪我のリスクがある選手だけど、
チームに特別なものをもたらしてくれる掛け替えのない選手だ。
小野は恐らくうちで一番才能があり最もプロフェッショナルな選手だ。
彼をしっかり捕まえておきたい。

・ワンダラーズはヘルシか小野
少なくともこのうちの1人しか手放さないことだ
両方を手放してはいけない
そうなればクラブにとって大きな損害となるだろう
<ブリズベン・ロアーサポ>
・どちらもうまくロアーにフィットするだろうな、特に小野は。
でも、来シーズンの始まる時、彼は35歳になっている。
うちの組織で必要とされる活力はないだろうな。
・クラブは今シーズンの小野にもう少し期待しているのだと思う
直近のパフォーマンスで評価される年齢だし
ヘルシについては、マテオ・ポリャクともう契約したから
来季外国人選手1人は出ていかなければならない。
ポレンツとラ・ロッカはポポヴィッチ監督のお気に入りだし
小野を保持するために、より多くのお金を追い求めるヘルシを
放出するかもな
・伸二がオーストラリアで楽しいひとときを
過ごしていることがうれしいわ
・彼がWSWでチャントがある唯一の選手だよ、あはは
先週アーロン・ムーイのチャントやろうとしたけど
・伸二はいいけど、安定したパフォーマンスを出していない
彼の全盛期は過ぎたと思うんだ
彼とヘルシは来年いないだろうな
<WSWサポ>
・今シーズン怪我で部分的に離脱していたことを
考えたら少し厳しいな
シーズン最初の幾つかの試合ではとても良かったしね
次の数試合、どれだけうまくやるかで
もっとはっきりするだろう
・なぜWSWは小野とヘルシの再契約にもたもたしてるんだ?
これはまたしてもAリーグの不可解な決断だわ
俺のアドバイスは、シドニーFCのミスから学べってこと
結果として彼らの今を見てみろよ、
両選手とできるだけ早く再契約するんだ…….
・何故かって? 金だよ
・これはメディアが話を大きくしているだけ
重要な引用文は「でも、ワンダラーズに是非残留したいです」だ。
伸二は特にACLでオーストラリアのチームで
Jリーグのチームと対戦するのを楽しみにしているんだ
・うちが小野とヘルシを1月に失うなら
俺はポポヴィッチの致命的なミスだと見なして
来シーズンの家族の会員を更新しないよ
みんな同じように考えるよな?

12月20日の現地の報道【
smh.com
小野は自国に帰るチャンスに心が引かれていて、
札幌はオファーの額を上げると考えられている。
しかし、ワンダラーズは売る気はなく、
昨年ウェスタン・シドニーが無料で獲得した選手に
札幌は50万ドルを上回る額のオファーをしなければならないだろう。
クラブのCEOであるJohn Tsatsimasは
「小野は契約期間中にどこに行くことはない。
私達の見解ではとてもシンプルで、伸二や他の誰も放出しようさえと思っていない。
もうすぐ非常に忙しくなる、そして伸二はなくてはならない役割を担う。
ACLを控えていてメンバーを最終決定するのに2、3週間しかない。」
「私達は札幌のオファーを検証したり新しいオファーを待つことすらしない
話し合いもない。私達は伸二に満足しているし、彼を保持するつもりである。」
「(小野との)新しい契約について今は議論できない。
まだシーズンの初めだからね」と言った。
・彼は行かないよ
・1月の移籍市場で小野を失うことは悪夢だ。
少なくとも来シーズンまで彼を手放さいことが必要
ACLがあって多くの追加試合がある重要なシーズンが待っているんだ。
うちはフルメンバーが必要。
クラブが彼を手放したがっているとは思わないが、
もし彼が出て行くなら、空きが出るので
別のマーキープレーヤーを買いに行くのか?
・シンプルに移籍はない
小野はプロフェッショナルなので今シーズンが終わるまで
全力を尽くすと思う。その後、彼の前途を祝福するよ・
<WSWサポ>


