酒井高徳

【現地サポ評】大迫勇也には及第点以上、酒井高徳には高評価!

ブンデスリーガ2部は23日、第26節を行い、FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンはホームでカイザースラウテルンと対戦し、0-1で敗れた。大迫は1トップでフル出場したが、不発。3試合連続ゴールはならなかった。
前節のE・アウエ戦(2-2)で移籍後初アシストを含む1ゴール1アシストを記録し、入籍後2戦連発中だった大迫。さらにホームでは加入後3戦連発中だったが、ともに連続ゴールはストップした。
スコアレスで折り返した後半10分に先制点を許すと、その後も大迫が前線で奮闘したが、最後まで1点が遠かった。後半アディショナルタイムには左FKのチャンスにゴール前まで上がってきたGKガーボル・キラーイがヘディングシュートで合わせたが、ゴール上へ。チームは3試合ぶりの無得点で5試合ぶりの黒星を喫した。―

続きを読む

【海外の反応】現地サポからチーム内最高評価を受けた酒井高徳!

シュトゥットガルトDF酒井高徳は15日、ブンデスリーガ第25節ブレーメン戦で先発フル出場した。アウェーで1-1と引き分けた一戦で、攻撃で見せ場をつくった酒井高は、ドイツメディアから高く評価されている。
9試合白星がなく、ついに監督交代に踏み切ったシュトゥットガルト。フーブ・ステフェン新監督の就任後初となる試合は、55分にDFゲオルグ・ニーダーマイアーのヘディングで先制に成功した。だが、79分にMFアーロン・ハントの直接FKで同点とされ、またも終盤に勝ち点を逃している。
第22節以来、左サイドバックで起用されている酒井高は、攻撃で存在感を示した。ブンデスリーガ公式ウェブサイトのデータによれば、酒井高は両チーム最多のクロス数(5本)、チーム最多のパス数(31本)を記録。前半終了間際にはシュートを放ち、相手DFのハンドを誘ってPKを獲得した。だが、このPKはFWマルティン・ハルニクが外してしまい、得点には結びついていない。

続きを読む

【ドイツの反応】酒井高徳がブンデス初ゴール!…チームは終了間際に決勝点を許し最下位脱出ならず

ブンデスリーガは14日、第21節2日目を行い、DF酒井高徳の所属するシュツットガルトは敵地でホッフェンハイムと対戦し、1-2で敗れた。酒井は右SBで2試合連続のフル出場。0-1の前半39分にブンデスリーガ初ゴールとなる同点弾を決めたが、チームは試合終了間際に決勝点を許した。-
ゲキサカ

続きを読む

【ドイツの反応】「ワールドクラスだった」ドルトムント相手に圧巻の活躍を見せた酒井高徳を現地HSVサポが絶賛!

20日に行われたブンデスリーガ第13節で、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVがホームで日本代表MF香川真司のドルトムントを3-1で倒し、ドルトムントに今シーズン2つ目の黒星を見舞った。
酒井は右サイドバックで2試合連続して先発メンバーに名を連ね、フル出場でチームの勝利に貢献。地元紙『Hamburger Morgenpost』は酒井に「2.5」の高評価を与え、「実戦の経験不足を感じさせなかった」と称えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)
■酒井高徳

続きを読む

【ドイツの反応】「スーパーだ」圧巻のプレーを見せた酒井高徳に絶賛の嵐!(ヘルタ戦)

6日に行われたブンデスリーガ第25節で日本代表DF酒井高徳のハンブルガーSVが同MF原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦。ハンブルガーSVが元ドイツ代表MFニコライ・ミュラーの2ゴールで2-0の快勝を収めた。酒井は6試合連続でフル出場を果たし、原口は1点を追う67分に途中出場した。
同試合で日本人選手8人目となるブンデスリーガ通算100試合出場を達成した酒井に対し、地元紙『Hamburger Morgenpost』は「2」と高評価を与え、「素晴らしいパフォーマンスだった」と絶賛している(ドイツメディアの採点は最高1点、最低6点)。
■酒井高徳

続きを読む

【独・白の反応】現地サポに称賛されるアシスト酒井高徳、完封川島永嗣!!

20日に行われたブンデスリーガ第31節でシャルケを3-1で下したシュツットガルトのDF酒井高徳は、2試合ぶりの先発でフル出場を果たすと今季初アシストを記録してチームの勝利に貢献した。
「最近チームとして調子がいいので、それが継続できた。攻撃よりも守備を意識して、皆が自分の仕事をしっかりこなしてチームとしてやれたのが一番良かった」と試合を振り返ったことをブンデス公式HPが伝えている。
さらにこの勝利で勝ち点を31に伸ばしたチームは自動降格となる17位ニュルンベルクとの勝ち点差を5に広げ、2部との入れ替え戦に回る16位ハンブルクとの勝ち点差を4に広げた。

続きを読む

【ドイツの反応】「日本人のメンタルが必要だ」酒井高徳キャプテン就任に現地HSVサポから賛同の嵐!

ハンブルガーSVは17日、キャプテンをDFヨハン・ジュルーから日本代表DF酒井高徳に交代したことをクラブ公式サイトで発表した。
ハンブルガーSVはブンデスリーガ第10節を終え、2分8敗で最下位に低迷。9月には成績不振によりブルーノ・ラッパディア前監督が解任され、マルクス・ギスドル監督が新たに指揮を執っていたが、依然として未勝利と苦しい状況が続いている。
ギスドル監督はキャプテン交代の意図を「チームには変化や刺激が必要だった」と説明。新キャプテンの酒井に関しては「高徳は現状で必要とされる全てを兼ね備えた選手だ。彼は強いメンタリティーを持ち、倒れるまでチームのためにハードワークし続ける」とプレー面を称賛しつつ、「彼はオープンな性格で積極的にコミュニケーションを取ろうとするし、誠実さもある。みんなの模範になれる素晴らしいプロ意識を持ち、キャプテンとしてピッタリの人材だと思っているよ」と人間性も高く評価し、チームの先頭に立てる資質があることを強調した。

続きを読む

【ドイツの反応】「ワールドクラスだ」酒井高徳のスーパーゴールを現地HSVが称賛!一方で審判への文句には苦言も

28日に行われたブンデスリーガ第18節インゴルシュタットvsハンブルガーSVの一戦は3-1でインゴルシュタットが勝利。ハンブルガーSV主将の酒井高徳はフル出場し、63分に豪快なミドルシュートを決めたものの、チームを勝利に導くことはできなかった。
この試合終了後、酒井はクラブ公式メディアの声明で次のような言葉を残している。
「僕らの守備にズレがあって、インゴルシュタットに先行を許す形になってしまった。そして後半立ち上がりに相手にPKを献上してしまった。僕らはこのゲームを通して今一度修正しなければいけない」

続きを読む