鎌田大地/シント・トロイデン

【ベルギーの反応】「凄すぎる」鎌田大地、2ゴールの大暴れ!9試合8ゴール!現地サポが絶賛!

11月10日(現地時間)に行なわれたベルギーのジュピラーリーグ第15節、オイペン対シント=トロイデン(STVV)戦は4-1でSTVVが快勝した。
試合は13分に鎌田が先制ゴール、56分にも追加点を挙げ、STVVの大勝に貢献している。ズルテ・ワヘレム戦に続くゴールで1試合で2ゴールは今季初。トータル出場時間9試合、518分で8ゴールを決めている。15節を終えたリーグ全体のゴールランキングでも上位に食い込む活躍ぶりだ。
この快進撃にはベルギーメディアも注目しており、現地スポーツメディア『sporza』はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに鎌田大地を選出し「STVVの前線で22歳の若き日本人選手がスパークしている」と絶賛。ゴール前の落ち着きや足元のテクニックは眼を瞠るものがあるようで、ベルギーの全国紙『HLN』も「オイペンの守備陣を置き去りにしたゴールは、尋常じゃない速さだ」と脱帽している。

続きを読む

【海外の反応】「止められない」鎌田大地、移籍後8試合6ゴールの大活躍!

ベルギー・リーグ第14節が4日に行われ、DF冨安健洋、DF遠藤航、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太の所属する7位シントトロイデンはホームで15位ズルテ・ワレヘムと対戦し、2-1で逆転勝利を飾った。5試合連続で先発フル出場した鎌田は、後半16分に同点弾となる今季6ゴール目を記録。冨安は開幕14試合連続で先発フル出場し、4試合連続スタメンの遠藤は前半のみプレーした。また、小池は一時帰国の関根とともにベンチ外となっている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?258400-258400-fl

続きを読む

【ベルギーの反応】「次元が違う」鎌田、2戦連続ゴール!日本人トリオが3連勝に貢献!現地サポが称賛!

<ベルギーリーグ:シントトロイデン2-0アントワープ>◇22日◇シントトロイデン
シントトロイデンMF鎌田大地が2試合連続ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献した。
1-0の後半31分から途中出場し、同ロスタイム、GKのロングキックからの攻撃でMFドゥノールのラストパスをペナルティーエリア右でフリーで受け、飛び出してきた相手GKを冷静にかわして左足で相手DF1人が守るゴールへ蹴り込み、ダメ押し点を決めた。

続きを読む