【海外の反応】現地サウサンプトンサポーターによる来季の先発予想(7月編)

サウサンプトンは11日、セルティックからMFビクター・ワニアマ(22)を
獲得したことを発表した。契約期間は4年となっている。
ワニアマは以前からサウサンプトンへの移籍が噂されていた。


マウリシオ・ポチェッティーノ監督が同選手への関心を公にし、
注目を集めていたところだ。
クラブの公式サイトでワニアマは、
「ほかにも選択肢はあったけど、サウサンプトンは
野心のあるクラブだ。だから僕はここに来た。
ここにいられてうれしく思う」とコメントしている。
ポチェッティーノ監督は、
「ビクターは素晴らしい才能を持った選手で、
彼の獲得を非常にうれしく思う。
私は彼がチャンピオンズリーグのトップレベルで
戦うところを見た。チームにとって
価値のある新戦力だと感じている」と述べた。
移籍金の額は公表されていないが、
1250万ポンド程度と報じられている。
これが事実であれば、クラブレコードとなる補強だ。

ゲキサカ

サウサンプトンの現地フォーラムからまとめました
<スレッド作成者>
・デヤン・ロヴレンと新たにビクター・ワニアマが加わり
今現在で、みんながどんな最高のイレブンを
思い描いているのか興味があるんだ
もし仮に、明日(開幕戦の)ウェストブロムウィッチと試合するなら
どんなメンバーを選ぶ?俺はこれがいいな


</a>
サブ: K.デイヴィス, 吉田, コーク, S.デイヴィス,
ジェームズ・ウォード・プラウズ, パンチョン, マユカ.
ベンチのメンバーを見ると
いくつかポジションの選手層が薄いのが分かる、特に前線がね
さらに数人が加入すれば新シーズンに先立って
とても良い状態になると思うけど、見解は?
・高い確率で中盤はワニアマ、モルガン(・シュネデルラン)、コーク
前線はジェイ(・ロドリゲス)、ガストン(・ラミレス)とランバート

さらに高い確率で、さらに数人の選手が
先発メンバーに入ってきて再びメンツが変わるだろう
・パンチョンに同情するわ
昨シーズン彼は他の選手よりも創造性のある選手の1人だったのに
(来季は)多くの試合に出れそうにない



サブ: K.デイヴィス, フォンテ, S.デイヴィス, パンチョン,
ジェームズ・ウォード・プラウズ, マユカ, ララーナ
・ベンチメンバーの能力が低いことがうちの問題だよな
・最初のスタメンにはランバートは入らないと思う
うちはかなり高額なセンターフォワードに目を向けているようだし
ジェイ・ロドリゲスも意欲満々だ
ララーナも俺のスタメンには入るとは思わないな
前の6人は
– – – – – コーク – ワニアマ
ラミレス – シュネデルラン – Jロッド/ララーナ
– オスヴァルド か ダミアン か その他
場合に応じて削除
・モルガン(・シュネデルラン)はそんなに前でプレーしないよ
・確かに、彼を10番のポジションに置く
たくさんの書き込みを見てきたが
彼は守備的な中盤の選手だよ!
・ ボルツ
クライン/ロヴレン/吉田/ショー
シュネデルラン/ワニアマ
ラミレス/バネガ?/ララーナ
ララーナ か J・ロッド か ダミアン
で、お願いします
・ララーナに関してはまだ決心がつかないな
彼は素晴らしく巧みなコントロールを持っているが
必須である最後の質を持ち合わせていないようだ
質の高い新加入の選手が来たら
彼がベンチに追いやられることもあり得るよ
・絶対ストライカーが必要だ
オスヴァルドかレアンドロ・ダミアン
どっちでも構わん!
ボルツ
クライン 吉田 ロヴレン ショー
ワニアマ シュネデルラン
新加入, ガストン, ジェイ・ロッド
新加入
ベンチ: ガッサニガ, ララーナ, フォンテ,
コーク, ランバート, パンチョン
・これ
・もう一人控え選手置けるよ
たぶんデイヴィスかフォックスだろう
・ララーナは興味深い選手だろうな
個人的には今シーズン、彼のコンディションがいいのなら
プレーすると思う、まだキャプテンとしてね
個人的には同意できないが
ニコラ・コルテーゼ会長はアカデミーを卒業した選手に
キャプテンになって良き手本となって欲しいと思っている
見てみよう、昨季はパンチョンの方が
アダムよりずっと効果的だったと俺は思う
・一般的には、ロブレンはバックラインのヨシ(吉田)横に
直行すると仮定しているのか?
俺は彼のことあまり知らないからレヴェルや長所がわからないんだ
その場合、うちは足がとても遅いセンターバックのコンビを
並べることになるかもしれない
・シーズン終わりにかけて
次第に弱まったのはわかるが
それでもやはりランバートを起用したいね
昨シーズンの彼の影響力、リーダーシップ、視野は
時折並外れたものだった
計画されているシステムのどこに
彼を入れればいいのかが難点だ
ワントップとして相手の脅威になるには
スピードと機敏さが足りないが
もし、もう一人のパートナーと最前線で彼を起用したら
ガストン・ラミレスを効果的に活かすシステムに影響を及ぼす
・俺としては
———————-ボルツ————————-
クライン——-吉田———-ロブレン———–ショー
——————-シュネデルラン———————
————ワニアマ———–ララーナ—————-
———————ラミレス————————–
新加入/ジェイ・ロドリゲス—-ランバート—————-
・ふぁー(あくび)
残りの選手達が入ってくるまで待とうぜ!
・スタメンの予想し始めるのは早すぎると思うのに同意
特にまだ移籍市場が1ヶ月半残っているからね
(プレミア開幕まで1ヶ月以上あるし)
でも、仮定の話として現状では
ボルツ, クライン, ロブレン, ホーイフェルト, ショー,
シュネデルラン, ワニアマ,
ララーナ, ラミレス, Jロッド, ランバート.
サブ: ガッサニガ, 吉田, フォックス,
コーク, デイヴィス, パンチョン, マユカ.
せめて、ウィンガーか攻撃的ミッドフィルダーを
連れて来られると思う
その後にひょっとしたら、もう一人センターバックが続くかも
リチャードソンとバターフィールドを失ったことで
夏の初めに右サイドバックも狙っていたのは知っている
なのでまだ起こり得ると思う
その他の点では満足だよ、最終的にヨーロッパを目指すなら
もう一人トップクラスのキーパーが必要だと思うけどね
新しく加入する選手もいれば、去りゆく選手もいて
この選手の退団が発表されています。

