アジア

【海外の反応】「衝撃的だ」カタールが世界8位スイスを破る大金星!

FIFAランク96位のカタールが、ワールドカップ(W杯)ロシア大会16強で同8位のスイスをアウェーで1-0で破る大金星を挙げた。
スイスの攻勢にあいながらシュートが2度ポストをたたく幸運などでしのぎ、0-0で迎えた後半41分、FWアフィーフ(アルサド)が自陣からのカウンターのグラウンダーの縦パスでフリーで抜け出し、ドリブルから相手GKムボゴ(ライプチヒ)との1対1をまたぎフェイントであっさりとかわし、左足で無人のゴールに流し込んだ。ここ最近ホーム10試合で9試合無失点だったスイスゴールをこじあけたこの1点が決勝点となった。
サンチェス監督は「ハードワークすればトップチームとも戦えるという自信を選手たちにもたらした。カタールは今日の選手たちを誇りに思っていい。アジア杯へ向けての準備に希望が持てた」と勝利を喜んだ。1月にUAEで行われるアジア杯でカタールは1次リーグでサウジアラビア、レバノン、北朝鮮と同組となっている。

続きを読む

【海外の反応】「中国、怖い」中国国歌中の侮辱で元ブラジル代表FWが出場停止に!海外のファンも驚愕!

サッカー中国スーパーリーグ(1部)の山東魯能(Shandong Luneng)でプレーするブラジル人FWジエゴ・タルデッリ(Diego Tardelli)が、試合前の国歌演奏で顔をさすっていたとして、中国サッカー協会(CFA)から1試合の出場停止処分を受けた。
33歳のタルデッリは、先月28日に行われた上海上港(Shanghai SIPG)戦前の中国国歌演奏中、下を向いて右手で顔をさすっていた。この行為を受けて、CFAは先月31日に処分を通達し、「国歌が流れて歌われている時に、タルデッリの取った振る舞いは威厳に欠けており、マイナスの社会的影響を及ぼした」と述べていた。
中国では昨年、国歌への侮辱行為に厳しい処罰を与える法律が可決されており、中国国歌「義勇軍行進曲(March of the Volunteers)」をめぐって有名選手が処分を受けるのは、タルデッリが初めてのケースではない。

続きを読む

【海外の反応】「13億人もいるのに..」東京五輪を目指す中国代表にショック受けるヒディンク監督

2年後迫った東京オリンピック。これまで自国開催の2008年以外は五輪出場を逃し続けている中国はオランダの名将フース・ヒディンク氏を招聘して本気で出場権獲得を目指している。
そうした中、『NOS』はヒディンク監督のインタビューを伝えていた。
それによれば、71歳の指揮官は中国のユース代表にショックを受けたという…。

続きを読む

【海外の反応】「日本代表が警戒するUAEのアフロことオマルは過大評価なのか?」

ハリルジャパンのメンバーの多くが、アギーレ体制で戦った昨年1月のアジア杯にも出ている中、当時、日本代表に呼ばれていなかった柏木は日本がPK負けを喫した準々決勝のUAE戦をテレビでも見ていなかった。
だが、その試合で背番号10をつけていたアフロへアのMFオマル・アブドゥルラフマンの存在は知っていた。柏木は“UAE史上最高の司令塔”とも呼ばれる左利きのテクニシャンについて、「中心選手はつぶさないといけない。もじゃもじゃのやつをだれかがつぶして、あいつが出て行ったところのスペースを使えればいい」と言いながら、攻略法を頭に思い描いた。
その一つは、得意のワンタッチ、ツータッチパスで相手を動かすことでスタミナを奪っていくというもの。「試合の序盤は僕への対策はされないと思うので、僕から起点に良い攻撃をつくれたらいい」と、チャンスメイクに自信を見せた。

続きを読む

【海外の反応】「日本にビビるな」日本代表戦を前にして意気込むタイ人サポーター(W杯最終予選)

日本代表は6日、18年W杯ロシア大会アジア最終予選第2戦で、タイ代表とアウェーで対戦する。負ければバヒド・ハリルホジッチ監督(64)の解任を求める声が高まるのは必至の情勢。まさに背水の陣だ。前日会見では今までの強気な発言が影を潜め覇気を欠いた指揮官。日本と相性の悪いイラン人のモーセン氏が主審を務めることも判明し、大きなプレッシャーの中で自身の“大一番”に臨む。
86年W杯以降、アジア最終予選初戦で敗れ、本大会に出場したチームはない。さらにカタール人審判団だったUAE戦に続き、タイ戦はイラン人審判団となり、再び“中東の笛”が待ち受ける。しかも主審を務めるのは11年のアジア杯でGK川島に不可解なレッドカードを出したモーセン氏だ。3日夜には宿舎横の日本食レストランでスタッフも含めた決起集会を行い「選手を励ますことに努めた」と話した指揮官だが、自らが初戦の敗戦を引きずっている様子だった。
FIFAランキングは日本の49位に対し、タイは120位。対戦成績は敵地で2勝2分け1敗とほぼ五分ながら、合計では14勝4分け2敗と圧倒している。それでも指揮官は「相手は得意な攻撃を展開してくる」と予想した上で「ただ我々は守備をするだけのためにここに来たわけではない。攻撃も準備したい」とまるで苦戦を予想するかのような弱気発言。UAE戦はシュート25本のうち、ペナルティーエリア内のシュートは16本を数え「うちはバルセロナではない。でも統計上はどの国にも劣らないほどチャンスをつくった。仕留めるところに問題がある」と自らに言い聞かせるように課題を口にした。

続きを読む

【海外の反応】「自業自得だ」ペッレと美人彼女が中国に嫌気?早くも移籍を模索か!?イタリアメディアが報道

(山東魯能に所属する)ペッレとガールフレンドのヴィクトリアが中国に不満、既に脱出を模索


※ペッレの中国での成績:7試合3ゴール

続きを読む