【英国の報道】グアルディオラがラグビー日本代表の歴史的大番狂わせに一役買っていた!?

英国のミラー紙の報道
日本代表監督エディー・ジョーンズがスペイン人から学ぶためにミュンヘンに向かった。そして、南アフリカ戦でかなりそれが見えていた。


サッカー界を制覇したペップ・グアルディオラは、これでラグビー史の中でも最も衝撃的な結果の1つへの貢献を主張しようと思えばできる。
44歳のバイエルンの指揮官はバルセロナでの期間、新しい手法を駆使してサッカーのコーチングに革命をもたらした。
そして、閃きを求めていたラグビー日本代表のエディー・ジョーンズは
昨年の後半、グアルディオラのトレーニングセッションから学ぼうとミュンヘンへ向かった。

「ラグビーとサッカーは、常にボールをスペースへ運ぼうとしてとても似ている。
バイエルン・ミュンヘンと彼の前のチームであるバルセロナは最高なパスサッカーをしていた。本質は全く同じなんだ。」とジョーンズは12月に語った。


先週、ブライトンでチェリーブロッサムズが流れるような壮大なラグビーをしたように日本の歴史的な南アフリカ戦での勝利でこれらの特徴を見ることができた。
※「チェリーブロッサムズ」はラグビー日本代表の愛称
「彼はサッカー界最高の監督で、いつでもトップに君臨する人から学びたいものだ」
とオーストラリア人(監督)は言った。

「世界最高の人から学べる機会があるのならそれは絶好のチャンスだ」
ジョーンズは彼のチームを「戦術的な柔軟性を広げ」より勇敢にしたいと言っていた。
日本が7点全てを得ようとしてペナルティーゴールを断ったことからもこれが分かる。
スコットランドに敗れた日本は、ミルトンキーンズでサモアと対戦するまで
1週間の休養を取り、グループ最終戦はグロスターでアメリカと対戦する。
http://bit.ly/1R2SUnM

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。