オーストラリア

【海外の反応】「ラッキーだ」豪州代表、韓国相手に劇的ゴールでドロー

現地時間17日にオーストラリアのサンコープ・スタジアムで国際親善試合が行われ、FIFAランキング53位の韓国代表は42位のオーストラリア代表と対戦。
パウロ・ベント氏が8月17日に韓国代表の監督に就任して以降、コスタリカ戦(2-0)、チリ戦(0-0)、ウルグアイ戦(2-1)、パナマ戦(2-2)の4試合負けなしの状態が続いている。試合開始して22分、一本のロングパスに抜け出した韓国のファン・ウィジョ(ガンバ大阪所属)が冷静にシュートを放ち先制点を決めた。
しかし前半終了間際、そのファン・ウィジョが負傷。担架に運ばれてピッチの外に出た後、ソク・ヒョンジュンと交代している。71分にはゴール真正面のフリーキックから韓国のチュ・セジョンが直接狙う。オーストラリアのGKマシュー・ライアンがセーブし追加点とはならなかった。

続きを読む

【豪州の反応】「情けない」リオ五輪予選敗退に怒り心頭のオーストラリア人

グループDのもう1試合は、U-23オーストラリア代表とU-23ヨルダン代表が対戦。オーストラリアはここまで勝ち点3で3位につけており、この試合に勝たなければ決勝トーナメントに進出できない。一方のヨルダンは勝ち点4でグループ首位に立っており、引き分け以上で突破が決まる。
試合はお互いに得点を奪うことができずに0-0のまま終了。オーストラリアが勝ち点「4」、ヨルダンが同「5」でグループステージを終えた。
この結果、グループDの首位はUAE、2位がヨルダンに決定した。一方、オーストラリアは3位に終わり、決勝トーナメント進出はならなかった。首位突破のUAEは準々決勝でグループCの2位だったU-23イラク代表と23日に対戦。ヨルダンはグループC首位のU-23韓国代表と同日に対戦する。

続きを読む

【海外の反応】「日本に勝てる」オーストラリア人が見る日本代表戦(W杯アジア最終予選)

※岡崎欠場濃厚のニュース
日本代表は9日、メルボルン市内で冒頭15分のみを公開し、戦術確認などを中心に調整した。6日のイラク戦(埼玉)で左足首を負傷したFW岡崎慎司(30)=レスター=は宿舎で別メニュー調整。11日のロシアW杯アジア最終予選、オーストラリア戦の出場は絶望的になった。負傷者続出で、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、アジア杯王者を相手に想定外のゲームプランを強いられる窮地に陥った。
スパイクを履いて次々に選手がロッカールームからピッチに出てきたが、岡崎は最後まで姿を見せなかった。6日のイラク戦で左足首を痛め、オーストラリア入り初日の8日の練習に続いて完全別メニュー。「ホテルのジムで別メニューで調整していますので、ここには来ません」と日本協会関係者。試合2日前、最も重要な意味を持つ相手を想定した非公開での戦術練習に不参加。W杯予選での対戦成績が4分け2敗と分が悪いオーストラリア戦で、エースストライカーの欠場が決定的になった。

続きを読む

【海外の反応】浦和レッズには行かないで..豪代表デゲネク、同僚セインズベリーに忠告!香川とバルトラがリアルマリオカートに遭遇

FourFourTwo』は16日、「横浜F・マリノスに所属しているオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクは、トレント・サインズバリーについて話した」と報じた。
中国超級リーグの江蘇蘇寧に所属し、昨季はインテルに半年間ローン移籍したサインズバリー。
代表チームではコンフェデレーションズカップに出場するなど中心的な役割を任されているが、江蘇蘇寧は外国人枠の問題で彼をブレーさせにくくなっている。

続きを読む

【海外の反応】「攻撃陣が好調だ」日本代表との大一番を控えた豪州が予備登録30名を発表!!

オーストラリアサッカー連盟は15日、今月下旬から来月上旬にかけて行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に臨む予備登録メンバー30名を発表した。
オーストラリアは最終予選8試合を終えて、4勝4分けの勝ち点「16」。無敗を維持しているが、サウジアラビアと同勝ち点で3位となっている。首位の日本とは1ポイント差で、8月31日の第9節で直接対決に臨む。埼玉スタジアム2002での激突は、まさに大一番となる。
日本戦の後、オーストラリアは9月5日にホームでのタイ戦に臨む。タイは8試合で未だ勝ちなしの最下位に沈んでいる。

続きを読む