2018年 6月 の投稿一覧

【海外の反応】「日本はラッキーな国だ」イニエスタ、神戸加入が正式決定!

※追記しました
ヴィッセル神戸は24日、都内で記者会見を開き、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが完全移籍で加入することを発表した。
スペイン1部バルセロナの主力として長く活躍した34歳のイニエスタは、1996年から過ごしたクラブを今季限りで退団。その去就は世界的に注目を集めていたが、新天地は日本だった。

続きを読む

【海外の反応】「恥ずべきだ」日本代表、決勝T進出決定!厳しい批判も!

日本代表は28日、ロシアW杯グループリーグ第3節でポーランド代表と対戦し、0-1で敗れた。しかし、H組もう1試合でコロンビアがセネガルに1-0で勝ったため、日本の2位通過が決定。コロンビアが逆転で首位突破を果たし、日本は勝ち点、得失点差、総得点で並んだセネガルをフェアプレーポイントで上回った。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を果たした日本は7月2日の決勝トーナメント1回戦でG組1位(ベルギーかイングランド)と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-01655688-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「夢のようだ」宇佐美、芸術的ゴールで今季7点目!堂安はロッベンに並ぶ8点目!

※追記しました
ブンデスリーガ2部第30節が15日に行われ、デュッセルドルフに所属する宇佐美貴史がゴールを決めた。
1点ビハインド出迎えた51分、敵陣左サイドフリーで待っていた宇佐美が、ペナルティエリアすぐ外でボールを受けると、ゴールの位置とGKのポジションを確認する。右足でカーブのかかったシュートを放つと、相手GKが全く反応できずにボールはゴール右隅に吸い込まれた。宇佐美はリーグ戦4試合ぶり、7ゴール目を記録した。

続きを読む

【海外の反応】「真司が必要だ」香川不在のドルトムント、ダービーでシャルケに完敗

※追記しました
現地時間15日に行われたブンデスリーガ第30節、シャルケ対ボルシア・ドルトムントのレヴィア・ダービーは、2-0でホームのシャルケが勝利した。ドルトムントのMF香川真司は、負傷離脱中のためベンチ入りしていない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00265545-footballc-socc

続きを読む

【海外の反応】「勘弁してくれ」2022年W杯から出場枠が48カ国に!?アジアは8.5枠!FIFA会長が検討を示唆

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、2022 FIFAワールドカップ カタールから48チームが出場できるように検討することを明かした。12日、イギリスメディア『AP NEWS』が伝えている。
現在のW杯には32チームが出場しているが、すでに2026年W杯からは48チームが出場することが決定している。南米サッカー連盟(CONMEBOL)はこのプランを前倒しして2022年W杯からの導入を要求しているようだ。
インファンティーノ会長がCONMEBOLの会議に出席した際に、CONMEBOL側から「2022年W杯から48チームが出場できるように、CONMEBOLに参加する10カ国の署名入りで申請書を送りたい」との提案を受けたという。

続きを読む

【海外の反応】「日本の天才だ」本田圭佑、1ゴラッソ1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!

※追記しました
現地時間14日にリーガMX後期第15節でパチューカはサントス・ラグーナをホームに迎え、3-1で勝利した。本田圭佑はフル出場で1ゴール1アシストを記録している。
前節プエブラ戦で6-2の大勝を飾ったパチューカは、2位につける好調サントス・ラグーナを相手に良いスタートを切った。

続きを読む

【海外の反応】「センセーショナルだ」横浜Fマリノスのゴールを世界が絶賛!

英国のサッカー誌として知られる『FourFourTwo』が、Jリーグで生まれたゴールを紹介している。
同誌がピックアップしたのは、先週末に行われたJ1第9節の横浜F・マリノス対湘南ベルマーレ戦で生まれたウーゴ・ヴィエイラの同点弾。
同誌はこのゴールについて「マンチェスター・シティのようにボールを順に回していき、Jリーグの得点ランキングで首位に立ったウーゴ・ヴィエイラがそのポゼッションを終わらせた」と記した。

続きを読む

【海外の反応】「英雄だ」長友、頂上決戦でアシスト!現地サポから絶賛の嵐!

スュペル・リグ(トルコ1部)第31節が29日に行われ、ガラタサライとベシクタシュが対戦した。
現在勝ち点63でリーグ首位に立つガラタサライと、勝ち点62で同3位につけるベジクタシュの直接対決となる一戦。優勝争いを占う上でも重要な大一番で、スタメン出場を果たした長友が存在感を発揮した。
22分、斜めに走り込んでペナルティエリア内でパスを受けた長友がゴール前にグラウンダーのクロスを送ると、ゴール正面に駆けてきたフェルナンドがそのボールに合わせてゴールネットを揺らし、長友のアシストによってガラタサライが大一番で先制に成功した。

続きを読む

【海外の反応】「めちゃくちゃだ」ブンデスで前代未聞の珍事!ハーフタイムにVAR使用..PK判定で選手を呼び戻す事態に!

FW武藤嘉紀が所属するマインツは、ホームでフライブルクに2-0で勝利した。
残留を争うこの試合で珍事が起こった。0-0で前半が終了し、選手がロッカールームに引き揚げた後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で前半終了直前のプレーでハンドが確認され、マインツにPKが与えられた。これをMFデブラシスが決めて先制した。
MFラッツァは「なんとも不思議な感じだね。フライブルクの選手はもう控室にいっていたし、僕らも向かうところだった。そうしたらビデオ判定の話になって。副審もあのシーンで見ることができたんじゃなかったかと思うけど。手はかなり上にあったから。サッカー界で今までなかったことだった」と話した。

続きを読む