【豪州の反応】名監督の日本行きに悲喜こもごもの豪州サッカーファン

ベガルタ仙台は14日、2014年よりグラハム・アーノルド氏が新監督に就任すると発表した。 仙台は手倉森誠監督が来季から2016年リオデジャネイロ五輪への出場を目指すU-21日本代表監督に就任するため、後任を探していた。
アーノルド氏は現在、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズの監督を務めている。10年に同チームに就任し、11-12シーズンには優勝に導いており、最優秀監督賞も受賞していた。現役時代には、97年から98年に広島でプレーしている。オーストラリア代表としても56試合に出場し19得点を記録している。―
ゲキサカ


オーストラリアのサッカーフォーラムや記事のコメント欄から
ベガルタ仙台か大宮アルディージャのどちらかを指揮するかもという情報が入り
・大宮じゃないことを願う
<ブリスベン・ロアーサポ>
・ルーキャシュ

※ルーカス・ニール+キャシュ


・少なくともアーノルドかアンジ(豪代表監督)の1人は
ニールを指導するだろうよ、どっちみちね!
<ブリスベン・ロアーサポ>
・ワオ、ベガルタ仙台は強いチームだよ
彼には是非そこで仕事をして欲しい
<シドニーFCサポ>
・まじかよ、これは予想してなかった
Aリーグが始まって5週間で
(メルボルン・ビクトリーを指揮していた)アンジとアーノルドの
両方がいなくなった。
<メルボルン・ハートサポ>
・もう何年もの間Jリーグは彼の夢だったから
彼がそこに行けて俺も嬉しいよ
<メルボルン・ビクトリーサポ>
・それほど昔のことじゃないけど
彼ってイギリスでの仕事を断ってなかった?
<CCMサポ>
・ああ、シェフィールド・ユナイテッドだったと思う
彼らのプレースタイルが遅れているとかそんなこと言ってた
・オーストラリアには、世界で大成功した選手は多くいるが
監督ではいない、アーニーには一号になって欲しいね
<WSWサポ>
・マリナーズとリーグにとって残念な知らせだ
・アーニーがTwisted Sister(トゥイステッド・シスター)を好きだといいな
※仙台の応援歌の1つにTwisted Sister(米国のヘビメタバンド)の
“We’re Not Gonna Take It.”という曲が元になっているものがあります。

・なんでトゥイステッド・シスターとキスなんだ?
俺はそれらバンド大好きだよ!
※トゥイステッド・シスターとキスは記事の中で紹介されていました

キスが元の応援歌


※ベジータ(vegeta)とベガルタ(vegalta)が似ているからかと・・・
・(監督の流出は)リーグにとって大きな損失だ
・彼がリーグから誰を連れて行くか興味深いね
マリナーズの選手だけじゃないだろう
・小野伸二
・これでセインズベリーが来シーズンここにいないのは確定したと思う
※セインズベリーはCCMの選手
・良い手だね、アーノルドにとって非常に大きなチャンスだよ
もし、彼がうまく行ったら門は開かれると思う
そして、うちらの監督たちは継続的に引き抜かれる
それは、もちろん彼らにとってチャンスだし
今、フィル・スタッブビンやアーサー・パパスといった連中を
オーストラリアに連れ戻すいい機会だと思う
※フィル・スタッブビンはタイの下部リーグで指揮
アーサー・パパスはインドリーグで指揮
・アーニーにとって愚痴を言う新しい聴衆ができて良かったな。
日本のサポーターにとっても、アーニーの
絶え間ない愚痴が分からないだろうから都合が良い。
とりわけ、俺らはオーストラリアサッカー界、究極のぼやきとおさらばできる。
みんなにとってウィンウィンだ。
・アーニーがお前を連れて行けなくて残念だわ
・オーストラリアのサッカーは新しい世代に差しかかっている。
選手、そして今は監督だ。短期的にみて、2014年のワールドカップでも
ほとんど成果がないように見えるかもしれない。
でも、将来的にオーストラリアのサッカーにとって
とてつもなく豊かなものになるように思う。
俺らはただ我慢強くあって、大きなことのはじまりを楽しむだけだ。
・幸運を祈る、最高の監督なんだ
きっと彼は素晴らしいことを成し遂げるよ

