ゲーム(FIFA/ウイイレ/FM)

海外「進化している」最新作ウイニングイレブン2016のプロモーションムービーとゲームプレイを見た海外の反応

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、全世界累計販売本数が8950万本(2015年3月末時点)を超える人気サッカーゲームの最新作『ウイニングイレブン 2016』 の発売が決定したことを発表した。
『ウイニングイレブン』は、1995年に第1作が発売となり、今年で20周年を迎える。同社は「今作のゲーム内表現や操作性はまさに集大成ともいえる作品」としており、節目の作品となる本作のイメージキャラクターには、バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが起用されている。
イメージキャラクターに起用されたネイマールは、「最新作のイメージキャラクターになれて非常に光栄です。KONAMIのような才能あふれるチームと協力できて、とても嬉しいです。ゲームを開発し、世界最高峰の選手たちのビジュアルやプレーを再現するための多大な努力や労力に圧倒されています。このゲームで自分の姿を見ることを楽しみにしています」とコメントを寄せている。

続きを読む

【海外の反応】FIFA16の日本版パッケージに香川真司とメッシが決定!

EA SPORTSは6日、人気サッカーゲームの最新作『FIFA 16』の日本版のパッケージを日本代表でドルトムントに所属する香川真司が飾ることを発表した。最新版のパッケージには、バルセロナのリオネル・メッシも登場。世界的な2選手が躍動感溢れる姿で、人気サッカーゲームのパッケージを彩る。
パッケージの起用が決まった香川は「クールなパッケージにしていただいて嬉しいです。FIFAシリーズは僕もときどきチームメイトとプレイするので、『FIFA 16』が発売されたら、またチームメイトと楽しみたいと思います。これからもピッチの上でもゲームの中でもみなさんの期待に応えられるように頑張りますので、『FIFA 16』では、ぜひボルシア・ドルトムントを使って楽しんでください」と話した。
合わせて、エレクトロニック・アーツはボルシア・ドルトムントの日本におけるリージョナル・パートナーになったことを発表。この契約によりグローバルでの継続的な提携に加え、『FIFA 16』のみならず、モバイルサッカーシミュレーションゲーム『EA SPORTS FIFA ワールドクラスサッカー 2015』を含めた『EA SPORTS FIFA』シリーズを通じて、ドルトムントの魅力を伝えることを公表している。

続きを読む

【海外の反応】「俺の夢が実現する!」JリーグがFIFA17に?EAとのパートナー契約発表に歓喜する海外のJリーグサポーター

Jリーグは18日、Electronic Arts Inc.とJリーグトップパートナーを締結したことを発表した。
同社とJリーグは今年度から新たに契約を締結したことになる。
Electronic Arts Inc.はアメリカを拠点とする大手ビデオゲーム・コンピューターゲーム会社で、サッカー関連ゲームでは同社のスポーツゲームブランドであるEAスポーツから『FIFA』シリーズを開発・製作。同シリーズはFIFA(国際サッカー連盟)公認のサッカーゲームとして知られ、現在はPlayStation4などで展開している『FIFA16』や、スマホゲーム『FIFAワールドクラスサッカー2016』が最新作となっている。

続きを読む

【海外の反応】「待ち焦がれていた」JリーグのFIFA17搭載決定が世界のファンの間で話題に!

EAは今年9月発売予定の人気サッカーゲームのシリーズ最新作『FIFA 17』に、J1の18チームが収録されることを発表した。J1に所属する全18チームのロゴ、ユニフォーム、選手を完全再現。さらに、ガンバ大阪の新ホームスタジアムの市立吹田サッカースタジアムも搭載されている。
Jリーグの村井満チェアマンは「世界中の人に楽しまれているFIFAシリーズに明治安田生命J1リーグが収録されることを発表する日を迎えることができ、大変嬉しく思っております。日本のJリーグのファン・サポーターはもちろん、世界中の人に、FIFA 17を通じてJリーグの魅力を知ってもらい、楽しんでもらえることを期待しています」と発表の喜びを明かしている。
EA SPORTS FIFAのシニアプロデューサーであるニック・チャノンは「J1リーグとのパートナーシップは、FIFA 17とファンにとって、とても重要なものです」と新作への期待を明かし、「ゲームモードに深みとコンテンツがもたらされ、ゲームはより一層、本物らしく進化しました。そして、世界中のJ1リーグファン、サッカーファンの大きな要望に応えることが出来ました」と続けた。

続きを読む