宇佐美貴史

【ドイツの反応】「スーパーだ」宇佐美貴史、ゴラッソで今季初ゴール!現地サポが称賛!

現地時間11月10日に開催されたブンデスリーガ第11節、デュッセルドルフ対ヘルタ・ベルリンの一戦は、日本代表MF宇佐美貴史が、今シーズンのブンデスリーガで初ゴールを決めた。
公式戦3試合連続で先発出場を飾った宇佐美に最大の見せ場が訪れたのは、スコアレスで迎えた50分だった。
ボランチのアダム・ボツェクが大きく左サイドに展開すると、このボールをオーバーラップした左SBのニコ・ギーセルマンがダイレクトでゴール前に折り返し、エリア内でフリーになっていた宇佐美へ。これを右足で落ち着いてトラップした日本代表MFは、間髪入れずに左足一閃! 完璧な軌道を描いたボールはゴール右上に突き刺さった。

続きを読む

【海外の反応】宇佐美貴史の珍ゴールガンバ大阪対アルビレックス新潟

J1は26日、第1ステージ第7節最終日の1試合が行われ、G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)がホームの万博記念競技場で行われた新潟戦で自身初の5試合連続ゴールを決めた。
宇佐美が頭脳的なプレーで1点をもぎ取った。0―0で迎えた後半開始早々の3分だ。自らのドリブル突破がファウルで止められ、ペナルティエリア手前の右サイドでフリーキックを獲得。
これを蹴った元日本代表MF遠藤のボールは相手GK守田にがっちりキャッチされたが、宇佐美は諦めていなかった。味方のフィールドプレーヤーに指示を出すことに集中していた守田の背後に息を殺して身を潜ませると、宇佐美の存在に気づいていない守田がボールを手から離した瞬間に回り込んでボールをかっさらい、右足を一閃(せん)。ボールはゴール右上に突き刺さる劇的な先制ゴールとなり、自身初の5試合連続弾となった。

続きを読む

【海外の反応】「天才だ」2得点の宇佐美貴史を海外のサッカーファンが絶賛!(FCソウル戦)

3年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うガンバ大阪は、FCソウル(韓国)との決勝トーナメント1回戦に臨んだ。敵地での第1戦を、エースFW宇佐美貴史のスーバーゴールで先制すると、DF米倉恒貴が加点。終盤には宇佐美が2点目を決め、アウェーゴールを3つ重ねる3-1の快勝を飾った。-
ゲキサカ

続きを読む

宇佐美のブンデス再挑戦報道がドイツ人サポーターの間でさまざまな反響を呼ぶ【ドイツの反応】

日本代表FWでG大阪の宇佐美貴史(23)に、ドイツ1部シュツットガルトが獲得の有力候補としてリストアップし、近日中にも正式オファーが届く。
同ブレーメンやスペイン1部バレンシアなど複数の欧州クラブも興味を示しており「ポジティブに捉えたい」と今冬の欧州再挑戦に意欲的。この日は、ランニングやボール回しなどで汗を流した。
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20151109-OHT1T50235.html

続きを読む

【オランダの反応】「最高の補強になる」宇佐美獲得に期待を膨らませる現地PSVサポ..一部には疑問の声も

今冬の欧州移籍が確実視される日本代表FW宇佐美貴史(23=G大阪)に関し、オランダの名門PSVが移籍先の有力候補に挙がっていることが分かった。関係者によればPSVは宇佐美を高く評価し、既に正式オファー。宇佐美も前向きに検討しているという。
宇佐美の移籍先にオランダの名門が急浮上した。複数の関係者によれば、22日までにPSVが来年1月の獲得へ向けて正式オファーを出したことが判明。宇佐美に対しては、マルセイユなども正式オファーを出しているが、PSVは来年2月から始まる欧州CL決勝トーナメントへ出場するとあり、ここに来て有力候補になっているという。
PSVはアヤックス、フェイエノールトと並ぶオランダ3大クラブの一つ。リーグ優勝22回を誇り、87~88年シーズンには欧州チャンピオンズ杯(欧州CLの前身)を制した欧州屈指の強豪だ。かつて元ブラジル代表FWロナウドやロマーリオといった名選手がプレーしたことでも知られる。

続きを読む

【ポルトガルの反応】「新フッキだ」「違う」宇佐美貴史獲得にポルトが関心!?現地サポも興味津々!

ポルトガルメディア『ムルティデスポルト』が、ポルトがガンバ大阪のFW宇佐美貴史の獲得に興味を持っていると報じた。
同メディアによると、ポルトはアトレティコ・マドリーに移籍したFWジャクソン・マルティネスの後釜の獲得が急務となっており、得点力不足を打開するために、J1リーグで今季16ゴールを挙げるなど絶好調の宇佐美に白羽の矢を立てているのだという。
また、かつてJリーグでプレーし、ポルトで大成功を遂げたブラジル代表FWフッキを引き合いに出して、Jでの実績に太鼓判を押している。

続きを読む

【ドイツの反応】「本当に楽しみだ」宇佐美貴史、アウクスブルクへの完全移籍が決定!

ガンバ大阪は20日、日本代表FW宇佐美貴史のアウクスブルクへの完全移籍がクラブ間合意に達したことを発表した。
アウクスブルクは今シーズンのブンデスリーガで9勝11分け14敗の勝ち点38、12位でフィニッシュした。ヨーロッパリーグでは決勝トーナメント1回戦でリヴァプールに2試合合計0-1で競り負け、ベスト32で敗退している。同クラブには2010年末から2012年6月までMF細貝萌(現ブルサスポル)が所属しており、宇佐美は史上2人目の日本人選手となる。
G大阪は今回の発表で、宇佐美の移籍前ラストゲームが25日の明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第17節の名古屋グランパス戦(市立吹田サッカースタジアム)となることを伝えている。同試合終了後にセレモニーが実施される予定となっている。-

続きを読む

【ドイツの反応】「王の帰還だ」宇佐美、デュッセルドルフへ再加入決定!歓喜する現地サポーター

双方にとって待ちに待った瞬間が訪れた。ドイツ1部のフォルトゥナ・デュッセルドルフは日本代表MF宇佐美貴史の再獲得を発表。結果的に、アウクスブルクからの期限付き移籍を1年延長する形で決着を見た。

昨シーズン開幕からフォルトゥナの一員として奮闘した宇佐美は、とりわけ後半戦に調子を上げ、8得点・3アシストをマークしてチームの1部昇格に貢献。サポーターの絶大な支持を得て、選手本人も優勝セレモニーで「僕はここが大好きなのでかならず戻ってきます」と宣言していた。

続きを読む