ネタ系

「マンUは2,3台必要だな」日本のロボットとオバマ大統領のサッカーをみた海外の反応

オバマ大統領は、訪日2日目となる24日、本田技研工業が開発した世界初の本格的な二足歩行ロボット「アシモ」を見学した。
日本科学未来館で大統領を出迎えた「アシモ」は、「大統領にお会いできて光栄です」と英語で挨拶。子供の背丈ほどのロボットは、ぴょんぴょん飛んだり、器用にサッカーボールを大統領にパスするなどその性能を披露した。各メディアの映像では、大統領が「アシモ」からパスを受ける際に「よし!来い!」と話しかけるなど終始笑顔で楽しそうな様子が映っている。
数分間のロボットとの交流後、大統領は「とても感心した」と感想を話した。ただ、「ロボットって少し怖いね。本当に生きてるみたいだった」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)とも語ったという。-

続きを読む

【海外の反応】Jリーグでも?各国のリーグで導入にされるバニシングスプレー

ワールドカップ(W杯)で採用されたバニシングスプレーが、セリエAでも導入されることになった。
バニシングスプレーは、主にフリーキックの際に役立っている。1分ほどで消えるスプレーでピッチにマークをすることで、壁が適切な位置にいるかなどがひと目で分かるようになった。
特許を取得している発明家エイネ・アレマーニ氏は先日、イギリスメディアで、「UEFAは(UEFA管轄の)各リーグで用いることで合意している」とコメント。バニシングスプレーの欧州上陸を明かしていた。

続きを読む