南野拓実

【海外の反応】「代理人といるのを見た」南野拓実、オーストリア強豪ザルツブルクへ移籍か!?

C大阪のMF南野拓実(19)が今冬、オーストリアの強豪ザルツブルクに移籍する可能性が22日、高まった。
近く正式オファーが届くことが確実となり、年内にも代理人とC大阪側が移籍を前提にした交渉の場を持つ。
ザルツブルク側は、19歳の若手選手としては異例の移籍金125万ユーロ(約1億8750万円)以上を準備しているものとみられ、一気に正式決定する可能性がある。

続きを読む

【オーストリアの反応】「夢のようだ」南野拓実、3人抜きからゴール!現地サポが絶賛!(オーストリア・ウィーン戦)

日本代表FW南野拓実が公式戦2試合連続でゴールを挙げた。所属するザルツブルクは11日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節でオーストリア・ウィーンと対戦。南野は後半22分に出場し、後半アディショナルタイム4分にチーム2点目を決め、2-0の勝利に貢献した。
後半22分に出場した南野は同41分、PA左でボールを奪ってドリブル突破。角度のないところから左足シュートを放つと相手GKにブロックされるが、こぼれたところをMFザベル・シュラーガーが押し込み、ザルツブルクの先制点となった。
さらに、1-0で迎えた後半アディショナルタイム4分過ぎ、PA手前から一気に加速すると、相手3選手をドリブルでかわしていく。PA内に進入し、左足を振り切ってゴールネットに突き刺した。

続きを読む

【海外の反応】「日本のワンダーキッドだ」衝撃ハットの南野、ELの週間MVPとベスト11に選出!

ザルツブルクの南野拓実がヨーロッパリーグの週間最優秀選手に選出された。
8日に行われたUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第4節で、ザルツブルクはローゼンボリとアウェーで対戦。この試合に先発で出場した南野は、開始早々の6分に先制点を挙げると、20分、45分にも追加点を奪い、前半だけでハットトリックを記録する。その後78分までプレーした同選手の貢献もあり、ザルツブルクは5-2で勝利し、グループステージ4連勝を飾った。
欧州サッカー連盟(UEFA)は9日、第4節のベスト11と最優秀選手賞を発表。チーム・オブ・ザ・ウィークでは、南野が2トップの一角としてアポロンのエミリオ・ゼラヤとともに選手される。さらに、ハットトリックを奪ったことを評価され、プレーヤー・オブ・ザ・ウィークにも輝いた。

続きを読む

【海外の反応】「神だ」南野拓実、圧巻のハットトリック!世界のファンが絶賛!

※追記しました、タイトル変更しました
UEFAヨーロッパリーグ、グループリーグ第4節ローゼンボリvsザルツブルクの一戦で、南野拓実がハットトリックの活躍を見せた。ザルツブルクを5-2の勝利に導いた南野に対し、現地メディアも称賛の内容で伝えている。
オーストリア『ORF』は「この日本人は偉大だった。とりわけ2点目に決めた後方からフィードをダイレクトで流し込んだボレーは見る価値があった」と紹介。ハットトリックの活躍を伝えながらも、2点目に見せた南野のシュート技術が卓越したものだったと強調している。

続きを読む

【海外の反応】「脱帽だ」南野拓実、決勝ゴール!現地サポが称賛!(セルティック戦)

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第2節が4日に行われ、FW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)はホームでセルティック(スコットランド)に3-1で勝利した。スタメン出場の南野は0-1の後半10分に同点ゴールのきっかけを作ると、同16分には自ら逆転弾を奪取。今大会初得点を挙げ、チームの開幕2連勝と単独首位浮上を導いた。第3節は25日に開催され、ザルツブルクは本拠地でローゼンボリ(ノルウェー)、ライプツィヒは敵地でライプツィヒ(ドイツ)と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-02388890-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「カンプルになってくれ」南野拓実、レッドブル・ザルツブルクへ完全移籍決定…時期尚早との声も

セレッソ大阪は6日、FW南野拓実が2月2日付けでオーストリアのザルツブルクへ完全移籍することを発表した。
19歳の南野はC大阪の下部組織出身。2013年にはJリーグのベストヤングプレーヤーに選出された。昨シーズンはJ1で30試合に出場して2得点を記録している。また、各年代の日本代表でもプレーしており、リオデジャネイロ・オリンピックを目指すU-22日本代表でも中心選手としての活躍が期待されている。
移籍に際し、南野はクラブ公式HPで次のようにコメントした。

続きを読む

【オーストリアの反応】南野拓実、公式戦初ゴール含む2得点1アシストの活躍!(アドミラ・バッカ―戦)

オーストリア・ブンデスリーガは4日、第23節を行い、MF南野拓実の所属するザルツブルクは敵地アドミラ・バッカ―と対戦し、4-1で勝利した。3試合ぶりに先発出場した南野は、公式戦初ゴールを含む2ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。
1-0で迎えた前半37分に自らのシュートのこぼれに反応。右足でセレッソ大阪からの移籍加入後初ゴールを決めると、後半24分には再びGKが弾いたボールを拾った南野が右足シュートを決め、3-0に突き放した。その後に1点を返されるも、終了間際の45分には左クロスで4点目をアシスト。2得点1アシストで勝利の立役者となった。
ウィーンのスポーツサイト『スポーツネット』では南野をマン・オブ・ザ・マッチに選出。「新加入の南野拓実は、特徴を十二分に発揮していた。この若者がオーストリア・ブンデスリーガに適応するのに時間はかからなかった」と高く評価。

続きを読む