【海外の反応】現地サポからチーム内最高評価を受けた酒井高徳!

シュトゥットガルトDF酒井高徳は15日、ブンデスリーガ第25節ブレーメン戦で先発フル出場した。アウェーで1-1と引き分けた一戦で、攻撃で見せ場をつくった酒井高は、ドイツメディアから高く評価されている。
9試合白星がなく、ついに監督交代に踏み切ったシュトゥットガルト。フーブ・ステフェン新監督の就任後初となる試合は、55分にDFゲオルグ・ニーダーマイアーのヘディングで先制に成功した。だが、79分にMFアーロン・ハントの直接FKで同点とされ、またも終盤に勝ち点を逃している。
第22節以来、左サイドバックで起用されている酒井高は、攻撃で存在感を示した。ブンデスリーガ公式ウェブサイトのデータによれば、酒井高は両チーム最多のクロス数(5本)、チーム最多のパス数(31本)を記録。前半終了間際にはシュートを放ち、相手DFのハンドを誘ってPKを獲得した。だが、このPKはFWマルティン・ハルニクが外してしまい、得点には結びついていない。


最終的には得点に絡めなかった酒井高だが、メディアから高い評価を得た。ドイツ『ビルト』では、両チーム単独ベストとなる2という採点。チーム平均点3.64を大きく上回った。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
『キッカー』でも、マン・オブ・ザ・マッチのニーダーマイヤーと並ぶチーム最高タイの2.5という採点。チーム平均点は3.5で、先発出場したFWカカウに単独最低点の5がつけられた。
酒井高には高い評価が下されたが、チームは10試合白星なしで降格圏の17位に転落と不振が続いている。次節はホームで残留を争うハンブルガーSVと対戦だ。―
goal.com

※ドイツ紙ビルトはブンデス第25節のベスト11に岡崎慎司と酒井高徳を選出しています


シュツットガルトのフォーラムからまとめました
・酒井は素晴らしく、昨日のベストプレーヤーだった
ラウシュは、数え切れないパスミスや
守備で不確実なところが引き続きあった
シュヴァープ、ハルニクは堅実で
ボカとカカウは目立たなかった
トゥラオレはいいプレーもあったが、
相変わらず役に立たなかった
・スタジアムは凄い雰囲気で試合自体も悪くはなかった
短い時間でフーブ(・ステフェンス新監督)は
守備に多くのものをもたらした
特に酒井は本当に素晴らしかったよ
でも、チャンスはもっとうまく決められるようにならないとな
・監督は1:0の勝利を狙い正しいメンバーを編成していた
酒井とハルニクが決定機を決めていたら、全てが最高だった
ステフェンスはどうしようもないよ


