【海外の反応】「不安と興奮が..」W杯組み合わせ抽選直前!世界各国のファンの思いとは..

2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。
グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、10月時点で8位のスペインはポット2に入る。
抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

続きを読む

【海外の反応】「日本代表が入ったグループHを世界のファンはどう見ているのか?」

2018FIFAロシア・ワールドカップの抽選会が現地時間1日に行われ、日本はポーランド、コロンビア、セネガルと同じグループHに入った。ここでは各対戦国との過去の成績、注目選手を紹介する。
■グループ初戦はコロンビアとのリベンジマッチ
初戦で激突するコロンビアとは、通算3度対戦して1分2敗と未だ勝ちがない。2014年ブラジル大会のグループリーグ最終戦では、1-4と大敗を喫している。

続きを読む

「なんてドラマだ」中村憲剛の涙に感動する外国人!川崎フロンターレ悲願の初優勝に海外のファンも大興奮!【海外の反応】

選手続々輩出のJリーグ、感動の戴冠に各国メディア注目「日出ずる国で10番目の王者に」
サッカー・J1最終節は2日、川崎が大宮に5-0で勝利。勝ち点72で並んだ鹿島を得失点差で交わし、逆転で悲願の初優勝を飾った。元日本代表MF中村憲剛は試合終了の瞬間、男泣きするなど、感動の戴冠。今や世界に続々と選出を輩出するJリーグの新王者誕生に対し、海外メディアも注目。「身震いするほどゾクゾクさせた結末」「日出ずる国で10番目の王者に」と反響を呼んでいる。
日本代表MF長谷部誠らがプレーするドイツのスポーツ専門誌「キッカー」は「身震いするほどゾクゾクさせた結末だった。Jリーグの最終日に土壇場で頂に立った。ユウ・コバヤシのハットトリックが悲願となる栄光の決め手となり、ヒロユキ・アベが開始1分で新王者誕生への道を切り開いた」と紹介している。

続きを読む

【海外の反応】日本代表が警戒する要注意人物が大活躍!バイエルンがPSGに勝利!

※追記しました
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が5日に行われ、グループBでバイエルンとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。
すでに決勝トーナメント進出を決めている両チームが、首位通過をかけて激突。ホームのバイエルンは前回の対戦で0-3の敗戦を喫し、その翌日にカルロ・アンチェロッティ監督が解任に追い込まれた。それでも、ユップ・ハインケス監督が就任してから公式戦12試合で10勝1分1敗と復活。今試合では前回のリベンジを狙う。一方、5連勝中のPSGは引き分け以上で首位突破が確定。負けても、3点差以内ならトップの座を守れる。

続きを読む

【海外の反応】「神風サッカーをしている」Jリーグで衝撃スコア!横浜FMの8ゴールに驚愕する海外のサッカーファン

J1再開初戦の第16節が18日に行われ、13位横浜F・マリノスは敵地で7位ベガルタ仙台に8-2で勝利した。横浜FMの1試合8ゴールは2007年のJ1第19節・ホーム横浜FC戦(8-1)に並ぶ最多タイ記録。一方、仙台の8失点は2017年のJ1第6節・アウェー浦和戦(0-7)を超えるワースト記録となった。次節は22日に開催され、横浜FMはFC東京、仙台は鳥栖といずれも敵地で対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?249945-249945-fl

続きを読む

【海外の反応】「ドルトムントは激怒するだろう」デンベレがマンCと接触、ペップと会食と仏メディアが報道!

デンベレはマンチェスターでシティの幹部達と会い、ペップ・グアルディオラと食事さえもしている。マンチェスターシティのプロジェクトの概要の説明を受けて、月曜日の夜にはグアルディオラとディナーを楽しんだ。
「(フランスメディアの)le10sport」はシティとドルトムントの間に同意があるかは裏付けられないが、デンベレがマンチェスターにいたと断固主張している。

続きを読む

【海外の反応】「中国は乱闘が多いな」中国でまたも乱闘勃発..トルコ代表FWが一発レッド!カペッロは苦言

26日に行われた中国スーパーリーグ第14節、北京国安と江蘇蘇寧の一戦で、またも大乱闘が起きた。大手メディア『ESPN』が伝えている。
試合はスコアレスのまま終盤に突入。江蘇蘇寧の選手が負傷したため一旦プレーが止まった後、試合は再開された。すると北京国安の選手が江蘇蘇寧側にボールを返却しなかったことがきっかけとなり、両軍入り乱れての大乱闘に。北京国安のトルコ代表FWブラク・ユルマズが、揉めている最中に相手選手の顔を叩き、レッドカードを提示された。
ユルマズは2016年から北京国安でプレー。ガラタサライ、フェネルバフチェなどでプレーし、2年連続でトルコリーグの得点王に輝いた経歴を持つ。

続きを読む

【海外の反応】「美しい」香川、絶妙ヒールでゴールを演出!ドルトムントは王者レアルに敗戦もEL進出決定

※追記しました
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が6日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェイでレアル・マドリードと対戦した。香川は先発出場した。
試合は開始8分、すでに2位通過を決めているレアルが先制した。左サイドから切り込んだクリスティアーノ・ロナウドがエリア内へパスを送ると、ターンをしながら受けイスコには収まらなかったが、こぼれ球をボルハ・マジョラルが押し込み、先制点を挙げた。

続きを読む

【海外の反応】日本代表、井手口の劇的ゴールで北朝鮮に勝利!(E-1選手権)

※追記しました
EAFF E-1選手権の男子が9日、開幕し、日本代表は味の素スタジアムの第2試合で北朝鮮代表と対戦し、後半アディショナルタイムの劇的決勝点で1-0で競り勝った。日本は12日の第2戦で中国と対戦する。
日本はGK中村航輔とDF室屋成が先発で国際Aマッチデビュー。4バックは右から室屋、DF谷口彰悟、DF昌子源、DF車屋紳太郎と並び、車屋は初先発となった。谷口の代表戦出場は15年8月2日の東アジア杯・北朝鮮戦(1-2)以来で、センターバックでは初先発。中盤はMF井手口陽介とMF今野泰幸のダブルボランチで、トップ下にMF高萩洋次郎が入った。今野は6月13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(1-1)以来の出場。高萩は13年7月28日の東アジア杯・韓国戦(2-1)以来、約4年4か月ぶりの代表戦出場で、ハリルジャパンでは初出場となった。前線は右にFW小林悠、左にFW倉田秋、中央にFW金崎夢生。小林は昨年10月11日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(1-1)以来、金崎は昨年6月7日のキリン杯ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(1-2)以来の出場となった。

続きを読む