堂安律

【オランダの反応】「本田っぽい」G大阪の18歳MF堂安律のプレー集を見た現地PSVサポーター

複数のオランダメディアは20日、同1部リーグで2連覇中のPSVが、G大阪のU―19日本代表MF堂安律(18)の獲得に、興味を示していると報じた。PSVのブランツTD(テクニカルディレクター)が堂安への興味を認め、期限付き移籍での獲得を目指している。さらに、かつてPSVやバルセロナ、オランダ代表でも活躍したフィリップ・コクー監督(45)が獲得を希望しているという。
一方でG大阪の梶居勝志強化部長は「そういった話は聞いていない。(堂安の)代理人のところに話が届いているのでは」と語り、近日中にも堂安本人と話し合いの場を持つ方針を示した。日本代表MF宇佐美の今夏移籍が決定し、J3で得点ランキング3位タイの5得点を挙げている堂安に新たなエース候補として期待を寄せている。
http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20160621-OHT1T50173.html

続きを読む

【海外の反応】「凄くなってる」堂安律、リーグ唯一の驚異的スタッツを残す!


スレッドから海外の反応をまとめました
<ワトフォードサポ>

続きを読む

【オランダの反応】「ワールドクラスだ」堂安律、スーパーゴール!現地サポが絶賛!

現地時間5月12日にエールディビジ第34節が行なわれ、フローニンヘンはフォルトゥナ・シッタルトとホームで対戦。2-0で勝利した。フローニンヘンの堂安律は右サイドハーフで先発し、勝利に貢献した。
中盤でのせめぎ合いが続いた末の39分、ポール・グラドンのゴールで先制したフローニンヘンは始終主導権を握って試合を支配するが、なかなか追加点を奪えない。
前半を折り返した53分、中盤右サイドでボールを受けた堂安は中央に切り込みながらDFをかわし、迷うことなく左足を振り抜く。30m超の距離から放ったそれは、ゆるやかな弧を描きながらゴール左上ポストに当たり、吸い込まれた。

続きを読む

【海外の反応】「明日のスターだ」U20日本代表、堂安のスーパーゴールでイタリアに追いつきW杯ベスト16進出決定!

※追記しました
U-20日本代表は27日、U-20W杯グループリーグ第3節でU-20イタリア代表と対戦した。前半7分までにイタリアに2点のリードを許した日本だが、同22分にMF堂安律(G大阪)の得点で1点を返すと、後半5分に再び堂安がネットを揺らして同点に追い付く。その後スコアは動かずに2-2のドロー決着。日本はグループ3位となったものの、各グループ3位の上位4チーム以内に入ることが確定し、決勝トーナメント進出を決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-01640224-gekisaka-socc

続きを読む

【オランダの反応】「日本のメッシのようだ」堂安律を見る現地アヤックスサポーター

欧州屈指の名門が日本の誇るレフティーにほれ込んだ。オランダリーグの関係者によると、アヤックスが堂安の獲得に向けて、本格調査を始めたことが分かった。U―20W杯期間中も現地にスカウトを送り込み、徹底マークするもようだ。昨年夏に正式オファーを出した同じくオランダの強豪・PSVも継続的に調査を続けており、オランダのビッグクラブが争奪戦に発展する可能性もある。
U―20日本代表で右サイドMFのレギュラーを務める堂安は、高い技術とフィジカルの強さを併せ持つアタッカー。最大の武器である左足からのシュートやパス、力強いドリブルにも優れ、日本の攻撃をまとめる存在だ。今季は所属のG大阪でも出場機会を増やし、リーグ戦8試合3得点。5日の清水戦後には視察した日本代表のハリルホジッチ監督(65)が「非常に能力が高く、若くて面白い選手」と絶賛するなど、頭角を現している。
世界にも認知され始めている。米スポーツ専門局「ESPN」は、U―20W杯注目の10人の中に、バルセロナの下部組織で育ったFW久保や韓国代表FWイ・スンウらを抑え、アジア人で唯一選出した。昨年のU―19アジア選手権では大会MVPを獲得し、昨年末にはアジア最優秀ユース選手賞も受賞。名実ともにアジアの若手の有望株だ。

続きを読む

【海外の反応】「日本人コンビを見たい」堂安律、プレミア移籍の噂!?現地サポーターの反応は..

