クラブ・ワールドカップ

【海外の反応】「やり過ぎだ!」クラブW杯、2021年から24チーム参加に拡大!正式承認に批判殺到!

国際サッカー連盟(FIFA)評議会は15日、2021年からクラブワールドカップ参加チームを24に増やすことを承認した。FIFA公式サイトが伝えている。
FIFAは以前からこれまでのクラブワールドカップを廃止し、4年に一度、24チームが参加するクラブワールドカップを開催することを検討していた。これについて15日の評議会で話し合われ、賛成25票、反対7票で、正式に承認されている。
詳しいスケジュールや出場資格などは今後議論されるとのことだが、2021年は6月17日から7月4日にかけて行われる予定。3チームずつ8つのグループに分かれ、これを勝ち抜いたクラブが決勝トーナメントを戦うことになる。

続きを読む

【海外の反応】「いい加減にしろ」FIFA会長のクラブW杯32チーム構想に批判続出!

[バルセロナ 18日 ロイター] – 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は18日、クラブワールドカップ(W杯)の出場枠を大幅に増やし、開催時期を12月から6月に変更したいとの考えを明かした。
現在のフォーマットでは、クラブW杯には各大陸の王者と開催国王者の計7チームが出場する。インファンティノ会長はスペインメディアに対し、32チームによる1次リーグが行われる欧州チャンピオンズリーグに似たフォーマットへの変更を希望していると述べた。
同会長は「いまやサッカーはヨーロッパと南米だけではない。世界は変わったため、クラブW杯をチームや世界中のファンにとって、より魅力的なものにする必要がある」と語った。

続きを読む

【海外の反応】「まじで凄い」塩谷、レアルから超絶ヘッドでゴール!マドリーが前人未到の世界3連覇達成!

12月22日、レアル・マドリーとアル・アインのクラブワールドカップ決勝が、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムで行なわれ、欧州王者が4-1で開催国王者を破った。
試合は開始直後からオープンな展開となるなか、アル・アインに度々ゴールを脅かされ、準決勝の鹿島戦のようにやや不安定な立ち上がりを見せたマドリーだったが、絶対的な司令塔が先制点を決める。
14分、右サイドからのクロスをボックス内で受けたベンゼマの落としを拾ったモドリッチがバイタルエリアから左足一閃。この狙いすましたシュートがゴール左下隅へと突き刺さった。
続きを読む

【海外の反応】鹿島、南米王者リーベルに完敗でクラブW杯は4位に

FIFAクラブワールドカップ2018は22日、UAEのアブダビで3位決定戦を行い、アジア代表の鹿島アントラーズは南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦し、0-4で敗れた。前半24分にCKから先制を許すと、後半にも3失点。2大会ぶり2度目のクラブW杯は“世界4位”に終わった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-11463882-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「鹿島はレアルをリスペクトしすぎた」ジーコが鹿島の完敗を語る

クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズがレアル・マドリーに敗れたあと、鹿島のジーコ・テクニカルディレクターが自身のSNSのインスタグラム(アカウントは )を更新して、悔しさをぶつけた。
時間が経つにつれて力の差を見せつけられて、完敗を喫した。しかし――勝機はあったのではないか。むしろ、そのチャンスを一瞬の隙から逃したのではないか。
ジーコの悔しさと怒りと、そして選手とサポーターを発奮させようとする想いが伝わる書き込みとなっている。
続きを読む

【海外の反応】「これがレアルだ」鹿島、ベイルが圧巻のハットでレアルに敗戦..土居のゴールで一矢報いる

FIFAクラブワールドカップ2018は19日、UAEのアブダビで準決勝を行い、アジア代表の鹿島アントラーズは欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)と対戦し、1-3で敗れた。鹿島は22日の3位決定戦で南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦。レアルは同日の決勝で前人未到の大会3連覇を懸け、開催国代表のアルアイン(UAE)と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-10748411-gekisaka-socc

続きを読む

「鹿島が勝っても驚かない」世界のレアルファンは鹿島アントラーズ戦をどう見ているのか?【海外の反応】

クラブ・ワールドカップは19日に準決勝が行われ、鹿島アントラーズとレアル・マドリーが激突する。この一戦を前に、スペイン紙『マルカ』がアジア王者を警戒している。
アジア王者としてクラブW杯に臨んでいる鹿島。準々決勝では、北中米カリブ海王者グアダラハラ相手に逆転勝利を収め、準決勝では欧州王者レアルと2年ぶりに再戦することが決まった。
大一番が近づく中、『マルカ』は鹿島のレポートを掲載。「カシマはレアル・マドリー戦を前に何一つヒントを残さない」と題し、初戦で途中出場から1ゴールを挙げたMF安部裕葵に注目している。
続きを読む

【海外の反応】「アジアの誇りだ!」鹿島、安部のゴラッソなどでチバスに逆転勝利!レアルと再戦決定!(クラブワールドカップ)

FIFAクラブワールドカップ2018準々決勝が15日に行われ、鹿島アントラーズとグアダラハラ(メキシコ)が対戦した。
開始3分、イサーク・ブリスエラのドリブル突破を許すとクロスをアンヘル・サルディバルに決められ、立ち上がりに失点を喫してしまう。前半は鹿島の1点ビハインドで折り返す。
鹿島は後半開始からレアンドロに代えて安部裕葵を投入する。すると後半開始早々の49分、土居聖真のグラウンダーのクロスを永木亮太が詰めて同点に追いつく。さらに69分、土居がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。セルジーニョが落ち着いて決め、逆転に成功した。終了間際の84分には途中出場の安部が貴重な追加点を奪う。後半アディショナルタイム、アラン・プリードのPKはクォン・スンテがストップしたが、こぼれ球を押し込まれた。
続きを読む

【海外の反応】2015年、2016年クラブワールドカップ日本開催が決定!

日本サッカー協会(JFA)は23日、クラブチームの世界一を決めるクラブW杯の2015、2016年大会が日本で開催されることが決定したと発表した。同大会が日本で開催されるのは2012年以来3年ぶりとなる。
2015年大会は12月10日(木)から20日(日)まで開催され、各大陸連盟のクラブチャンピオンに開催国代表クラブ
を加えた7チームによってクラブ世界一が争われる。
続きを読む