・今日のベストプレーヤーは酒井とトゥラオレだと思う

・酒井は数回ボールを失うシーンがあったが
チームの中で最高の個人プレーもしていた
・ブレーメン戦のゴー(トク)のパフォーマンスに敬意を
前よりも100倍良かったよ
・契約が切れるのか
そうでないなら、なぜ突然(酒井は)素晴らしいプレーをしたんだ?
決定機を決められなかったのが残念だが、
彼のこういうパフォーマンスがいつも見たかったんだ。
凄く素晴らしかったよ、
特に、(前の)ラウシュとのコンビネーションはね。
・個人的には、疑いの余地なく酒井がこの試合の最優秀選手だ
ブレーメンは彼をほとんど抑えられていなかった
彼が大きなチャンスを決められなかったが
俺は彼を非難しなかったよ
ゴールの隅を狙うには結構難しかった
特に走りながらだったしね
彼にはこのままの調子を続けて欲しいね
・シーズン後半戦全体を通して、酒井は明らか向上していると思う
彼がいつもミスをしてきたのは分かっているが
攻撃での動きやポジショニングは結構前から大幅に改善している
残りのシーズンこれが出来たら
リーグでも屈指のサイドバックになるだろう
このままの調子で頑張れば凄いことになるよ!
・(酒井は)右より左の方が素晴らしいことを見せたね
だから、うちは夏に右サイドバック(の補強)が必要だな
・酒井がピッチ上でのベストプレーヤーだった
ラウシュの左サイドハーフでの実験が終わり
酒井がこの調子を維持することがあったら
ラウシュに残された道はベンチしかない
・ヴェルナーやトゥラオレは守備面で頻繁に助けにはならないが
ラウシュの方が進んで彼の後方にいる選手を助けようとする
・今日の酒井は最高だと思った
もちろん、2-0にすべきだったけど
それは彼本来の役割ではないので叱責はなしだ
・個人的には、酒井がピッチ上でベストプレーヤーだった
彼のパフォーマンスに得点で仕上げることもできたけどね
・とても素晴らしい試合をした
チャンスを外したが、構わずこの先も続けてくれ!
このパフォーマンスの向上は、
左に移ったことだけが関係しているのか?
・全く同じことを思っていた
かつて右サイドでこれだけ素晴らしく
目に留まったことが思い出せない
もちろん、右でも良い試合はしてきたけどね
でも、俺の記憶では酒井がチームの中で
際立っていたのは左の時だけだ
・岡崎のポジション変更が上手くいっていることを考慮すると
(酒井のポジション変更が)役立ち、
パフォーマンスが良くなったと俺は思う
今日はピッチ上で最も良かった選手の1人だ
右サイドバックの時よりも、はるかに安定している
・酒井はとても素晴らしい試合をしたね
チャンスを決め損なったとはいえ本当に気に入ったよ!
・俺も酒井は良くやったとう意見だ
左サイドバックの前にいる選手が守備のサポートを度々していたな
全体的にチームがよりコンパクトになって、
烏合の衆の様にプレーしていなかった
・昨日の酒井をとても気に入ったよ
攻撃にも守備にも凄く、大幅に改善していた
・つかの間の興奮だと思うぞ
これが左サイドバックでの今シーズン最初の試合ではなかった
第1節 対マインツ 採点 4,1
第12節 対フライブルク 採点 3,5
第22節 対ベルリン 採点 3,1
第23節 対フランクフルト 採点 4,7
採点を平均すると 3,85
右サイドバックでの彼の試合を見てみよう
採点の平均は約 3,83だ
偶然?違うね!
彼は両サイドでぞんざいな仕事をしている
今日の彼は本当に良かったが
お分かりのようにプレーするサイドが原因ではないよ
・まずは選手をより正確に見て、それから意見を述べないと
確かに、最近の酒井は絶好調ではなかったが
どの選手にも難局はある
酒井だけが悪かったのではなく、
チーム全体が期待に答えてられていなかった
昨日、酒井はとても素晴らしい試合をしたと思う
酒井は毎度シュート練習しているわけではなく
守備により重点的に取り組んでいるので
シュートが横に外れるんだ
ハルニクのPKは決めないといけなかった
昨日のような調子を続けて
クラブのブンデスリーガ残留に貢献して欲しい
団結だ!
現地サポの採点
ウルライヒ 2,5
シュヴァープ 3,0
リュディガー 3,5
ニーダーマイアー 2,5
酒井 2,0 (今シーズンのベストパフォーマンスだった
このままの調子で頑張って!

)
ゲントナー 2,5
ボカ 3,5
ハルニク 3,5
トゥラオレ 3,5
ラウシュ 3,5
カカウ 3,5
ウルライヒ 3
シュヴァープ 3,5.
リュディガー 5.
ニーダーマイアー 5.
酒井 2,5. (彼のことが理解できないだろう、
良いパフォーマンスだった)
ゲントナー 5.
ボカ 3
トゥラオレ 3.
ラウシュ 3
ハルニク 2,5.
カカウ 4.
ウルライヒ 3,5
シュヴァープ 3,5
リュディガー 4,5
ニーダーマイアー 3,5
酒井 2,0 フーブ(監督)はもう彼を育てたのか!?
ゲントナー 4
トゥラオレ 2,5
ハルニク 2,5
リュディガー 3
酒井 1,5 (絶好のチャンスを決め損なったが、
VfBのユニフォームを着て最高の試合だった)
ゲントナー 5
ハルニク 3
ラウシュ 4
カカウ 4
このように採点スレのほぼ全員が豪徳選手にチーム内最高の点数を付けていました

ドイツ語翻訳は誤訳御免でお願いします
↓ソース
http://bit.ly/OuPSxL,http://bit.ly/1dnDntM
http://bit.ly/OAewg8,http://bit.ly/1fYqQSf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。