CCM(セントラルコースマリナーズ)のフォーラムからのまとめ
CCMを離れてアジアのクラブに就任するという情報が入り
・くそおおおおおお
丁度このニュース見たところだ
どのクラブか分かる?
・もはや噂ではないんだな!
どうやら、上海東亜は最近監督を失ったようだ
バーニー・イビニ-イセイがそこにいる…
※バーニー・イビニ-イセイは元CCMの選手です
・気分が悪くなってきた
あと、上海東亜は”成功しているトップリーグのチーム”とは
とてもいえない、韓国か日本のどこかのチームだと俺は賭けるよ
※”成功している~”は記事内にあった記述です
・ちぇ、この日が来るのはわかっていた
輝かしい日々は楽しめて嬉しかったし
本当にきわめて重要な時間だったよ
・GA、幸運を祈る…暗黒の日々も彼はチームの脇に立って団結させた….
俺もうれしいよ…
新しい監督を気の毒に思う…チームは今まで程強くないし
他のチームは強くなっているからね….
成功の見込みはないわ…
※GAはグラハム・アーノルドの略です
・今日この情報が出てきたのは妙だな
今日、昼食を共にしていた同僚の娘がコーチングスタッフの子どもと友達なんだ
取るに足りない繋がりなのはわかっているが、その同僚曰く
オーストラリア代表の仕事を得るチャンスがあるから、
今シーズン、アーニー(アーノルド)がマリナーズに残留したらしい
アーニーはオジェックが最後までやり通せないのは
直視するのがつらいほど明らかだと思ったのだろう
驚いたことに…俺が家に帰ってこの知らせを突きつけられた
今考えられるのは同僚の情報がその通りだったということ
で、アンジは代表の監督の職を得て、これからアーニーはここを出て行く
彼には幸運を祈るよ
彼は私達に何の借りもないよ…ただタイミングが違ったらと思うけど(2016年とか:) )
・黄金期が終わりを迎えた:俺らの素晴らしいクラブに
いろいろしてくれてありがとう。
うちがチャンピオンであることを完璧に証明してみせ
全てを成し遂げた。
彼の家族が気の毒に思うよ
アジアにはセントラル・コーストの美しさと
ライフスタイルに匹敵するところはないからね

・いやああああああああああ 🙁
彼は俺たちにとってサー・アレックス・ファーガソン同然にだったのに

・ええと、GA、アジアでの最高を祈るよ
彼は戸棚にトロフィーの山を残してくれた
・選手達はいつ告げられたのだろうか?
週末のパフォーマンスでわかるかもな….
・もしJリーグのクラブなら、アーニー(アーノルド)が
外国の一番高いレヴェルで指揮するオーストラリア人監督になるのか?
それより上のリーグで指揮したオーストラリア人が思い浮かばないな
・ベガルタ仙台。熱狂的なサポーターで埋まる美しいスタジアム
みんなが(チームカラーに)合った色を着用している。
偉大な男にピッタリだ。

・俺のアーノルド、さようなら、そして幸運を祈る
ここにいてくれた喜びを感じているよ
いつ帰ってきてもいいんだぜ
・1. 送別の試合が出来るのだろうか?
2. 彼はCCMから誰を引き抜くのだろう
トレント・セインズベリー? ミッチェル・デューク?
ちっさいマイケル・マグリンチェイ?
・ちっさいマイケル = 日本では目立たないよ
ボールコントロールやドリブルの技術などを
手に入れるのは難しいリーグで彼は輝くんだ
※マイケル・マグリンチェイはニュージーランド代表で
メキシコとの大陸間POでも先発してました。

デューク = 考え方のしっかりした男のようだ
彼はJリーグを避けて欧州に向かった方が良いと俺は思う!
欧州(のクラブ)も彼に関心を示しているしね。
フッキはうまくJリーグを使って飛躍した数少ない選手の一人だよ
※デュークは2013東アジアカップで日本から得点していた選手です

セインズベリー = 彼がサッカーでそこへ行くこれといった理由がない
誰に聞いても、行くなら個人的な理由だろうな…
それは決していい考えではないよ :p
それと彼も以前、欧州(のクラブ)から興味を持たれていたね!
今うちのチームに、Jリーグの質を持った選手は他にはあまりいないな…
恐らくジョシュア・ローズ…たぶんザカリー・アンダーソン (多少磨く必要がある).
フロレス(アルゼンチン人)は中国が好きじゃなかったよな?
彼はオーストラリアのライフスタイルが大いに気に入っているように感じる!
もし、そうじゃないなら、彼は結構いい標的だろうな
元マリナーズの選手に目を向けるかも?
アレックス・ウィルキンソン(全北現代)
ロスティン・グリフィス(広州富力)
バーニー・イビニ-イセイ(上海東亜)
それか、高齢のオーストラリア代表か?
※グラハム・アーノルドは2006と07年豪州代表を指揮していました。
・俺の最大の心配は、アーニー(アーノルド)が
アンドリュー・クラークを連れて行くことだ。
個人的にはクラークは替えがきかないと思っている。
アーニーは戦術を監督してたがクラークが選手たちの
フィットネスやケガ予防のプログラムを監督していた。
他のチームと比べて、昨年うちが一番怪我人の数が少なかったと思う。
主にアンドリュー・クラークのおかげである。
・正式に来た
ただ「sayonara」を言えるチャンスがあって欲しい
・おめでとう、アーニー
あなたはここで素晴らしい成果を挙げた
Jリーグでの成功を祈ってるよ
↓ソース
http://bit.ly/1fFbkbO,http://bit.ly/1eS6cmU
http://bit.ly/1asOX7f,http://bit.ly/1dvDMvf
http://bit.ly/1j81Ntq

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。