2018年 11月 の投稿一覧

【海外の反応】「レジェンドだ」長谷部誠が日本人4人目の栄誉!AFC年間最優秀国際選手賞に!海外のファンから称賛の声!

アジア・サッカー連盟(AFC)は11月28日、オマーンのマスカットでAFCアニュアルアワード2018の表彰式を開催。年間最優秀監督部門で、鹿島アントラーズを初のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇に導いた大岩剛監督が受賞するなど、日本勢が6部門で表彰を受けた。
このうちのひとつ、アジア圏外でプレーするアジア人選手が対象の最優秀インターナショナル選手賞を、長谷部誠(フランクフルト)が受賞した。これまで日本人選手は2012年に香川真司(ドルトムント)、2013年には長友佑都(当時インテル、現ガラタサライ)、2016年には同年のプレミア・リーグで優勝したレスターの岡崎慎司が受賞した。
AFCは長谷部の選出にあたり、こう評している。
続きを読む

【海外の反応】「恥を知れ」アジア王者鹿島からまさかの落選!AFC年間最優秀選手賞の選出に批判続出!

アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーン・マスカットで2018年の年間表彰式を行い、男子の年間最優秀選手にカタール代表のDFアブドゥルカリム・ハサン(Abdelkarim Hassan)が選ばれた。
25歳のハサンは、AFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2018)制覇を果たした鹿島アントラーズ(Kashima Antlers)の三竿健斗(Kento Misao)と鈴木優磨(Yuma Suzuki)が対抗馬だったことから、今回の受賞を予想していなかったことを認め、「日本人選手2人とノミネートされて光栄だった。勝てるなんて思ってもみなかった」とコメントしすると、欧州に主戦場を移すことに意欲を見せた。
「この受賞によって、欧州でプレーする機会が与えられることを望んでいる。欧州リーグでプレーするためのメンタリティーは持っている」
続きを読む

【海外の反応】「日本なら納得だ」ダビド・ビジャ、Jリーグに電撃移籍へ!現地メディアが報道!

元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)が日本移籍に向けて動いているようだ。アメリカの大手テレビ局『フォックス』が28日、断定的に報じている。
所属先のニューヨーク・シティFCは同日、ビジャの退団を正式発表。その後、ビジャは自身の公式SNSを通じて「僕の心と身体は新たな挑戦を欲している」と述べ、現役引退の噂を否定した。
続いて『フォックス』のサッカー番ツイッターアカウント(@FOXSoccer)が反応。「ダビド・ビジャは壮大な4年間を経て、ニューヨーク・シティを去って日本に向かう」と投稿している。
続きを読む

【海外の反応】香川真司の復帰を望むフンメルス

マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司の古巣ボルシア・ドルトムントへの復帰が噂されているが、DFマッツ・フンメルスも香川の復帰を望んでいるようだ。
2010年からの2年間ドルトムントでプレーした香川は、2012年にユナイテッドへ移籍。加入1年目のシーズンこそチームの主力として活躍したが、今季はコンスタントな出場機会を得られず苦しいシーズンを送っている。
ドルトムントのファンたちは、香川のドルトムント復帰を夢見ているけど、どう思うかと聞かれたフンメルスは、以下のようにコメントしている。ドイツ『キッカー』が伝えた。
続きを読む

【ドイツの反応】大迫勇也1G1Aの活躍!現地サポ「長年うちにいたFWの中で一番危険だ

ブンデスリーガ2部は4日、第33節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンはホームでMF田坂祐介の所属するボーフムと対戦し、2-0で勝った。大迫は前半31分に2戦連発となる先制点。後半アディショナルタイムには追加点をアシストし、ホーム最終戦でチームを3連勝に導いた。―
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】見事なゴールを決めた大迫勇也を現地サポが高評価!酒井高徳は称賛される!

ブンデスリーガ2部は25日、第32節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンは敵地でG・フュルトと対戦し、2-1で競り勝った。1トップで先発した大迫は前半15分に先制点。7試合ぶり今季5得点目を決めるなど、フル出場でチームの2連勝に貢献した。―
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】意外な結末!?バイエルン対レアル・マドリーCL準決勝第二戦

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は29日、準決勝第2戦を行い、レアル・マドリー(スペイン)が敵地で前回王者のバイエルン(ドイツ)に4-0で快勝し、2試合合計5-0で12シーズンぶりの決勝進出を決めた。バイエルンは連覇ならず。準決勝敗退で3シーズン連続となる決勝進出も逃した。―
ゲキサカ

続きを読む

【独の反応】岡崎慎司日本人最多得点達成!㌦サポ「香川の方がチャントは歌いやすいよ」

ブンデスリーガは26日、第32節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでニュルンベルクと対戦し、2-0で快勝した。1トップで先発した岡崎は前半30分に2戦連発となる先制点。今季通算14ゴールとし、11-12シーズンにドルトムントでMF香川真司(現マンチェスター・U)が記録した13ゴールを上回り、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を塗り替えた。―
ゲキサカ

続きを読む