2018年 7月 の投稿一覧

【海外の反応】「日本のカンテか?!」井手口、イングランドの古豪リーズ移籍へ!現地サポは日本代表の新星に興味津々

サッカー日本代表MF井手口陽介(21)=G大阪=の獲得を目指し、イングランド1部(2部相当)リーズ・ユナイテッドがオファーを出していることが10日、分かった。同リーグ関係者によると、G大阪との契約解除に必要な違約金1億円(推定)を払う考えで、井手口も海外移籍に前向きなことから、早ければ今冬の移籍市場で契約が成立する可能性が高い。オーストラリア戦(8月31日・埼玉)で貴重な追加点を挙げ、ハリル・ジャパンをロシアW杯出場に導いた若き主力が海を渡る。
イングランド関係者によると、リーズ・ユナイテッドは今夏の移籍市場でもMF井手口の獲得を目指したが、Jリーグのシーズン中だったことや、移籍可能期限の問題などで契約には至らなかったという。その後も調査を続ける中で、ハリル・ジャパンで中盤の主力として定着しつつある「原石」への評価は高くなる一方。今冬の獲得を見据えてオファーを出した。
井手口はG大阪との契約を来季以降も残しているが、リーズは契約解除に必要な違約金約1億円(推定)を払う考え。獲得への本気度がうかがえる。また、井手口もすでに海外移籍に備え、英会話の勉強を開始。G大阪でチームメートだったFW堂安律(19)が今年6月、オランダ1部フローニンゲンに移籍が決まった際に「タイミングが合えば。しっかり挑戦したい」と前向きな姿勢を示しており、契約がまとまる可能性は高い。
続きを読む

【海外の反応】ドルトムント内部情報:香川の名は?クラブが放出を希望している選手が明らかに!?

信頼できる内部関係者:ドルトムントは、ストライカーを1、2名、DMF(ヴィツェル)とCBを補強したがっている。放出希望はゲレイロ、ローデ、シャヒン、イサク、ブルニッチ, ラーセン(恐らく)。ビッグオファーが来れば、プリシッチでさえも移籍するかもしれない。
※ビルトやキッカーがプリシッチの移籍容認報道をする前に出た情報です
続きを読む

【海外の反応】「反対だ」「やろうよ」一時退場(シンビン)の導入検討に賛否両論!

競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)は1日、ロンドンで3月3日に開かれる年次総会の議題を発表し、一時退場(シンビン)の導入を話し合うことになった。試験導入されているビデオ判定システムや、延長での4人目の交代について経過報告も行われる。
シンビンについては1月に国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で元オランダ代表FWのファンバステン氏が10分間の一時退場を命じるオレンジカード導入案を披露している。現行では反則を犯した選手に対する処分には警告と退場がある。(共同)
http://www.sankei.com/sports/news/170202/spo1702020005-n1.htm
続きを読む

アメリカ人「アシスト女王だ」元なでしこ川澄が米NWSLの歴史に名を刻んだ!1試合4アシストの金字塔!リーグ週間MVPに選出!【海外の反応】

川澄が今季初ゴールを決め、1試合4アシストの金字塔
シアトル・レインの元なでしこジャパンFW川澄奈穂美が偉業を成し遂げた。現地時間13日の本拠地ワシントン・スピリッツ戦で先発すると、1ゴール4アシストの活躍を見せて6-2の勝利に貢献した。クラブ公式サイトでは「ナホの1試合4アシストはNWSL(米女子サッカーリーグ)最多記録」と金字塔を報じている。
この日はまさに「川澄劇場」だった。前半20分、相手のパスを奪った川澄がワンツーで相手エリア内に侵入すると、MFネアーンに丁寧なパスを落として先制点をお膳立て。同35分には右サイドから川澄がクロスを供給し、中央でFWヤネズが合わせて追加点を奪う。後半14分にPKで1点を返されて嫌なムードが漂ったが、これを払拭したのも川澄だった。
続きを読む

外国人「日本か韓国にアジアの選手は行く」中国超級リーグの外国人枠削減に賛否両論!【海外の反応】

ド派手なバブルの日々にいよいよ釘を刺された格好だ。欧州ならびにアジアの複数メディアは15日、中国サッカー協会が自国リーグにおける外国人出場規定を3人に減らすことを決定したと報じている。
カルロス・テベスやアクセル・ヴィツェル、そしてオスカルなど、次々とワールドクラスの名手を迎え入れ、その隆盛を楽しんでいる中国スーパーリーグだが、“身内”によるルール変更が彼らの足かせとなりそうだ。『Asia Today』を含む複数の韓国メディアによると、この1ヶ月間だけで115億円以上の莫大な支出が他国へ流出する現状を恐れた中国サッカー協会は、自国リーグにおける外国人選手の出場枠を従来の5人から3人へ縮小することを決断。曰く、同協会はこの突然のルール訂正を3月より開幕する新シーズンから早速適用することになるという。
これらの変更を受け、『Asia Today』は「今回のルール改正による最も大きな犠牲を被るのは安い年俸でプレイする韓国人選手だ。破格の年俸を受ける欧州からの助っ人外国人との競争に敗れ、彼らは端へと追いやられるだろう。中国でプレイしていた韓国人選手にとって今回の訂正案はまさしく青天の霹靂ともいえる」と綴り、韓国人プレイヤーの行く末を案じている。
続きを読む

【ドイツの反応】「ありがとう」内田篤人へシャルケから7年間の感謝を込めた動画,退団セレモニーをブンデス公式が特集

ウニオン・ベルリンに加わったDF内田篤人が、数週間ぶりにシャルケへと帰ってきた。
内田は今夏、出場機会を求めて7年もの歳月を過ごしたシャルケを離れ、ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへと移籍した。10日に行われたブンデスリーガ第3節シャルケvsシュトゥットガルトの前には内田の退団セレモニーも執り行われている。
“シャルカー”たちはフェルティンズ・アレーナへ戻ってきた内田を温かく迎えた。内田のこれまでの活躍がスクリーンで映し出された後、スーツ姿の日本人サイドバックはドイツ語でこのように語っている。
続きを読む