森保ジャパンのレギュラーに成長した堂安律には、以前から取り沙汰されていたオランダの強豪に加え、プレミアリーグのクラブも興味を示しているようだ。
4月30日、イタリアの移籍専門メディア『Calcio Mercato』は、エールディビジのフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律に対して、「(オランダの2強)アヤックスとPSVに加えて、プレミアリーグのサウサンプトンが獲得を望んでいる」と報じた。
この報道に反応したのが、英メディア『HITC』でニューカッスルを担当しているダニー・オーウェン記者だ。

続きを読む

【オランダの反応】「黄金の価値がある」堂安、実戦デビューで鮮烈2ゴール!現地サポも大興奮!

フローニンゲンが9日、練習試合でオランダ8部所属のVVアネンと対戦した。MF堂安律は後半から出場して実戦デビューを飾ると、2得点を上げる活躍を見せて10-0の勝利に貢献している。
後半から攻撃的なポジションで投入された堂安は、デビュー早々右サイドを突破し、もう少しでアシストとなる惜しいボールを供給。【動画 https://streamable.com/h0pod】
すると味方FWのポストプレーから中央でボールを受けるとダイレクトで強烈なシュートを突き刺し、チーム5点目を獲得。終盤には右サイドを突破し、左足でファーサイドに流し込む形でチーム9点目となるゴールを決め、実戦デビュー戦で2ゴールと結果を残した。

続きを読む

【オランダの反応】「並外れている」堂安律に拍手喝采!MOMに選出!現地サポが称賛!

エールディビジ第12節が19日に行われ、MF堂安律の所属するフローニンゲンがホームでフィテッセに4-2で勝利した。フローニンゲンはリーグ戦の連敗を3で止めると、6試合ぶりとなる今季3勝目を挙げた。7試合連続で先発出場した堂安は、後半44分まで出場した。
“華麗なオウンゴール”が試合の流れを変えた。フィテッセが1点リードで折り返した後半14分、右サイドライン際でフィテッセのDFファンカティ・ダボがクリアを試みる。これがゴール方向に飛んでしまうと、GKの頭上を抜けるループシュートになってゴールネットに収まった。
ゴール前に詰めようと走り込もうとしていた堂安も両手をあげてゴールをアピール。その後再び勝ち越しを許したフローニンゲンだったが、後半20分のFWウサマ・イドリッシ、同33分のFWミムン・マヒ、同37分のFWトム・バン・ウェアートのゴールで逆転勝ちに成功した。

続きを読む

【オランダの反応】「真珠だ」堂安律がロッベンやスアレスに並ぶ偉業!現地サポが称賛!

MF堂安律が今季リーグ戦5点目を奪った。
16日に敵地で行ったVVV戦に6試合連続で先発した堂安は、前半2分の失点によって1点ビハインドで迎えた同15分、中央の縦パスを受けると、ゴール中央でDFを外して左足を振り抜く。ゴール左に吸い込まれる同点弾なった。
堂安のゴールは1月21日のビレム戦以来で5試合ぶり。試合はこのまま1-1で終了。チームは2戦連続ドローで6戦未勝利。堂安は後半41分で交代となり勝利に導くことは出来なかったが、ゴールという結果で存在感は示した。

続きを読む

【オランダの反応】「復活だ」堂安律、芸術的アシストでゴールを演出!現地サポから称賛続出!

鮮やかなアシストで先制点を演出したのが、フローニンヘンの堂安律だ。
オランダ・エールディビジの第32節、堂安律と板倉滉が所属するフローニンヘンは、中山雄太のいるズウォーレのホームに乗り込んだ。
4-3-1-2のトップ下で先発した堂安は、序盤から積極的にボールに絡んで次々にチャンスを作り出す。

続きを読む