レスター・シティ

【海外の反応】出場停止もなし!レスターシティが人種差別発言をした岡崎の同僚への処分を発表

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは13日、人種差別発言をしたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに対する処分をクラブ公式サイトで発表した。
ヴァーディは、レスター市内のカジノで日本人に対する種差別発言をしていた様子を、9日付けのイギリス紙『ザ・サン』に報じられていた。同選手はその報道後すぐに、「私の発言について、心から謝りたいと思います」と謝罪。10日には同選手と話し合いを行った岡崎も謝罪を受け入れ、その後一緒にトレーニングに取り組んでいた。
レスターはヴァーディの発言に関して内部調査を実施。その結果、以下のように声明を発表している。

続きを読む

【英国の反応】「ふざけんな」レフリーに激怒する現地レスター・シティサポーター(ウェストハム戦)

プレミアリーグは17日、第34節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでウエスト・ハムと対戦し、2-2で引き分けた。なお、先発出場の岡崎は4月16日に30歳の誕生日を迎えたが、得点とはならず、後半14分にピッチを後にした。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】レスターのオーナー岡崎ら選手全員にベンツをプレゼント!ナイトの称号にはやり過ぎの声

プレミアリーグ優勝を果たしたレスター・シティのオーナーであるビチャイ・スリバッダナプラバ氏は、所属する30人の選手全員に高級車とラスベガス旅行をプレゼントするようだ。英『デイリー・メール』が報じている。
2日、2位トッテナムがチェルシーと引き分けたことで、2試合を残して首位レスターとの勝ち点差が7で逆転が不可能となり、レスターの初優勝が決まった。
これにはタイ人オーナーも大喜び。選手一人ひとりに、3万2670ポンド(約510万円)のメルセデスBクラスの電気自動車をプレゼントするようだ。総額は100万ポンド(約1億5500万円)になる見込み。さらにラスベガスへの優勝旅行も約束している。

続きを読む

【海外の反応】「JAPは差別語ではない」岡崎慎司の同僚の人種差別発言を擁護するサポーターも

FW岡崎の同僚でレスターのイングランドFWジェイミー・バーディー(28)が、東アジア人と思われる人に人種差別的発言をしたと、9日付の英紙サンが報じた。
7月下旬にレスター市内のカジノで東アジア人と思われる他の男性客に向かって第2次世界大戦中に日本人に対して使われた差別用語である「ジャップ(JAP)」を連呼して、ののしった映像がサン紙によって明かされた。
目撃者によると同選手は、東アジア人と思われる中年の男性に指をさしながら「ジャップ、ヨー! ジャップ、出て行け、出て行け、ジャップ」と数分間に渡り連呼した。その後、この男性はその場を立ち去った。同選手と一緒だったチームメートのFWニュージェントとDFデラートは、暴走したバーディーを止めようとしていたという。

続きを読む

【海外の反応】岡崎途中出場のレスターはドリンクウォーターのゴラッソでリーグ最終戦を引き分けに持ち込む

※試合後の反応を追記しました
昨シーズンの王者チェルシーが今シーズンの王者レスターをホームに迎えて行われる最終節。チェルシーは9位以下で終えることが決定しているが、ホームでの最終戦を勝利で締めくくりたい。対するレスターも優勝を決めたが、勝って華を添えたいところだ。古巣対決となるクラウディオ・ラニエリ監督はジェイミー・ヴァーディをワントップで起用し、岡崎は18試合ぶりにベンチスタートとなった。
チェルシーは開始7分、エリア内右でパスを受けたペドロ・ロドリゲスがカットインから右足でシュート。しかしわずかに枠の右へ逸れた。対するレスターは22分、リヤド・マフレズの浮き玉のパスでヴァーディがエリア内に抜け出し、飛び出したGKの手前でボールを浮かせたが、シュートはゴール左へ外れた。

続きを読む

【海外の反応】「なんて雰囲気だ」レスター優勝パレードに24万人!岡崎も笑顔で参加

※タイトル訂正しました
クラブ創設133年目で奇跡の優勝を果たした、FW岡崎慎司(30)の所属するレスターが16日、祝勝パレードを行った。
チームは動員数を当初10万人と想定し、最高でも18万人と見積もっていたが、BBCによると沿道にはそれを超える24万人が声援を送っていたもよう。

続きを読む