バルセロナ

【海外の反応】「大人になれ」バルサの問題児デンベレ、TVゲームに熱中し過ぎて遅刻..

バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレ(21)の遅刻理由が明らかになった。スペイン『アス』が報じている。
11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節ベティス戦で招集されなかったデンベレ。エルネスト・バルベルデ監督は招集外の理由について明言は避けたが、8日のトレーニングに遅刻したことが原因だったようだ。
8日、練習場に姿がなかったデンベレにクラブスタッフが連絡を取ったが、なかなか電話に出なかった。練習開始の15分前にようやく電話に出たデンベレは腹痛を訴え、医療スタッフが自宅まで駆けつける事態に発展。結局、体調に問題はなかった。

続きを読む

【海外の反応】「無敗バルセロナを倒すのはどこだと思う?」

バルセロナがFWメッシのハットトリックなどで、アウェーでRバリェカノに5-1で圧勝し、リーグ戦9連勝を果たした。さらに、昨年10月から続く公式戦無敗記録を35戦に伸ばし、Rマドリードが88-89年にマークしたスペインのクラブとしての最長記録を更新した。
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1612182.html

続きを読む

【海外の反応】「フェアじゃない」バルセロナ、FIFA規定違反の下部組織5選手が退団うち1人は韓国人選手か

バルセロナは7日、FIFAの規定に対する違反状態を修正するため、下部組織の5選手の所属ライセンスを延長しなかったと発表した。
バルセロナは18歳未満の外国人選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、2014年にFIFAから2度の移籍市場での補強禁止処分を受けた。今年1月と夏の移籍市場で新たな選手を加えることはできず、2016年1月の移籍市場から再び新戦力の登録が可能となる。
登録違反のあった選手たちは公式戦でのプレーを禁じられ、バルサ下部組織では試合に出場できない状態となった。日本の久保兼英くんもその影響でバルサを退団し、今年3月に帰国している。

続きを読む

【海外の反応】「象徴になって欲しい」日本企業がバルセロナのスタジアム・カンプノウ改築を受注!

伝統あるバルセロナの本拠地カンプ・ノウが、日本の技術でさらに進化する。カンプ・ノウの全面改築を日本の建築設計事務所、日建設計が請け負うことになった。スペイン『スポルト』が報じている。
バルセロナは2014年、カンプ・ノウの改修に動くことを決めた。新スタジアム建設の可能性も検討されていたが、クラブの財政を脅かすリスクがあるとのことで、現在のカンプ・ノウを改築する形となっている。
これを請け負う企業を決定する国際コンペティションが8日に行われ、日建設計が勝利を収めたとのこと。2017年着工予定で、2021-22シーズンの完成を目指す。

続きを読む

【海外の反応】「朗報だ」久保建英が古巣バルサの練習に参加,韓国のメッシことイ・スンウにレンタル移籍の報道

FC東京U-18のFW久保建英が、過去に在籍したバルセロナの下部組織の練習に参加した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。
未成年選手獲得に関する規約の問題により、2015年に4年間在籍したバルセロナの下部組織を後にし、その後FC東京の下部組織に加わりプロデビューも果たした久保。『ムンド・デポルティボ』によれば、同選手は先週にバルセロナのカデーテ(14~15歳)Aの練習に参加した。
久保は同練習で、自身の能力をしっかりと示した様子だ。かつてチームメートだった選手たちは「インテリジェンス、タレント、スピード、得点力が並外れたレベルにある」との感想を漏らし、一方でコーチ陣は「インサイドハーフ含めすべての攻撃的ポジションでプレーでき、エリートになるためのすべてを備えている」との見解を示したという。

続きを読む

【海外の反応】「楽天って何?」楽天がバルサの胸スポンサーに決定!世界のバルセロナファンも驚愕!

バルセロナは16日に記者会見を行い、ユニフォームスポンサーがインターネット通販大手の日本企業『楽天』になることを発表した。17-18シーズンから4年契約となる。年間契約金は5500万ユーロ(64億4400万円)。また年間1試合は日本で試合を開催したい考えを明かした。
登壇した楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は「光栄に思います。ユニフォームだけでなく、イノベーションのパートナーとして力になっていきたい。パートナーシップは特別で長く続くことになるのだから」と喜びを語った。
バルセロナは2013年からカタール航空と胸スポンサーの契約を結んでいる。今季もカタール航空がスポンサーとなっているが、以前から新たなスポンサーとして候補に挙がっていた。

続きを読む