久保建英

【海外の反応】アーセナルとマンCが”日本のメッシ”久保建英獲得に動く?

イギリス紙『デイリーミラー』は5日、バルセロナの下部組織に所属する日本人、久保建英の獲得にアーセナルとマンチェスター・Cと動いていると報じた。
久保が所属するバルセロナは、未成年者の選手獲得についてルール違反があったとして国際サッカー連盟(FIFA)から2回に渡る移籍市場での補強禁止を言い渡された。バルセロナはスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ処分不当を訴えたが、先日棄却されている。(バルセロナは不服としてスイス連邦最高裁へ訴えることを表明している。)
同紙のベン・カーティス記者は、現在13歳の久保が18歳になるまでバルセロナでプレーできなくなるため、家族が別のチームでプレーする可能性を模索していると指摘し、2012年に獲得に乗り出して失敗したアーセナルとマンチェスター・Cが“日本のメッシ”獲得に動いていると伝えている。-

続きを読む

【海外の反応】「この日本人は..」久保建英も選出!世界の17歳を大手チャンネルが特集!

チャンネル登録者数75万人を超える「ScoutNation」が世界の17歳を特集していました

【スペインの反応】「この子の夢が絶たれた」久保建英、バルセロナを退団して日本帰国へ

バルセロナの下部組織に所属する13歳、久保建英くんが同クラブを退団して、日本に帰国するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。
FIFAは昨年4月、バルセロナが18歳未満の外国人選手獲得・登録に違反があったとして、今後2度の移籍市場での補強禁止を決定。違反によって獲得したとされる9選手の一人が久保くんであり、そのために1年半以上も公式戦に出場できない状況が続いていた。久保くんはプレーできない状況に我慢ができず、両親も日本に帰国することを真剣に考慮していたとされる。
久保くんの両親はその後もバルセロナに在籍し続ける可能性を模索したものの、結局は退団することを決断したようだ。久保くんは数日中に日本へと戻る予定で、27日には自身が所属するインファンティル(13~14歳年代)のAチームのチームメートに別れを告げたという。

続きを読む

【海外の反応】「いつか帰ってきて欲しい」久保建英のFC東京下部組織加入決定を聞いたバルセロナサポ

東京五輪の星がFC東京入りした。FC東京の大金直樹社長(48)は14日、バルセロナの下部組織に所属していたMF久保建英(たけふさ、13)が同クラブのジュニアユースに入団したことを明かした。この日までにFC東京U―15むさしへの登録が完了した。
久保は11年にバルセロナのテストに合格。動画サイトで卓越したテクニックが世界中で話題を呼び、“メッシの再来”と注目を集めた。だが、バルセロナがFIFAから18歳未満の選手の国際移籍や登録に違反があったとして14年に処分を受け、久保は1年以上も試合に出場できない状況が続いていた。4月上旬からFC東京の練習に参加し、入団が正式に決まった。
大金社長は「17日の試合にも出られる」と、早ければ17日の関東ユース(U―15)リーグの大宮ジュニアユース戦でデビューすることを示唆。「いずれは日本代表、五輪代表を背負ってほしい」と期待した。

続きを読む

【海外の反応】「唯一の心配はタケだ」久保建英バルセロナ退団も…CASがFIFAの処分支持で日本帰国か

サッカーのスペイン1部リーグ・バルセロナの下部チームに所属している13歳の久保建英(くぼ・たけふさ)が同クラブを退団するとの見方が出てきた。31日のスペイン紙エル・ムンド・デポルティボが伝えた。
30日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が、バルセロナが2015年中に選手を獲得することを禁じている国際サッカー連盟(FIFA)の処分を妥当だと判断したもの。問題の発端は同クラブのスペイン外からの未成年選手の登録に違反があったとするもので、バルサ下部組織では久保を含む7選手(※注)が試合出場を禁じられている。
同紙によると久保は、最近1年半の間、試合に出られず練習だけで、父は日本に居て、母がバルセロナという状況での生活を強いられている。現在はクリスマス休暇で日本へ一時帰国しているが、CASの決定により状況が好転しなければ、そのままバルセロナへ戻らない可能性があることを関係者に伝えているという。

続きを読む

【海外の反応】「日本の未来だ」久保建英、J1初ゴール!17歳2か月22日はJ1歴代2位!

横浜F・マリノスのMF久保建英がJ1初ゴールを決めた。スコアレスの後半11分、左足で豪快にゴールネットを揺らした。ゴール後は一目散にベンチ方向に駆けだし、アンジェ・ポステコグルー監督に飛びついて喜びを爆発させた。
なお17歳2か月22日でのJ1での得点は、FW森本貴幸(当時東京V)の15歳11か月28日に次ぐ歴代2位となった。
MFアンドレス・イニエスタとの“元バルセロナ対決”に注目が集まり、ともに先発した試合だったが、日本の17歳が先に魅せた。

続きを読む

【海外の反応】元バルサ久保建英、FC東京トップ登録中学生Jリーガーへ

21世紀生まれのJリーガーが誕生する! サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(たけふさ、15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。東京が今月16日までに登録する方針を固めたもので、スペインの名門バルセロナの下部組織でプレーした20年東京五輪のスター候補が、早くもJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。出場となれば04年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生選手で、01年以降の生まれでは初めてとなる。
今季終盤戦を迎えるJリーグに明るい話題が舞い込んできた。東京U-18に所属する久保が、トップチームに登録されることが分かった。Jリーグ関係者は「その方向で準備しているようだ」と明らかにし、すでに本人と親に通達済みの模様。16日までに登録を完了する。J1での出場は可能だが、まずはセカンドチームの東京U-23としてJ3で起用される見通し。東京五輪のスター候補が、中学生にしてJリーグの舞台に立つことになった。
中学3年生ながら、今季から飛び級で高校生年代のU-18に昇格した。体格差を感じさせないプレーで、高校年代最高峰の高円宮杯プレミアリーグに出場。8月には日本クラブユース選手権で得点王に輝き、日本一に貢献した。バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得に登録違反があったとされ、公式戦出場ができなくなったため、昨年5月に東京U-15むさしに加入。18歳になればバルセロナに呼び戻される可能性がある逸材で、着実に成長している久保に対し「育成クラブ」を自負する東京も英才教育を施す。

続きを読む