2018年 7月 の投稿一覧

【海外の反応】「信じられない」浦和レッズ、奇跡の大逆転でACL準決勝進出決定!

※追記しました
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、準々決勝第2戦を行い、10年ぶりのアジア制覇を目指す浦和レッズとクラブ史上初の4強入りを狙う川崎フロンターレが埼玉スタジアムで激突。第1戦のアウェー戦を1-3で落としていた浦和が、前半19分に先制されながらも、その後4点を奪って4-1の逆転勝利を収め、2戦合計5-4としてベスト4進出を決めた。浦和は準決勝で上海上港(中国)と対戦する。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「男女差別だ」バルサがSNSで炎上、男女合同ツアーで男子のみビジネスクラス利用

スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は26日、男女合同チームを乗せたチャーター機で男子がビジネスクラスを利用していた一方で、女子がエコノミークラスに乗っていたことが明らかになり、ソーシャルメディア上で炎上した。同クラブ史上初の男女合同遠征ツアーが暗雲に包まれている。
バルセロナは米ポートランド行きの航空機に搭乗した男女チームの写真や動画を公開したが、女子選手が投稿した写真では女子がエコノミークラスに座っている様子が示されており、これに気づいた女子チームのサポーターがソーシャルメディアで批判の声を上げた。
ファンが開設したツイッター(Twitter)アカウントの@BarcaWomenでは、この話題を大々的に取り上げており、クラブが投稿した画像について「この一枚の写真は、双方のチームキャプテンが並んでビジネスクラスで撮影されたものです。このあと男子チームはビジネスクラスのシートに座り、女子チームはエコノミークラスに戻っていきました」「ビジネスクラスに誰か女性がいたかどうかについては、明らかに確認されませんでした。バルセロナがこれを平等だというつもりなら、それを裏づける行動が必要です」とつづられていた。

続きを読む

【海外の反応】香川、CLでアシストもドルトムントはトッテナムに敗戦

※追記しました
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)と対戦し、1-3で敗れた。香川は4-3-3の左インサイドハーフで今季公式戦初先発。0-1の前半11分に今季公式戦初アシストを記録したが、チームはその後さらに2失点し、香川も後半21分に途中交代した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644053-gekisaka-socc

続きを読む

【フランスの反応】「本物のサムライだ」酒井宏樹、英メディアのELベスト11に選出!現地サポから称賛殺到!

欧州リーグ1次リーグ第1節 I組 マルセイユ1―0コンヤスポル ( 2017年9月14日 )
マルセイユの日本代表DF酒井宏が決勝点の“起点”となった。
左サイドから中に切り込んで中央のパイエにパス。パイエのシュートから獲得した左CKで後半3分に得点が生まれた。同20分にはGKと1対1になりシュート。強さが足りずに阻まれ「凄くいいボールだったし、完璧なトラップだった。ああいうところは決めないと」と頭を抱えたが、見せ場をつくった。

続きを読む

スペイン人「日本のメッシだ」乾貴士、絶妙クロスで決勝ゴールをアシスト!現地サポから高評価!【海外の反応】

エイバルの日本代表MF乾貴士が、15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のレガネス戦でチームを勝利に導く貴重なアシストを決めた。
ここ2試合連続で完封負けを喫していたエイバルは、レガネスをホームに迎えたこの日もなかなか攻撃の形が作れない。だが、両チーム無得点のまま迎えた53分、センターサークル内でボールをカットしたDFアレハンドロ・ガルベスがドリブルで敵陣へと侵入すると、左サイドに開いた乾へとパス。これを受けた乾が右足でピンポイントのクロスを送ると、そのままオーバーラップしたガルベスがヘディングでゴールを奪った。
結局、この虎の子の1点を守り抜き、開幕戦以来3試合ぶりに勝利を収めたエイバル。決勝点をアシストした乾には現地メディアも高評価を与えており、とりわけ両チームで単独最高評価の3点を付けた『アス』紙は、その正確無比なクロスを絶賛した。

続きを読む

【海外の反応】「翼みたいだ」柴崎岳、バルサ相手にスーパーゴール!世界が絶賛!

※追記しました
ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、バルセロナ相手に奪い取ったリーガ・エスパニョーラ1部初ゴールによって、メッシを上回る評価を受けている。リーガ・エスパニョーラ第4節バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足ダイレクトボレーで先制点を叩きこんだ。後半開始早々に負傷交代し、チームも1-2と逆転負けを喫したが、試合後の現地紙採点では両チーム最高タイ評価を獲得している。
柴崎は前半15分にショートカウンターから左サイドに流れ、左足でラストパスを送ると、DFジェラール・ピケに当たり、あわやオウンゴールという場面を作った。勢いに乗る柴崎は、同39分にゴラッソを叩き込む。MFマルケルが空中戦を競り合った高い弾道のボールを、左足ダイレクトで一閃。鋭い弾道を描いたボールはバルサGKテア=シュテーゲンの守るゴールマウスを打ち破った。

続きを読む

【海外の反応】香川出番なしのドルトムント、大迫ケルンに大勝!

※追記しました
ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表FW大迫勇也の所属するケルンが対戦した。香川はリーグ戦4試合連続のベンチスタート。大迫は同3試合連続の先発出場となった。
試合は開始直後の2分に動いた。ホームのドルトムントは、アンドリー・ヤルモレンコが右サイドからクロスを送ると、ニアに飛び込んだマキシミリアン・フィリップが頭で合わせてゴールネットを揺らした。新加入のフィリップは移籍後初ゴールとなった。

続きを読む

【ベルギーの反応】「復活だ」久保裕也、待望の今季初ゴール!ヘントに今季初白星をもたらす

シーズン開幕からノーゴールの久保裕也が、ベルギー・リーグ7節目にして、やっと長いトンネルを抜け出した。

9月17日のオーステンデ戦は0対0のまま31分を迎えた。最終ラインから前線に送られたロングフィードにCFシラが鋭く反応し、ジャンプしながらダイレクトでシュートを放つ。オーステンデのGKファン・ハメルは前に飛び出しなんとかこれをブロックするも、味方のCBロンバーツと交錯して転倒。こうしてがら空きになったオーステンデのゴールに、久保がこぼれ球を丁寧に右足で蹴り込んだ。

続きを読む

スペイン人「日本人で唯一バルサとレアルからゴールを決めた選手:柴崎岳」【海外の反応】

ヘタフェMF柴崎岳が、16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のバルセロナ戦で移籍後初ゴールを決めている。
柴崎はバルセロナ戦で先発出場。39分にこぼれ球を左足で叩き、鮮やかなボレーでヘタフェに先制点をもたらした。
柴崎は鹿島アントラーズに所属していた昨年12月、クラブ・ワールドカップ決勝でレアル・マドリー相手に2得点を決めた。バルセロナ、レアル相手に公式戦で得点を決めた初めての日本人選手となっている。-

続きを読む

【海外の反応】「恐れいった」イニエスタの神トラップに外国のファンも脱帽!

神戸MFイニエスタがデビュー2戦目で初めて先発し、チームの1-0の勝利に貢献。「特別な日になった」と繰り返し、移籍後初勝利を喜んだ。
この日は後半37分までプレー。得点シーンに直接絡むことはなかったが、正確無比なパスでリズムを作り、何度もチャンスを演出した。
前半5分には後方からの浮き球のパスを吸い付くように足もとに収める“神トラップ”でスタンドを埋めた22879人の観客を大いに沸かせた。

続きを読む