ドルトムント

【海外の反応】「非常に上手だ」香川真司の同僚の日本語が上手だと話題に!(動画あり)

ドイツ・ブンデスリーガの公式You Tubeがユニークな動画をアップした。
12月23日に登場したのは、ボルシア・ドルトムントのコンビだ。ひとりは夏に入団したデンマーク代表MFトーマス・ディレイニー。そしてその傍らで“教師”を務めているのが日本の誇る至宝、香川真司である。
今回ブンデス公式が作成したのは、「リピート・アフター・ミー(私の後に続いて)~シンジ・カガワと日本語レッスン」と題された企画。冒頭でいきなり香川が画面に現われると、箱からド派手なクリスマス用の衣装を取り出して手際よく着用、バックにはなぜか中国を想起される音楽が流れてしまっている。「12月23日は日本の祝日だが、今回はドルトムントの23番がやって来てくれた。ディレイニーに日本語を教える!」とのナレーションでスタート。懇切丁寧に2つ年下の同僚にレッスンを施した。

続きを読む

【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!

※追記しました
ブンデスリーガ第14節が8日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントがシャルケを2-1で下した。
今季初となった“ルール・ダービー”は7分に試合が動く。マルコ・ロイスのFKにトーマス・デラネイが頭で合わせ、アウェイのドルトムントが先制した。一方のシャルケは61分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果PKを獲得し、ダニエル・カリジューリが決め同点に追いついた。

続きを読む

【海外の反応】「なんて傑作だ」香川真司、先制点を美しくアシスト!(アンデルレヒト戦)

※試合後の反応(ドイツ語)を追記しました
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は1日、各地でグループリーグ第2節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でアンデルレヒト(ベルギー)と対戦し、3-0で快勝した。トップ下でフル出場した香川は前半3分に先制点をアシスト。3点目の起点にもなり、チームの勝利に大きく貢献した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】フンメルス「マン・ユナイテッドへの移籍に心が引かれない」


ボルシア・ドルトムントDFマッツ・フンメルスは、今後もドルトムントからの移籍を検討することはないと主張している。
バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が取りざたされるフンメルス。しかし、ドイツ代表DFは移籍を考慮していないと強調している。同選手の『ブンデスリーガ・マガジン』でのコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

続きを読む

【海外の反応】香川惜しいシュート連発!ドルトムントは終了間際に追いつく!(シュツットガルト戦)

※ドイツ語の反応を追記しました
ブンデスリーガは24日、第5節2日目を行い、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントはホームでDF酒井高徳所属のシュツットガルトと対戦し、2-2で引き分けた。香川、酒井はともにフル出場。前節・マインツ戦でブンデスリーガデビューを果たした丸岡は2試合連続でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「香川、クバを交代で出すべきだった」ドルトムントは終盤に追いつかれヴォルフスブルクとドロー

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは17日、第16節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでボルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。香川はベンチ入りしたが、リーグ戦3試合連続で出番なし。チームも2度のリードを守り切れず、ホーム3連勝を逃した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】香川真司途中出場するも好機活かせず…ドルトムントはブレーメン相手に敗戦

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは20日、第17節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でブレーメンと対戦し、1-2で敗れた。リーグ戦4試合連続のベンチスタートとなった香川は後半開始から途中出場。4試合ぶりの出場を果たしたが、チームは前半戦ラストゲームで最下位相手に敗れ、降格圏の17位に転落した。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】ドルトムントから去るチドンウォンと加入するケヴィン・カンプル

ボルシア・ドルトムントFWチ・ドンウォン(23)が、完全移籍でアウクスブルクに加入することが決まった。両クラブは22日、それぞれのウェブサイトで発表している。
韓国人のFWチ・ドンウォンは、夏にドルトムントに加わったばかりだった。負傷に悩まされ、トップチームでの出場はないまま、クラブ側は同選手の移籍を容認したようだ。アウクスブルクの公式ウェブサイトは、今回3度目に加入が決まったチ・ドンウォンの言葉を伝えている。
「今シーズンの前半戦は負傷などで希望していたとおりにはいかなかったが、再びアウクスブルクのユニフォームを着ることができ、喜んでいる。できるだけ早く調子を取り戻して、チームが目標を達成できるために助けたい」

続きを読む