サウサンプトンは11日、DFヴェガール・フォレン(28)および
MFリチャード・チャプロー(28)の2選手の退団を発表した。
ノルウェー代表CBのフォレンは今年1月に
モルデから3年半契約で加入。サウサンプトン加入前には
リヴァプールもトライアルに招待するなど期待は高かったが、
在籍した半年間で公式戦の出場はゼロに終わった。
今後は古巣のモルデに復帰することが決定している。
日本代表DF吉田麻也も所属するサウサンプトンは、
2013-14シーズンに向けた新たなCBとして
リヨンからクロアチア代表DFデヤン・ロブレンを獲得している。

goal.com
サウサンプトンのフォーラムからまとめました
・フォレン(笑)
なんて笑える契約だよ
アリ・ディアでさえファーストチームで
フォレンよりも多く試合に出たぞ!!!
彼に使った金を返して欲しいわ
※アリ・ディア・・・「バロンドールを獲得した
ジョージ・ウェアのいとこでPSGでプレーしたことがある」
とサウサンプトンに嘘をついて
1ヶ月間の契約を貰い、リーグ戦の出場までした選手
・フォレンについてはショックだ・・・
来るべきシーズンに向けて獲得したと思っていた
・フォレン…..多くは語れないよ
むろん彼のプレー見たことないからね!
とても奇妙な決断に思える
馴染めなかったのかもしれない
ポチェッティーノ監督のプランに入らなかったのかも
誰にも分からない
・フォレンのプレーをU21の試合で見たけど
決してプレミアリーグの選手じゃないよ
本当に駄目な契約だった
・これで確実にもう一人センターバックがいるわ…
ホーイフェルトはうちが望むレヴェルにないし
フォンテも実力がそれに近いか分からないからな
・ワニアマ、セルティックでセンターバックとしても
プレーしてなかった??
彼が解決策とは言っていないが
彼の多様な能力は重宝するかもね

・酷くて奇抜な移籍だった
少なくともスカイスポーツは、うちが彼に払った金額の殆どを
取り戻したとされていると報道している
・第一候補のコンビとしてロヴレンと吉田
バックアップとしてホーイフェルトとフォンテで俺は満足だよ
でも、これでうちが他の誰かを獲得しに行かなかったら驚く
ボローニャのソーレンセン?
・わお、これは驚きだ
フォレンは来シーズンのために育てていると思ってた!
明らかに彼は馴染まなかったんだな残念
でも、ロヴレンと契約したにも関わらず
これはうちがまだもう一人のセンターバックと
契約しようとしている根拠でもある
この知らせを聞いて
きっとホーイフェルト、フォンテと麻也は嬉しがっているだろう
できれば、うちの金を返して欲しいわ
・今思い出すと、
1週間のトライアルをするつもりだったリヴァプールの目の前で
横取りしたのがフォレンだった
でも、アドキンス前監督はすでに退任しようとしていたし
ダイレクターのリードかコルテーゼ会長の決断だったに違いない
ポチェッティーノ監督が契約に賛成か尋ねられたみたいなこと
言っていた気がするけど
つまるところ、これは悲しい出来事で
監督がフォレンを昨シーズンの最後の試合で
先発か途中出場で起用しなかったのがやはり理解できない
↓ソース
http://bit.ly/1921HmM
http://bit.ly/14XK1Vh

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。