移籍情報

【海外の反応】韓国代表ソンフンミンがトッテナムに移籍?今日にもメディカルチェックか

レヴァークーゼンに所属する韓国代表FWソン・フンミンはプレミアリーグに向かうのだろうか。ドイツ『シュポルト・ビルト』によれば、トッテナムが獲得に動いているという。
以前からプレミアリーグからの興味が伝えられるソンだが、今夏に移籍が実現するかもしれない。『シュポルト・ビルト』では、ソンがレヴァークーゼンと契約した際に設定された2500万ユーロで行使可能な解除条項の期限が切れたことが伝えられている。だがそれでも、トッテナムはソン獲得に大きな興味を抱いている模様だ。
なお地元の『ケルナー・シュタットアンツァイガー』は、ソンが26日にもメディカルチェックのためにロンドン入りすると報道。取引がまとまるようであれば、トッテナムがレヴァークーゼンに移籍金3000万ユーロ(約41億円)を支払うとしている。これはアジア人選手に対して支払われる史上最高額となる。

続きを読む

【海外の反応】日本人コンビの退団に驚きと困惑を隠せない現地WSWサポーター

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは6日、MF高萩洋次郎とDF田中裕介が契約満了により退団することをクラブ公式HP上で発表した。
1月の移籍市場で高萩はサンフレッチェ広島から、田中は川崎フロンターレからW・シドニーに加入していた。高萩はAリーグで11試合2ゴールを記録。AFCチャンピオンズリーグでは6試合に出場し1ゴールをマークした。一方の田中は、Aリーグで10試合、ACLで5試合に出場している。
クラブのCEOを務めるジョン・ツァツィマス氏は「ヨウジロウとユウスケはワンダラーズで過ごしたこの期間で、常に完璧なプロとして振る舞ってくれた。W・シドニーでプレーしてくれたことに感謝する」とコメントしている。

続きを読む

【海外の反応】「これは悲しい」ついにラベッシも中国へ移籍、ジェルヴィーニョらと同僚に

爆買いの猛威はとどまることを知らない。河北華夏がパリSGのアルゼンチン代表FWエゼキエル・ラベッシ(30)を獲得することで合意に達したと発表した。2年契約が結ばれた模様だ。
ラベッシはセリエAのナポリで活躍後、2012年よりパリに移籍。ただ今年6月で契約が切れるため、今夏の移籍が濃厚となっていた。
フリートランスファーでの争奪戦が予想され、インテルがもっとも獲得に興味を示していると伝えられていたが、パリは移籍金の発生する今冬の移籍を模索。移籍金600万ユーロ(約7億7000万円)で売却に応じた。

続きを読む

【海外の反応】残留濃厚の長友に強力ライバル?インテルがレアルのコエントランと交渉?本人も乗り気か

長友佑都残留報道
移籍が噂されるインテルの日本代表DF長友佑都が、一転して同クラブへ残留する可能性が高まった。24日、イタリアメディア『FCInternews.it』など各メディアが報じている。
これまで長友はチームを率いるロベルト・マンチーニ監督から信頼を得ることができず、ガラタサライ、サンプドリア、ジェノアなど複数クラブへの移籍が報じられてきた。しかし、現在まで移籍は実現しておらず、このまま残留する可能性が高まったという。

続きを読む

【海外の反応】「狂ってる」年俸95億円!?イブラヒモビッチ争奪戦に中国勢が参戦か

やはり動き出したようだ。冬の移籍市場をにぎわせた中国勢が、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に破格の条件を用意しているという。
イブラヒモビッチは、今シーズン限りでパリ・サンジェルマンとの契約が満了する。クラブは契約延長を望んでいるが、現時点で選手本人は退団に向かっていることを公言していた。
これをきっかけに、イブラヒモビッチ争奪戦が始まった。特にイングランド勢やイタリア勢の関心は強く、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ウェスト・ハム、ミランといったクラブが獲得に名乗りをあげている模様だ。

続きを読む

【海外の反応】ザックはスケープゴート?元日本代表監督ザッケローニの解任を北京国安が発表

中国スーパーリーグの北京国安は19日、アルベルト・ザッケローニ監督を解任したことをクラブ公式フェイスブックで発表した。後任には謝峰成氏が就任する。
北京国安は昨シーズンのリーグ戦で4位に入ったものの、今シーズンは開幕からの9試合で2勝の12位(全16チーム)と低迷。18日に行われた第2節順延分の河北華夏戦でも0-2で敗れ、今シーズン4敗目を喫していた。
現在63歳のザッケローニ氏は、インテル、ミラン、ユヴェントスなど、イタリア国内の名門クラブを指揮した後、2010年に日本代表監督に就任。翌年に行われたアジアカップで優勝を果たす。2014年のブラジル・ワールドカップではグループステージ1分2敗で、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を逃し、大会後に退任。1月から北京国安の監督に就任していた。-

続きを読む

【海外の反応】清武と岡崎に強力ライバル!?セビージャとレスターがベン・アルファ獲得で競合か

『Goal』の得た情報によれば、ベン・アルファの新天地はセビージャとなることが濃厚なようだ。セビージャとの3年契約がすでに合意しており、今週末にはサインが行われる見通し。契約ボーナスとして1000万ユーロ以上が支払われ、年俸は400万ユーロになるとみられる。
ベン・アルファは当初PSGへの移籍を望んでいたものの、PSGからのオファーが届かなかったことで考えを変え、セビージャを選ぶことにした模様だ。
セビージャへ移籍したとすれば、新指揮官に就任の決まったホルヘ・サンパオリ監督の下でプレーすることになる。清武も含めて層が厚くなる攻撃陣を、新監督はどのような形で起用していくのだろうか。-

続きを読む

【豪州の反応】「日本人が多ければ多いほどよい」高萩洋次郎獲得に心踊らせる現地ウェスタン・シドニーサポ

J1広島の元日本代表MF高萩洋次郎(28)がオーストラリアAリーグのウェスタン・シドニーへ完全移籍で加入することが決定し、14日に両クラブから発表された。
ウェスタン・シドニーは昨季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)王者で、今季のACL1次リーグでは鹿島と同じH組。今月11日には元川崎FのDF田中裕介(28)とも契約を結んでいる。
ウェスタン・シドニーの公式サイトによると、高萩はACL1次リーグとラウンド16限定の短期契約となる。

続きを読む

【海外の反応】フォルラン、セレッソ大阪を退団へ

J2C大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(36)が7月末の契約満了後に退団することが6日、確実となった。
この日ヤンマースタジアム長居で行われた愛媛戦後に報道陣に対応した玉田稔社長(61)は「(代理人と大熊強化部長を通し)今のままで契約延長することは難しいということは本人にはっきり伝えた」と明言。愛媛戦はベンチ外となりスタンド観戦だったことについても「(伝えられたことで)ちょっと動揺があり(アウトゥオリ)監督が判断した」と説明した。
不延長の理由については「体力の問題、現状の条件では難しいということ」と半年3億円ともされる金銭面とパフォーマンスの不釣り合いを挙げた。

続きを読む