【海外の反応】「金の力って凄い」浦和ACL優勝の立役者ラファエルシルバの中国移籍に海外のJリーグファンにも衝撃が走る!

浦和は17日にFWラファエル・シルバが、中国2部リーグに所属する武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受けたため、チームを離脱することを発表。これを受けて山道強化本部長は「このタイミングというのは急でしたし、驚きもありました」とコメントしつつ、以下のように語った。
■中国移籍を決断した理由
R・シルバにはアルビレックス新潟から加入した際に「移籍補償金の設定がされていて我々がその額を支払った。それが基準となり我々も移籍補償金というものを設定している選手でした」
続きを読む

【ドイツの反応】「チームの柱だ」長谷部誠との契約延長に歓喜する現地フランクフルトサポ!

フランクフルトの長谷部誠がクラブと19年まで契約を延長したことについて、6日の独紙ビルトは以下のように報じた。
1月初旬の段階でフランクフルトは長谷部がひざの問題を抱えながらもう1年トップレベルを保てるか懐疑的だった。あれから3カ月、12試合が行われ、当時の懐疑心はすべてどこかに飛んで行った。
長谷部は5日に契約を19年まで延長。「もう1年ここでプレーすることができてうれしい。この町とこのクラブはとても居心地がいいからです。またタカのワッペンを胸にプレーすることができるのを誇りに思います」とコメントした。
続きを読む

【海外の反応】「岡崎が鍵だ」岡崎慎司が“ほぼゴール”のアシストもレスターは手痛い敗戦

プレミアリーグは7日、第33節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでニューカッスルと対戦し、1-2で敗れた。3試合ぶりにスタメンを外れた岡崎は、後半12分から登場。後半39分にアシストを記録した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-01652411-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「非情だ」ハリルホジッチ監督解任が正式決定!後任は西野朗氏..疑問の声も

日本サッカー協会(JFA)が9日午後、都内のJFAハウスで会見を開き、田嶋幸三会長(60)がバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)を新監督とする人事を発表した。
田嶋会長は、質疑応答の中で、解任を伝えた際のハリルホジッチ氏の様子について聞かれ、フランス・パリのホテルで7日午後6時(現地時間)に会って解任を伝えたこと、ハリルホジッチ氏が「満足出来ない、何でこの時期に?」と怒りと失望をにじませていたことを明かした。
田嶋氏は「まさか、こういうことを伝えられるかと動揺し、怒りもあり、どうしてか、理由とかを聞かれたのも事実だが、辞めていただく方を傷つけるより、線を引くことをお伝えすることが大事だと思った」と振り返った。また「選手とのコミュニケーションが足りないと伝えたのは事実。日本を少しでも勝たせたいから、この決断をしたと伝えました」とも語った。
続きを読む

【海外の反応】「だから日本は大国なんだ!」日本人サポーターのゴミ拾いを現地パチューカサポが絶賛!

無回転FKを叩き込んだ本田、試合後の日本人サポーターの行為をクラブが写真付きで称賛
パチューカのFW本田圭佑はメキシコリーグ(リーガMX)後期第5節、本拠地モレリア戦に先発出場し、代名詞とも言える無回転FKを叩き込み、2試合連続ゴールをマークする活躍を見せた。試合は2-3で敗れたが、試合後のスタンドで日本人サポーターがゴミ拾いし、パチューカがその行為を絶賛。クラブ公式ツイッターでは、その様子の写真とともに、「Domo arigato」(どうもありがとう)と感謝し、ファンからも称賛の嵐となっている。
パチューカ公式ツイッターでは、試合後に日本人サポーターがスタンドでゴミ拾う様子を写真付きで伝え、「Domo arigato」(どうもありがとう)と感謝の言葉を添えていた。そうした日本人サポーターの粋な行為を伝えた記事に対して、本田自身も素早く反応し、次のように綴っている。
続きを読む

【ドイツの反応】「ピストルのようだ」原口元気、移籍後デビュー戦で宇佐美と共演!現地サポに好印象を与える!

1月24日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第19節が行なわれ、デュッセルドルフは2-1でアウエを下した。
首位のデュッセルドルフ(試合開始時は暫定3位)には2日前に原口元気がヘルタ・ベルリンからレンタルで加入し、このウインターブレイク明けの初戦でさっそくデビューを飾るかが注目されたが、試合開始は宇佐美貴史とともにベンチで迎えることになった。
続きを読む

【海外の反応】「自信が出てきた」日本を苦しめたファンマルバイクの代表監督就任に満足の豪州人サポーター

6月に開幕するW杯ロシア大会に出場するオーストラリア代表の新監督に、オランダ出身のベルト・ファンマルバイク氏(65)が就任した。25日、同協会が発表した。
ファンマルバイク氏は、2010年W杯南アフリカでオランダ代表を指揮し、準優勝。2015年から率いたサウジアラビア代表をW杯ロシア大会出場(3大会ぶり)に導いていたが、同協会との交渉が決裂して昨年9月に退任していた。
W杯ロシア大会アジア最終予選でサウジアラビアとオーストラリアは同組で対戦しており、同協会のローウィ会長は「ファンマルバイクはワールドクラスで実績もある。最も重要なのは我々のチーム、プレースタイルを良く知っているということ。敵将として我々のことを研究しており、その経験が就任の決め手となった」と説明した。
続きを読む

【海外の反応】「二回も潰さないで」香川真司の獲得にモイーズが18億円を準備か

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の噂が加熱している。
▽イギリス『ミラー』が報じたところによれば、かつてマンチェスター・ユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ現ウェストハム監督が来夏の移籍市場で元教え子である香川との再会を希望。獲得資金として1200万ポンド(約18億2000万円)を支払う用意があるという。
▽香川は2012年夏、アレックス・ファーガソン元監督のラブコールを受け、ドルトムントからユナイテッドに加入。だが、翌シーズンからファーガソン氏の後を継いだモイーズ監督から重宝さず、ルイス・ファン・ハール体制発足の2014年夏にドルトムント復帰を決断した。
続きを読む