2018年 7月 の投稿一覧

海外の反応「素晴らしい補強だ」「劣化してる」本田圭佑獲得に新たなプレミアクラブが興味を示す!現地ワトフォードサポの意見は分かれる

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑にプレミアリーグのワトフォードが興味を示しているようだ。イタリア『ミランニュース』が報じた。
本田の今シーズンが苦しいものとなっていることは周知の事実だ。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任し、ミランは17試合で勝ち点33と悪くない成績を残している一方、本田の出場時間はここまで96分となっている。昨シーズンまではレギュラーとしてプレーしていただけに不満を抱えていることは明らかで、冬の移籍は濃厚だ。
日本人プレーメーカーにはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のチームやサンダーランド、中国クラブが興味を示していたが、新たにワトフォードも獲得を狙い始めたようだ。ワトフォードを率いるイタリア人指揮官ワルテル・マッツァーリは本田のリーダーシップを評価し、チームに加えたいと考えているという。

続きを読む

【オランダの反応】「英雄だ」小野伸二は現地フェイエノールトサポの間で今でも伝説だった

※小野伸二選手のドキュメンタリー番組がオランダで放送されるということで、小野選手のことがフェイエノールトサポーターの間で話題になっていました。
今季のエールディビジで首位を走るフェイエノールト。
そんな同チームで活躍した小野伸二のドキュメンタリー番組が放送になるようだ。

続きを読む

【海外の反応】「人間じゃない」日本のテレビ番組でメッシとスアレスが見せたサッカー版キャッチボールが話題に

『世界最強2トップ!メッシ&スアレスVS日本代表レジェンド軍・中村俊輔&遠藤保仁』サッカーボールを地面に落とさず、どこまで離れることが出来るのかを競う新種目。日本チームは大番狂わせを起こせるか!?
http://www.tbs.co.jp/tv/20161231_362D.html

続きを読む

【海外の反応】「恥じるべき」前代未聞の再戦決定をFIFAが発表!W杯アフリカ予選で誤審..主審は永久資格停止処分(動画あり)

ロシア・ワールドカップ(W杯)予選は各大陸で佳境を迎えているが、アフリカ予選で前代未聞の再戦を決定したと国際サッカー連盟(FIFA)が公式サイトで発表している。
再戦が行われることになったのは、グループDの南アフリカ対セネガルの一戦だ。この試合は2016年11月12日にすでに行われ、ホームの南アフリカが2-1で勝利している。しかし、先制点となるPKを呼び込んだ判定について決定的なミスがあったとして、ジョセフ・ランプティ主審がスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって生涯活動禁止処分を受けている。
この裁定とともに、FIFAは同試合のリマッチを決めたと発表。試合は今年11月の国際Aマッチウィークで行われる予定で、9月14日の組織委員会で確定するという。

続きを読む

【海外の反応】吉田麻也はどうなる?ファンダイクが全体練習に復帰!ポジション争いの正念場

サウサンプトンからの退団が絶え間なく噂されながらも、最終的にチーム残留が決まったオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがチームの全体練習に復帰したようだ。5日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。
ファン・ダイクは今夏、クラブにトランスファーリクエストを提出するなどして移籍を希望する意思を強く示してきた。リヴァプールやチェルシー、アーセナルなどがファン・ダイクの獲得に関心を示していた模様で、今夏の移籍期限最終日である8月31日まで移籍の噂は続いていた。しかし、期限になってもサウサンプトンと合意するクラブは現れず、ファン・ダイクは今シーズンもサウサンプトンでプレーすることが決定していた。
絶え間ない移籍の噂を受けて、サウサンプトンの指揮官であるマウリシオ・ペジェグリーノ監督はファン・ダイクをチームの全体練習から外すことを決断。同選手に1人でトレーニングを行うことを命じていた。しかし、移籍期限も最終日を過ぎ、ファン・ダイクはサウサンプトンに残留することが確定したため、同監督はファン・ダイクをトップチームの全体練習に合流する許可を与えたという。今夏にビッグクラブへの移籍は果たせなかったファン・ダイクだが、今後気持ちを切り替えてサウサンプトンでのプレーに集中しなければならない。

続きを読む

【海外の反応】インテル長友のツイートが話題に

インテルミラノのDF長友佑都(30)が2日、自身のツイッターでここ数日の“バッシング”について心境をつづった。
「イタリアでは、良ければ神様かのように賞賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。そこに人としてのモラル、リスペクトはない。限られた人しか経験できないこの厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる。ここにきて7年。全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」
長友は4月30日のホームのナポリ戦にフル出場。前半43分に自身のクリアミスが相手のMFカジェホンにパスを出すような形となり、そのカジェホンにゴールを許し、チームは0-1で敗れていた。

続きを読む

【海外の反応】「かわい子ちゃんだ」元なでしこ川澄、イチロー今季1号試合で始球式

女子サッカーの元日本代表で、現在は米女子プロリーグのシアトル・レインFCでプレーする川澄奈穂美(31)が19日(日本時間20日)、マリナーズ-マーリンズ(セーフコ・フィールド)で始球式を行った。捕手役はマリナーズの岩隈久志投手(36)が務めた。
大役を終えた川澄は、自身のブログを更新。「ただいま、大興奮中です。本日、マリナーズの始球式をいたしました」と意気揚々とつづった。
続けて「今日のマリナーズ対マーリンズの試合が、特に日本人にとってどれだけ価値のあるものか、説明すると長~~~~~~~~くなるので割愛。そこで始球式をできることがどれだけ私に大きなパワーをくれたことか。今日のブログは大いなる手抜きをさせてください」と8枚の写真とともに興奮を伝えた。

続きを読む

「夢のような話」「過大評価だ」トゥヘルがバルセロナの新監督候補に浮上か!?カタルーニャのラジオ局が報道【海外の反応】


続きを読む