・彼を留まらせておけるお金がうちにはないんだ
楽しめるうちに楽しんでおくべき。
どちらにせよ、マーキープレーヤーと契約延長し過ぎたチームが
思わしくない結果になるのは歴史が示している。
伸二はピッチ上で誰よりも一歩先を進んでいる選手だが
彼は34歳で怪我が悪い結果をもたらし始めていて
この頃は、フルにプレーするのも苦闘している。
あらゆる選択肢から判断すべきである。
・来シーズンのワンダラーズのメンバーは
全く違ったメンバーになるそうだな
小野、ヘルシ、チョーヴィッチ、たぶんビューチャンプか
スピラノヴィッチのどちらかも来シーズン出て行くだろう
・うーん、札幌は最高
ボール
ビールを生産して、
すぐ近くには素晴らしいスキー場があるかもしれない。
しかしながら、君たちの悪戦苦闘してるクラブには
小野はあまりに良すぎる。
彼は3月から4月、ACLで戦うJリーグの対戦相手を
悩ますことを楽しみにしているんだ。
<シドニーFCサポ>
・WSWはどうやら小野にオファーをしていないようだ
彼がオファーを見て回っても君たちは非難できないよな
俺は彼には残留して欲しいよ
もっと日本人選手を引き付けるだろうから
<メルボルン・ヴィクトリーサポ>
・興味深いな
彼は今のところ昨年のように際立ってはいないが
彼がピッチにいないと間違いなく不自由している
ポポヴィッチがこれからどういうふうに行動を起こすか楽しみだ
ヘルシも失うだろう
できれば、アーロン・ムーイにはうちに来て欲しい 😀
・何が起ころうと、小野はAリーグに留まる必要がある!
WSWじゃないなら、メルボルン・ハートか
セントラルコーストマリナーズで!
・彼はWSWでシーズンの終わりまで続けて
それからメルボルンへ!!
・Aリーグの歯車が狂い始めたみたいだな
クリケットを追い抜くと言ってたのが笑える
最近の大部分の試合は閑古鳥が鳴いていて
視聴率も観客数と同様に激しく落ち込んでいるのも当然か
・何言ってるのかわからないな
Aリーグの観客数はこのところしばらく上向き傾向で
視聴率はめんどくさいから探さないが
よく似た軌道を辿っているとみるのが公平だろう
シドニーFCのファンとしては、小野がワンダラーズから
移籍したら嬉しいよ、笑えるからな
12月21日の日本の報道【
報知

コンサドーレ札幌が、獲得に乗り出している元日本代表MF小野伸二(34)=ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ=のチーム合流日を、来年1月15日に設定した。小野がプレーする、オーストラリアAリーグはシーズン中になるが、札幌は違約金を支払ってでも、来季のチーム始動日に練習参加させる方針を20日までに固めた。一時でも早く豊富な経験をチームに注入させるため、まずは週明けの正式発表を目指す。
獲得に乗り出している小野のチーム合流日について、クラブ幹部の言葉に迷いはなかった。「向こうはシーズン中だが、うちとしては初日から来てもらうことしか考えていない」と札幌ドームで行われる来季の練習開始日1月15日を、明確な目標に掲げた。
小野がプレーするAリーグは、現在、リーグ戦のまっただ中にある。当然、1月も試合は組まれ、中でもウエスタン・シドニーはACL出場のため、11日から19日までに3戦を消化する強行軍となっている。札幌入りした場合、その戦いには加われないが、同幹部は「途中で契約を打ち切って来る形になる」と話した。違約金を用意してでも、始動日に来てもらい、チームの雰囲気や方針を理解してもらう。
現在、クラブ間の交渉が進んでいるが、小野が日本復帰への強い意志を明確に示していることで、残留を望むウエスタン・シドニー側も態度を軟化させているという。札幌側はそれを受け「サポーターにクリスマスプレゼントを届けたい」と、週明け24日の発表を目指し、話し合いを進めている。
↓ソース
http://bit.ly/Jc6aZj,http://bit.ly/19ifGqt
http://bit.ly/1c8UDFn,http://bit.ly/1krsoVV
http://bit.ly/1dYep5d,http://bit.ly/1hstgap
http://bit.ly/1i8LMaA

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。