レフリー

【海外の反応】W杯予選で担当した日本人主審をタイ人が痛烈批判!投稿した動画も話題に

W杯アジア2次予選が8日に行われた。有力国が順調に勝ち星を重ねているが、やや波乱となったのはF組のイラクが敵地でタイと2-2で引き分けた。後半4分までに2点を先行したイラクだが、後半35分にPKで1点差に迫られると、同38分に同点弾を喫してしまった。F組は勝ち点7のタイが首位、同4のイラクが2位で追う展開になっている。-
ゲキサカ

続きを読む

【海外の反応】「信じられない」Jリーグで前代未聞の大誤審!得点認められず外国人も困惑..

明治安田生命J1リーグ第12節で湘南ベルマーレは敵地で浦和レッズと対戦したが、思わぬ形で得点を逃してしまった。
湘南の2点ビハインドで迎えた31分、梅崎司の縦パスを受けた杉岡大暉が浦和DFをかわしてから左足を振り抜くと、右のゴールポストに当たって跳ね返ったボールは左のサイドネットを揺らした。浦和GK西川周作も失点を認めてボールをセンターサークルに戻そうとスロー。しかし山本雄大主審と川崎秋仁副審がともにゴールラインを割ったことを認めなかったため、まさかのプレー続行となった。
その後アンドリュー・ナバウトが負傷してプレーが途切れたため、湘南側は猛烈な抗議を見せたが結局判定は覆らず。明らかにゴールラインを割っていただけに湘南にとって厳しすぎる判定となってしまった。

続きを読む

【海外の反応】日本も被害にあった主審の不可解なPK判定に中国のサッカーファンがブチギレ

20日に行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)ベスト16の1stレグ、城南対広州恒大の試合で起きた終了間際のPK判定が現地で物議を醸している。
問題のシーンは後半アディショナルタイムに起きた。95分、城南は左サイドのFKからゴール前にボールを放り込むと、エリア内で相手選手に倒されとの判定が下され、PKを獲得した。映像を見返すと、当該選手同士の接触は軽いように見えるが、広州恒大の抗議も虚しく、キム・ドゥヒョンの決勝弾で城南は2-1の勝利を収めた。

続きを読む

【海外の反応】「幸運を祈るよ」日本の西村雄一主審がワールドカップ開幕戦を担当!

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、ブラジルW杯の開幕戦を担当する審判団を発表し、日本の西村雄一主審、相樂亨副審、名木利幸副審が担当することが決まった。開幕戦は12日にサンパウロで行われ、開催国のブラジルとクロアチアが対戦する。日本の審判団がW杯の開幕戦を担当するのは初めて。第4の審判員はイランのアリレザ・ファガニ氏が務める。―
ゲキサカ

続きを読む