吉田麻也

【海外の反応】左CB吉田麻也、完封に貢献し現地サウサンプトンサポは上々の評価

プレミアリーグは23日、第3節を各地で行った。DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でワトフォードと対戦し、0-0で引き分けた。ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ第1戦で右サイドバックで出場した吉田はこの日、3バックの左でフル出場している。
開幕から1分1敗と勝利のないサウサンプトン。この日は昇格組ワトフォードとの一戦で初勝利を掴みたいところ。しかし、ここまで攻撃を引っ張っていたFWサディオ・マネが再三の激しいタックルに負傷し、前半25分に交代を余儀なくされた。
サウサンプトンは前半27分、FWシェーン・ロングが右から切れ込んで左足シュートも威力はなく、GKに止められる。後半5分には、FWグラツィアーノ・ペッレが強烈な右足シュートもGKに弾き出され、ゴールが遠い。

続きを読む

【海外の反応】吉田麻也、ヘディングでゴール!スタメン奪取に向けて好アピール!(フェイエノールト戦)

※少しですが追記しました
日本代表DF吉田麻也が所属するプレミアリーグのサウサンプトンは23日、オランダ・エールディビジのフェイエノールトと親善試合を行った。
来シーズンのヨーロッパリーグ出場を懸けてプレイオフに臨むサウサンプトン。1stレグを7日後に控えるため、急ピッチでチームを仕上げていかなくてはならないが、この試合では実に盤石な戦いぶりを見せた。

続きを読む

【海外の反応】「頼もしかった」完封勝利に貢献した吉田麻也を現地セインツサポが賞賛!(フィテッセ戦)

ヨーロッパリーグ(EL)は30日、予選3回戦第1戦を行い、DF吉田麻也の所属するサウサンプトン(イングランド)はフィテッセ(オランダ)と対戦し、3-0の勝利を収めた。吉田は先発フル出場で勝利に貢献した。
試合を動かしたのはホームのサウサンプトンだった。前半36分、FWサディオ・マネのスルーパスに反応したFWグラッツィアーノ・ペッレが豪快なシュートを突き刺して先制に成功。さらに同45分にはマネがPA内でファウルを誘ってPKを獲得すると、これをMFドゥサン・タディッチが冷静に蹴り込んでリードを2点差に広げる。
サウサンプトンが2-0とリードしたまま後半を迎えると、後半39分にサウサンプトンがダメ押しゴールを奪取する。高い位置でボールを奪ったFWシェイン・ロングが独走。突破は相手GKにストップされたものの、こぼれ球に反応したMFフアンミのクロスをロングがヘッドで叩き込んでネットを揺らした。守備陣もフィテッセの反撃をしのぎ切り、サウサンプトンが3-0の完封勝利を収めた。-

続きを読む

【海外の反応】「マンオブザマッチだ」吉田決勝ゴール!現地セインツサポが称賛!(ウェストハム戦)

プレミアリーグは6日に第25節を行った。DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでウエスト・ハムと対戦し、1-0で勝利した。
試合は前半9分に動く。サウサンプトンは右サイドを崩し、エリア右からMFビクター・ワニャマが中央に送ったボールを勢いよく走りこんだ吉田が右足ダイレクトでゴールに流し込み、先制点。後半9分にはワニャマが一発退場で数的不利に陥ったが、最後まで吉田の1点を守り抜き、1-0で逃げ切った。
勝利に貢献した吉田はリーグ戦では12月12日の第16節クリスタル・パレス戦以来、9試合ぶりの先発出場。今季の得点は10月28日のキャピタル・ワン杯4回戦アストン・ビラ戦以来、公式戦2得点目となった。

続きを読む

【海外の反応】吉田麻也に強力ライバル!オランダ人DFファン・ダイクのサウサンプトン移籍が決定

日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは、イングランドの移籍市場最終日の1日にセルティックからDFビルヒル・ファン・ダイク(24)を獲得している。
サウサンプトンは、1日にクラブ公式サイトを通じてファン・ダイクの加入を発表。契約期間は5年となる。
ファン・ダイクは、移籍に際して次のように喜びのコメントを発している。

続きを読む

【英国の反応】「賞賛に値する正直さ」ミスを認めた吉田麻也

プレミアリーグは25日、第34節を各地で行い、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンはホームでトッテナムと対戦した。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を争う6位と7位の直接対決。順位を逆転したいサウサンプトンはFWグラッツィアーノ・ペッレのゴールで2度リードするも守備が堪え切れずに、2-2で引き分けた。吉田は3試合連続で先発出場している。-
ゲキサカ

続きを読む

【英国の反応】先発して完封に貢献した吉田麻也を現地サポが高評価!(ハル・シティ戦)

プレミアリーグは11日、各地で第32節を行い、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンはハル・シティと対戦し、2-0で勝利している。吉田は4試合ぶりに先発でピッチに立つとフル出場し、チームの勝利に貢献している。
試合が動いたのは後半だった。途中出場したMFジェームズ・ワード・プラウズがPA内で倒されてPKを獲得。これを自ら決めて、サウサンプトンが1点を先行した。さらに後半36分には、FWグラッツィアーノ・ペレの15試合ぶりとなるゴールもあり、サウサンプトンが2-0で勝利。勝ち点を56に伸ばし、昨シーズン樹立したクラブ記録に並んでいる。-
ゲキサカ

続きを読む