移籍情報

【フランスの反応】「日本人選手は..」昌子源、仏1部トゥールーズ移籍報道に現地サポは..

フランス1部のトゥールーズが、鹿島のDF昌子源(25)の獲得に動いていることが分かった。複数の関係者によれば、既に金銭面での細かな条件を含む正式オファーを鹿島に送付。昌子はW杯後に5億円以上の海外オファーを断った経緯があり、今回はその額を超え、欧州でプレーする日本人DFのトップクラスに匹敵する条件提示とみられる。鹿島は金銭面ではなく、クラブに必要な人材であることから強く慰留している。
W杯ロシア大会では、ベルギー戦でルカクを抑えるなど国内組の中で唯一の主力として大奮闘。以来海外からも注目株となっていた。夏にはフランス1部ストラスブールなど複数のオファーが届いた。元々薄かった海外移籍への興味が強まっていたがクラブから強く慰留された。「ACLを獲るために残った」と残留を決断した経緯があった。
トゥールーズは1970年創設で、03―04シーズンから今季まで16季連続で1部に在籍。06―07シーズンには初めて翌年の欧州CL予選出場権を獲得した。フランス1部にはパリSGのネイマール、フランス優勝に貢献した19歳のエムバペら世界屈指のFWが在籍しており、対峙(たいじ)することで世界レベルの守備力へと磨かれることは間違いない。W杯後に負傷した左足首も過密日程をこなせるほどに回復し、念願のタイトルを獲得。「去年は悔しい思いをした。このタイトルだけは本当に欲しかった。20冠目でACLを獲れたのは自分にとっても鹿島にとっても縁だと思う」。悲願のタイトルを置き土産に、海を渡る日が来るかもしれない。

続きを読む

【豪州の反応】「日本人が多ければ多いほどよい」高萩洋次郎獲得に心踊らせる現地ウェスタン・シドニーサポ

J1広島の元日本代表MF高萩洋次郎(28)がオーストラリアAリーグのウェスタン・シドニーへ完全移籍で加入することが決定し、14日に両クラブから発表された。
ウェスタン・シドニーは昨季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)王者で、今季のACL1次リーグでは鹿島と同じH組。今月11日には元川崎FのDF田中裕介(28)とも契約を結んでいる。
ウェスタン・シドニーの公式サイトによると、高萩はACL1次リーグとラウンド16限定の短期契約となる。

続きを読む

【海外の反応】セレッソ大阪フォルランのプレミア移籍報道を現地サポはどう見てるのか?

J2C大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(35)がプレミアリーグに戻るかもしれないと、25日付の英紙サンが報じた。
04年までマンチェスターUに在籍したフォルランは、期限付き移籍にひかれており、複数のクラブが獲得を視野に入れているとした。もうしばらく現役を続けるが、将来的には指導者になる意向だという。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20150126-1426380.html

続きを読む

【海外の反応】長友どうなる?あのサントンのインテル復帰が決定

インテルは2日、ニューカッスルDFダヴィデ・サントン(24)の獲得を決めた。レンタルでの移籍だが、シーズン終了後の買い取りオプションが付いている。
サントンはインテルの下部組織出身で、18歳のときにトップデビュー。ジョゼ・モウリーニョ現チェルシー監督の下で見事なプレーを続けて将来を嘱望されていたが、その後は伸び悩んだ。
チェゼーナにレンタルされた後、2011年からニューカッスルでプレーしていたサントン。成熟した姿を本拠地サン・シーロのファンに見せることができるだろうか。-

続きを読む

【海外の反応】FIFAがバルセロナに移籍禁止処分

FIFAは2日、バルセロナが18歳未満の選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、今後2回の移籍市場での選手移籍を禁止する処分を下すことを発表した。
昨年を通して行ってきた調査の結果として、FIFAはスペインサッカー連盟(RFEF)およびバルセロナが国際移籍、外国人選手登録に関して複数の規定に違反したことを確認したとしている。
「2009年から2013年にわたる期間に同クラブに登録され、大会に参加した未成年の選手たち」を対象とした調査を行い、違反が認められた結果として「2度の移籍期間で国内、国外両方での移籍を禁ずる」とFIFAは発表。加えて45万スイスフラン(約5000万円)の罰金が科されることになる。RFEFに対しても罰金処分が下されている。

続きを読む

【海外の反応】日本人コンビの退団に驚きと困惑を隠せない現地WSWサポーター

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは6日、MF高萩洋次郎とDF田中裕介が契約満了により退団することをクラブ公式HP上で発表した。
1月の移籍市場で高萩はサンフレッチェ広島から、田中は川崎フロンターレからW・シドニーに加入していた。高萩はAリーグで11試合2ゴールを記録。AFCチャンピオンズリーグでは6試合に出場し1ゴールをマークした。一方の田中は、Aリーグで10試合、ACLで5試合に出場している。
クラブのCEOを務めるジョン・ツァツィマス氏は「ヨウジロウとユウスケはワンダラーズで過ごしたこの期間で、常に完璧なプロとして振る舞ってくれた。W・シドニーでプレーしてくれたことに感謝する」とコメントしている。

続きを読む

【海外の反応】フォルラン、セレッソ大阪を退団へ

J2C大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(36)が7月末の契約満了後に退団することが6日、確実となった。
この日ヤンマースタジアム長居で行われた愛媛戦後に報道陣に対応した玉田稔社長(61)は「(代理人と大熊強化部長を通し)今のままで契約延長することは難しいということは本人にはっきり伝えた」と明言。愛媛戦はベンチ外となりスタンド観戦だったことについても「(伝えられたことで)ちょっと動揺があり(アウトゥオリ)監督が判断した」と説明した。
不延長の理由については「体力の問題、現状の条件では難しいということ」と半年3億円ともされる金銭面とパフォーマンスの不釣り合いを挙げた。

続きを読む