FIFA

【海外の反応】「日本の大躍進だ」日本代表、FIFAランキングで23か国抜きの27位に!

国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。アジアカップ準優勝の日本代表は前回の50位から27位に順位を上げ、アジア3番手から2番手に浮上。30位以内は2013年5月以来となる。
また、初優勝を飾ったカタールは93位から一気に55位までジャンプアップ。1993年の54位に続く同国歴代2番目の記録に達した。ベスト4敗退のイランは29位から22位となり、アジア最上位をキープ。3番手に38位の韓国、4番手に42位のオーストラリアが続き、カタールは70位に後退したサウジアラビアなどを抜いてアジア5番手となった。
上位陣に変動はなく、ベルギーが昨年9月から5か月連続で首位を維持。2位にロシア・ワールドカップ王者のフランス、3位にブラジル、4位にクロアチア、5位にイングランドが続いている。

続きを読む

【海外の反応】「愚かだ」サッカーの新ルールを検討!PKの押し込み廃止やAT中の選手交代禁止案に賛否両論の声!

サッカーの競技規則に関する決定を行う国際サッカー評議会(IFAB)では、PKやハンド、選手交代などについて大幅なルール変更を議論する可能性があるという。英紙『テレグラフ』が1日付で独占情報として伝えている。
IFABでは来週月曜日および火曜日にロンドンでの会合を予定しており、来年3月の総会においてルール変更に向けた提案を行うかどうかの予備的協議が行われるとみられている。
検討対象になるとみられるルールのひとつはPKに関するもの。現状ではPKがGKにストップされてピッチ内にボールが残った場合、プレーはそのまま続行され、攻撃側の選手はこぼれ球を押し込むことも可能。だがGKがシュートをストップした時点でプレーを止め、守備側のゴールキックからプレーを再開することが検討される可能性があるという。
続きを読む

【海外の反応】FIFA、アンリのハンドを7億円でもみ消し

アイルランド・サッカー協会のデラニー専務理事は4日、アイルランドが誤審が原因で2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の欧州予選で敗退した件について、国際サッカー連盟(FIFA)が同協会に法的手続きを取らないよう求め、多額の金銭を支払ったことを明らかにした。地元ラジオ局に語ったもので、金額は500万ユーロ(約7億円)と報じられている。
09年11月に行われた欧州予選プレーオフ第2戦でアイルランドはフランスに敗れたが、フランスの決勝点の直前のプレーではアンリがハンドの反則を犯しながら見逃されていた。このため、アイルランド協会が再試合を求めるなど物議を醸した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150605-00000014-jij-spo
続きを読む

【海外の反応】FIFA会長選に出馬表明した鄭夢準氏の寄付金めぐり調査か

出馬表明についての記事
元FIFA(国際サッカー連盟)副会長で韓国人の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が現地時間17日(以下現地時間)、FIFA次期会長選への出馬を表明した。
1990年代半ばから2011年までFIFA理事を務め、名誉副会長でもある鄭夢準氏は、パリでの会見で「立候補を表明できて名誉に思う」と意気込みを語った。
続きを読む

【海外の反応】「まるで夢のようだ」スイス検察がブラッター会長を刑事訴訟…プラティニ氏へ賄賂疑惑も

スイス検察は25日、FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長を汚職の容疑で刑事訴訟手続きを開始したと発表している。『ガーディアン』や『BBC』など、イギリスの各メディアが報じた。
スイス検察はブラッター会長の容疑に関し、以下の声明を発表している。
「スイス検察はブラッター会長の刑事訴訟を開始した。2005年9月12日に同会長がCFU(カリブ海サッカー連合)と結んだ契約に問題があると見ている。ブラッター会長が信認義務に背き、FIFAの利益に反する契約に至ったという疑いがある。また2011年2月には、同会長がUEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長に対し200万スイスフラン(約2億5000万円)の賄賂を支払ったという疑惑もある」
続きを読む

【海外の反応】「ありがとうサンタ」ブラッターとプラティニに8年間の活動禁止処分-FIFA倫理委員会

国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は21日、不正に関与したとして、ゼップ・ブラッター会長(79)=スイス=とミシェル・プラティニ副会長(60)=フランス=に8年間の資格停止処分を科したと発表した。
不適正な金銭授受があったとされる両氏は10月、90日間の暫定的な職務停止処分を受けていた。ブラッター会長は既に辞任を表明しているものの、疑惑に対しては潔白を主張している。プラティニ氏は、来年2月に行われる次期会長選への立候補を表明していた。
続きを読む

【海外の反応】「誰も信じられない」FIFAが鄭夢準に19年の資格停止を検討

国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選への出馬を表明している鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA元副会長は6日、ソウル市内で記者会見を開き、「FIFAが私に計19年の資格停止という制裁を推進している」と主張した。資格停止処分を受ければ、来年2月の会長選に立候補できなくなる。
鄭氏は会見で、FIFA倫理委員会が調査を進めている鄭氏の過去の寄付金に関する疑惑について、「私がFIFA内部の核心を正面から狙ったため攻撃の対象になった」との認識を示した。
鄭氏の説明によると、FIFA倫理委は鄭氏が2010年のワールドカップ(W杯)招致の過程で7億7700万ドル(現在のレートで約935億8000万円)相当の基金を創設しサッカーの発展のために使うとする書簡を世界のサッカー関係者らに送ったことについて、15年の資格停止を推進している。さらに、鄭氏が倫理委を批判したことについて4年の資格停止を科そうとしているという。
続きを読む

外国人「日本のファンが獲得すべきだった」FIFAファン賞、ペルーが受賞で賛否両論!【海外の反応】

FIFA(国際サッカー連盟)は24日、年間表彰式ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018をロンドンで行い、各賞を発表。ベストファン賞にノミネートされていた日本だったが、受賞とはならなかった。
FIFAが毎年発表しているザ・ベスト。日本のサポーターは、ロシア・ワールドカップ各会場で自主的に行ったスタンドのゴミ拾いが評価され、セネガルらとともにベストファン賞にノミネートされていた。
しかし、FIFAは2018年のベストファン賞にペルーを選出。「FIFAは偉大な技術を持った選手たちと同様に、ベストファン賞とともにサポーターの皆様に敬意を評します」とし、36年ぶりのW杯でペルーのサポーターが見せた振る舞いを評価している。
続きを読む

【海外の反応】FIFA会長選、ブラッターが再選を果たす

FIFAは29日、スイスのチューリッヒで開かれている総会で会長選挙を行い、ゼップ・ブラッター会長(79)が再選を果たした。
FIFAが汚職スキャンダルに揺れる中、UEFAのミシェル・プラティニ会長が現会長に辞任を要求するなどしたが、それでもブラッター会長の立場は揺るがなかった。
1回目の投票で、ブラッター会長は133票を集め、アリ王子は73票を獲得した。しかし、1回目の投票は3分の2以上の得票で決定となるため、過半数で決定となる決選投票に持ち越しとなる。しかし、アリ王子が2回目の投票を棄権したことで、ブラッター会長の5選が決定した。
続きを読む