2018年 6月 の投稿一覧

【海外の反応】「次はどこへ?」本田圭佑、パチューカ退団を示唆

パチューカの日本代表FW本田圭佑が28日に自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新し、去就問題について言及した。
本田は昨年夏に1年契約でパチューカに加入。ここまで公式戦32試合で10ゴール7アシストを記録している。メキシコ版『ESPN』によると、今夏に契約が満了となる本田に対し、スペインとアメリカのクラブからオファーが届いているという。パチューカ側は契約延長を希望しているが、高年俸がネックとなっているようだ。
去就が注目される中、本田はツイッターで「親愛なるメキシコの方々へ。私が考えていることを少し共有したい。私はパチューカを離れるかもしれないが、お金が理由ではない。私はまだクラブと交渉していない。クラブとサインした1年前にこの決定をしていた」と退団の可能性も示唆している。

続きを読む

【オランダの反応】「新たな本田だ」堂安律、ベストイレブンに選出!鳴り止まない絶賛の声!

オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律は、現地時間18日のエールディビジ第28節のAZ戦(2-3)に先発出場。元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)の6得点を抜き、10代でリーグ戦7ゴール目を挙げ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)らと並ぶクラブ史上トップタイの記録を打ち立てた。一夜明け、クラブ公式ツイッターが20メートルの豪快ゴラッソの動画を公開すると、「今やボスだ」「このヒーローを買い取ってくれ」とファンから絶大の信頼を集めている。
2点ビハインドで迎えた後半25分、堂安はオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチとのパス交換でマーカー二人を置き去りにし、ドリブルでAZゴールにアタック。ペナルティーエリア内に走り込んだFWトム・ファン・ヴェールトへラストパスを送り、反撃の狼煙を上げるゴールをお膳立てした。
さらに後半38分、ゴール正面でMFリュドヴィート・レイスからパスを受けた堂安は縦へ行くと見せかけ、右足裏でボールをコントロールして左に切り返すと、細かなタッチで相手のプレッシャーをかいくぐり、ペナルティーアーク後方で左足を一閃。約20メートルの位置から思い切り放たれた一撃は、GKの手をすり抜けてゴール左隅に突き刺さった。

続きを読む

【海外の反応】「シンジ、頼むぞ」香川が復帰へ!先発の可能性も浮上!期待を膨らませるドルトムントサポーター

ボルシア・ドルトムントの香川真司は、12日に行われるブンデスリーガ最終節、ホッフェンハイムとのアウェーマッチではスタメン出場することも考えられるかもしれない。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。
ペーター・シュテーガー監督はホッフェンハイム戦に向けた会見で負傷中のDFエメル・トプラクの代わりに戦列に復帰したダン=アクセル ザガドゥの先発起用を示唆。そのほか、香川やDFラファエル・ゲレイロの状態について、「2人とも出場可能だ」と言及。香川にとっては、今年2月のハンブルガーSV戦以来となる約3カ月ぶりの実戦になるかもしれない。
だが『キッカー』によれば、香川は先発出場する可能性もあるという。スタメン予想では4-1-4-1のシステムの2列目に右からクリスチャン・プリシッチ、マリオ・ゲッツェ、マルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョらの名前が連ねるが、次のようなコメントも記されている。

続きを読む

【海外の反応】「嘘でしょ!?」イラン代表、23歳のエースが代表電撃引退!!

イラン代表のFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)が、ファン・サポーターからの批判を理由に代表を引退する。同選手が28日に自身の公式インスタグラムで発表した。
“イランのメッシ”とも称されるアズムンはまだ23歳ながら、代表通算36試合23ゴールをマークしていた。2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦う同代表にも選出されていたが、グループステージ敗退を受け、SNS上で批判の的に。その中に、同選手の母親を侮辱するものも含まれていたといい、これが理由のようだ。同選手の母親は重病から回復している最中だったが、今回の一件を受けて再び病気が悪化しているという。
イランは来年1月にAFCアジアカップ2019を控えているが、エースの代表電撃引退は大きな痛手となりそうだ。

続きを読む

【海外の反応】「何があったんだ..」“仮想日本”の韓国に反撃を許すもポーランドが劇的勝利

27日、韓国代表はアウェイでポーランド代表と国際親善試合を行った。
韓国代表は、エースのFWソン・フンミンが前回の北アイルランド戦に続き先発メンバーに。対するポーランドは、ロシアW杯でも対戦する日本代表との可能試合に向けてFWロベルト・レバンドフスキなど主力選手がスタメンに名を連ねた。
先制したのはポーランド代表だった。32分、ポーランドは左サイドからの素早い攻撃から中へクロス。中央で待っていたレバンドフスキが頭で合わせリードを奪った。

続きを読む

【海外の反応】「日本に行くと思う」イニエスタの移籍先にAリーグが浮上も豪州人は諦めモード

アンドレス・イニエスタが中国でプレーすることはないだろう。中国の重慶力帆は声明を出し、イニエスタがチームに加入しないことを発表している。これを受けて、イニエスタの移籍先は、新たな展開を見せており、オーストラリアが濃厚な行き先になってきている。
FCバルセロナのキャプテンであるイニエスタは、家族の視点で落ち着いた生活ができる場所を探している。オーストラリアでは、これまでにもアレッサンドロ・デル・ピエロがプレーし、同胞のデビド・ビジャも数ヶ月間メルボルン・シティーFCでプレーしている。異国情緒溢れる中国よりも、より快適なライフスタイルを送れるだろう。
重慶力帆の声明により、多くの噂が出てきており、その一つに、日本のヴィッセル神戸のイニエスタ獲得への興味もある。なお、ヴィッセル神戸のクラブオーナーは、バルサのメインスポンサーを務めるRakuten(楽天)のオーナーである三木谷浩史氏である。しかし、イニエスタは、まだヴィッセル神戸からの正式なオファーは受け取っていないようである。

続きを読む

【海外の反応】「あぶなかった..」香川、約3か月ぶり復帰!ドルトムントは敗戦も辛くもCL出場権獲得!

ブンデスリーガは12日に最終節が一斉開催され、ホッフェンハイムとドルトムントが対戦した。
勝ち点55で3位のドルトムントと、同52で4位のホッフェンハイムの一戦。両チームともチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、負けられない一戦となった。注目された香川真司は、ベンチスタートとなった。
両者ともにボールを奪ってから速い攻撃を見せる。ドルトムントは14分、ショートカウンターから最後はゲレイロがミドルシュート。しかし、ここはGKバウマンのセーブに防がれた。17分にもゲレイロにチャンスが訪れたが、ここもGKの好セーブにあった。

続きを読む

【ドイツの反応】「ワールドクラスだ」伊藤達哉、決勝アシストもHSVクラブ史上初降格で涙..現地サポからは称賛殺到!

ブンデスリーガは12日に最終節が一斉開催され、ハンブルガーSV(HSV)はボルシアMGと対戦した。
37節終了時点で、勝ち点28で17位のHSV。1部残留のためには、最終節で勝利が絶対条件、かつヴォルフスブルクがケルンに敗れるか、引き分けた場合得失点差「10」をひっくり返す必要があるなど、崖っぷちに追い込まれている。
生き残りをかけた本拠地「フォルクスパルクシュタディオン」での大一番では、FW伊藤達哉、主将DF酒井高徳が共に先発出場を果たした。

続きを読む