2018年 10月 の投稿一覧

【海外の反応】シャルケ戦清武弘嗣はアシストでチームの勝利に貢献!現地サポーターの反応をまとめました

ブンデスリーガは16日、第26節を行い、MF清武弘嗣とMF金崎夢生の所属する
ニュルンベルクはホームでDF内田篤人の所属するシャルケと対戦し、3-0で快勝した。後半24分、42分に2得 点を演出した清武は、ブンデスリーガ公式サイトが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。
ブンデスリーガ公式サイトは

続きを読む

【海外の反応】ブンデス13節現地サポから高評価を得た2得点の岡崎慎司と酒井宏樹!

24日に行われたブンデスリーガ第13節、マインツはアウェーでのブレーメン戦を3-2で制した。この試合で2ゴールを記録したFW岡崎慎司とクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)のコメントを、ドイツ『ビルト』が紹介している。
岡崎はマインツ戦の17分、70分にゴールを決め、今季の得点数を5に伸ばした。同選手は喜びを表すとともに、自身を起用し続けるトーマス・トゥヘル監督への感謝の言葉を述べている。
「チームとして、この調子を維持し続けたいですね。前半戦の個人目標は5ゴールで達成できました。長い目で見てくれる監督に感謝しています」

続きを読む

【海外の反応】日本代表、オークランドシティ相手に遠藤、岡崎のゴールで勝利!

※動画と試合後の反応を追記しました
アジアカップ連覇を狙う日本代表は、4日にオーストラリアのニューカッスル近郊にあるセスノックで、ニュージーランドのオークランド・シティとトレーニングマッチを行った。
オークランド・シティは、オセアニア代表として昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップに出場し、同代表で過去最高の3位に入ったチーム。日本の先発メンバーは、川島永嗣、長友佑都、森重真人、塩谷司、酒井高徳、遠藤保仁、長谷部誠、香川真司、岡崎慎司、本田圭佑、乾貴士の11選手となった。

続きを読む

【海外の反応】「残念だ」「驚きはない」宮市亮、アーセナルから退団へ

※追記しました、タイトル修正しました
プレミアリーグは10日、2014-15シーズン後の各クラブの保有選手リストを公表した。アーセナルに所属するFW宮市亮(22)がリストから外れており、契約を解除されたことが明らかになった。今夏にはフリートランスファーとなる。
宮市は2010年12月、中京大中京高からアーセナルへ5年契約で入団。就労ビザの問題などもあり、フェイエノールトへ期限付き移籍した。18歳1か月23日で迎えた2011年2月5日のフィテッセ戦での公式戦デビューは欧州主要リーグでの日本人最年少デビュー記録となった。同年2月12日のヘラクレス戦でホーム戦デビューを果たすと、プロ初ゴール。FW森本貴幸の記録を抜き、欧州主要リーグの日本人最年少得点記録を18歳1か月29日に更新した。

続きを読む

【海外の反応】あの日系人の決勝ゴールでアメリカが世界王者ドイツを撃破!

国際親善試合が10日に行われ、ドイツ代表はアメリカ代表に1-2で敗れた。前半12分に先制するも、その後に2得点を奪われての逆転負けとなった。敗れたドイツ代表はGKマヌエル・ノイアー、MFトーマス・ミュラー(ともにバイエルン)、MFトニ・クロース(レアル・マドリー)らが招集外となっており、不在だった。
試合は前半12分にドイツが先制。ゴール前へ詰めていたMFアンドレ・シュールレ(ボルフスブルク)の横パスからFWマリオ・ゲッツェ(バイエルン)が冷静に決め、1-0とリードに成功した。その後も押し込むドイツだが、追加点は奪えない。
すると前半41分にアメリカが同点弾。MFマイケル・ブラッドリー(トロント)のロングパスに抜け出たMFミッケル・ディスケルト(NYシティ)が冷静にボールをトラップすると右足でシュートを流し込む。1-1で前半を終えた。

続きを読む

【海外の反応】「見ていて楽しい」日本代表、イラク代表に圧勝!

※試合後の反応を追記しました
日本代表は11日、キリンチャレンジ杯でイラク代表と対戦し、4-0で快勝した。前半5分にFW本田圭佑のゴールで先制すると、同9分にDF槙野智章、同32分にFW岡崎慎司が追加点。後半39分には途中出場のFW原口元気がA代表初ゴールとなるダメ押しゴールを奪った。バヒド・ハリルホジッチ監督はこれで就任から3連勝を飾り、1963年の長沼健氏以来、52年ぶりの快挙を達成。W杯アジア2次予選初戦となる16日のシンガポール戦(埼玉)へ勢い付ける前哨戦となった。-
ゲキサカ

続きを読む