清武弘嗣

【海外の反応】清武への影響必至か?セビージャのエメリ監督とモンチSDがPSGへ?

セビージャを率いるウナイ・エメリ監督が、パリ・サンジェルマンの監督就任に近づいていることが明らかになった。7日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。
同紙によると、パリ・サンジェルマンはチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指すため、監督交代を決断した模様。セビージャでヨーロッパリーグ3連覇を達成したエメリ監督に白羽の矢を立てたようだ。
これによって、2013年からパリ・サンジェルマンを率いているローラン・ブラン監督の退任が確実となった。4シーズン連続でCLベスト8に終わった同監督は、今年2月に契約を2年間延長し、パリ・サンジェルマンと2018年6月30日まで契約を結んでいた。

続きを読む

【ドイツの反応】「今日の彼は黄金の価値がある」1ゴール1アシストの清武弘嗣を現地サポーターが称賛!

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは7日、第11節1日目を行い、MF清武弘嗣、DF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF細貝萌、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。清武、酒井、細貝、原口はそろって先発出場。史上初となる日本人4選手同時出場が実現した試合で清武が1ゴール1アシストを記録した。-
ゲキサカ
続きを読む

【ドイツの反応】「ついにキヨが最高のプレーを」清武弘嗣の美しいフリーキック弾を現地サポはどう見たのか?

ブンデスリーガは25日、第9節を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF香川真司の所属するドルトムントと対戦し、1-0で競り勝った。清武は後半16分に直接FKで決勝点。移籍後初ゴールでチームを4試合ぶりの勝利に導いた。
ブンデスリーガ公式サイトはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに清武を選出。「直接FKでハノーファーでの初ゴールを決めた。この日の決勝点を決めるのに、枠内シュート2本で十分だった」と評価した。
ドイツ紙『ビルト』は清武に2点の高評価。最高点は再三の好セーブを見せたGKロン・ロバート・ツィーラーの1点だった。なお、後半21分から途中出場した香川には4点を付けている(採点方式は1~6で評価され、1が最高点、6が最低点)。-
続きを読む