なでしこジャパン

【海外の反応】連覇目指すなでしこジャパン、女子ワールドカップ初戦に辛勝!(スイス戦)

※試合後の反応を追記しました
日本女子代表(なでしこジャパン)は8日、女子W杯C組の初戦を迎え、スイス女子代表と対戦。前半29分にMF宮間あやのPKで先制したなでしこは、スイスに反撃を許さず1-0で勝利した。連覇に向け白星発進を決めた日本の第2戦は日本時間13日にカメルーンと対戦する。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「フェアプレー賞は日本に」なでしこ、連勝でグループリーグ突破!(カメルーン戦)

※試合後の反応を追記しました、タイトルを変更しました
日本女子代表(なでしこジャパン)は12日、女子W杯グループCの第2戦でカメルーン女子代表と対戦し、2-1で勝利した。2連勝で優勝した前回大会に続く2大会連続の決勝トーナメント進出を決めたなでしこジャパンは、今大会全体でもグループリーグ突破一番乗りを決めた。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】イングランド人が見るなでしことの大一番

イングランド女子代表は、7月1日に行なわれるFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準決勝で、なでしこジャパンと対戦する。それを受けてイギリス紙『デイリーメール』が28日、「ワールドカップでのイングランドの対戦相手…日本について知っておくべき全てのこと」との見出しで、なでしこを紹介している。
イングランド女子代表は、27日に行われた準々決勝で開催国のカナダ代表と対戦し、2-1で勝利を収め、初のワールドカップ準決勝進出を果たした。この結果、ベスト4では前回王者のなでしことの対戦が決定。同紙は、3つの小見出し、「無敗」、「賢い監督」、「注目の選手」でなでしこを紹介している。
「無敗」では、「7ゴールは、それぞれ異なった選手が獲得。ピッチ上どこでも危険をもたらすことを示している。フィジカルで劣っているが、とても組織されており、ここまで5戦全勝で、前半でゴールを許していない」と、今大会ここまでのなでしこの戦いを伝えている。

続きを読む

日本との再戦を希望する声も…アメリカが2大会連続の決勝進出【海外の反応】

女子W杯の準決勝が行われ、アメリカ女子代表がドイツ女子代表を2-0で下し、2大会連続4回目の決勝進出を決めた。
PKが明暗を分けた。後半18分にPKを獲得したドイツは、FWセリア・サシッチが蹴る。しかしボールは無情にも枠左に外れ、先制の絶好機を逃す。サシッチも顔を覆うようにして頭を抱えた。
すると今度はアメリカにPKのチャンスがやってくる。キッカーはMFカーライ・ロイド。プレッシャーの中でGKの逆を突くキックをゴール右隅に蹴り込み、先制点をきっちり奪った。さらに同39分にDFケリー・オハラがダメ押し点を奪ったアメリカが、決勝へと駒を進めた。

続きを読む