移籍情報

【海外の反応】「誰だ?」板倉滉、マンCに電撃移籍!フローニンゲンにレンタル発表!

オランダ1部フローニンゲンは14日、U-22日本代表DF板倉滉(21)が加入すると発表した。川崎フロンターレからマンチェスター・シティに完全移籍した上で、20年夏までの期限付きで移籍する。公式サイトと公式ツイッターが、板倉の加入合意と15日の現地入り予定を伝えている。
板倉は、A代表の経験がないためイングランドでの選手登録に必要な労働許可証の取得が困難。昨季プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティに、日本人で初めて保有権を移した上で、まずは欧州の他クラブで武者修行することになっていた。
川崎フロンターレの下部組織出身で、15年にトップ昇格。186センチの長身を生かした空中戦と、川崎フロンターレで鍛え抜かれた足元の技術に定評があった。東京五輪世代のU-23アジア選手権では主力として得点もマーク。昨夏のジャカルタ・アジア大会でも活躍していた。昨季は出場機会を求め川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍し、リーグ戦24試合3得点。天皇杯ではクラブ初の準優勝に貢献した。

続きを読む

【フランスの反応】「W杯で活躍してた」昌子源、トゥールーズ移籍決定!期待を寄せる現地サポーター

トゥールーズは4日、鹿島アントラーズに所属する日本代表DF昌子源(26)と契約したことを正式に発表した。契約期間は2022年まで。背番号は鹿島時代と同じ『3』をつける。
昌子は米子北高から2011年に鹿島へ加入。クラブ通算224試合で11得点を記録し、J1リーグ、ルヴァン杯、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝など6個のタイトル獲得に貢献した。また、2015年3月には日本代表デビューを飾り、今夏のロシア・ワールドカップにも出場。国際Aマッチ通算15試合で1得点を記録している。
昨年12月29日に鹿島がクラブ間合意を発表していたが、4日にトゥールーズもクラブ公式サイトで獲得を発表。「クラブ史上初の日本人プレイヤーとなる昌子源選手の加入を歓迎します」と記した。

続きを読む

【海外の反応】「アメリカか日本に行くべきだ」ヤヤ・トゥーレ、3カ月でオリンピアコスから退団..今後の去就は未定

オリンピアコスは、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレと契約解除に至ったことを発表した。
昨シーズン終了後にマンチェスター・シティを退団したトゥーレは、ジョゼップ・グアルディオラ監督にリベンジするためにプレミアリーグでプレーを続行したいと話していたものの、9月にギリシャの強豪オリンピアコスに加入する。
移籍当初は古巣に帰還した喜びをあらわにしていたトゥーレだったが、控えに回ることが中心でわずか5試合しか出場機会を得られず、さらに直近の5試合ではベンチ外に。そして、加入してからわずか3カ月後の11日、オリンピアコスと同選手は契約を解消することが決まった。

続きを読む

【海外の反応】ユナイテッドのナニがレンタルでスポルティング・リスボンへ復帰!

マンチェスター・ユナイテッドは19日、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(24)の獲得について、スポルティング・リスボンと合意に達したことを発表した。
スポルティングは同日、ロホのユナイテッド行きを発表していたため、両クラブが取引を認めた形となっている。
ユナイテッドは現時点で詳細を記していないが、スポルティングはMFナニをレンタルで獲得することを明かした。移籍金は2000万ユーロと伝えられている。

続きを読む

【フランスの反応】「日本人選手は..」昌子源、仏1部トゥールーズ移籍報道に現地サポは..

フランス1部のトゥールーズが、鹿島のDF昌子源(25)の獲得に動いていることが分かった。複数の関係者によれば、既に金銭面での細かな条件を含む正式オファーを鹿島に送付。昌子はW杯後に5億円以上の海外オファーを断った経緯があり、今回はその額を超え、欧州でプレーする日本人DFのトップクラスに匹敵する条件提示とみられる。鹿島は金銭面ではなく、クラブに必要な人材であることから強く慰留している。
W杯ロシア大会では、ベルギー戦でルカクを抑えるなど国内組の中で唯一の主力として大奮闘。以来海外からも注目株となっていた。夏にはフランス1部ストラスブールなど複数のオファーが届いた。元々薄かった海外移籍への興味が強まっていたがクラブから強く慰留された。「ACLを獲るために残った」と残留を決断した経緯があった。
トゥールーズは1970年創設で、03―04シーズンから今季まで16季連続で1部に在籍。06―07シーズンには初めて翌年の欧州CL予選出場権を獲得した。フランス1部にはパリSGのネイマール、フランス優勝に貢献した19歳のエムバペら世界屈指のFWが在籍しており、対峙(たいじ)することで世界レベルの守備力へと磨かれることは間違いない。W杯後に負傷した左足首も過密日程をこなせるほどに回復し、念願のタイトルを獲得。「去年は悔しい思いをした。このタイトルだけは本当に欲しかった。20冠目でACLを獲れたのは自分にとっても鹿島にとっても縁だと思う」。悲願のタイトルを置き土産に、海を渡る日が来るかもしれない。

続きを読む

【豪州の反応】「日本人が多ければ多いほどよい」高萩洋次郎獲得に心踊らせる現地ウェスタン・シドニーサポ

J1広島の元日本代表MF高萩洋次郎(28)がオーストラリアAリーグのウェスタン・シドニーへ完全移籍で加入することが決定し、14日に両クラブから発表された。
ウェスタン・シドニーは昨季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)王者で、今季のACL1次リーグでは鹿島と同じH組。今月11日には元川崎FのDF田中裕介(28)とも契約を結んでいる。
ウェスタン・シドニーの公式サイトによると、高萩はACL1次リーグとラウンド16限定の短期契約となる。

続きを読む

【海外の反応】セレッソ大阪フォルランのプレミア移籍報道を現地サポはどう見てるのか?

J2C大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(35)がプレミアリーグに戻るかもしれないと、25日付の英紙サンが報じた。
04年までマンチェスターUに在籍したフォルランは、期限付き移籍にひかれており、複数のクラブが獲得を視野に入れているとした。もうしばらく現役を続けるが、将来的には指導者になる意向だという。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20150126-1426380.html

続きを読む