「日本が勝つ」「負けるかも」日本代表対サウジアラビアを海外のファンはどう見ているのか?【海外の反応】

AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦の日本代表の対戦相手がサウジアラビア代表に決まった。
グループFの日本は17日にウズベキスタン代表との首位決戦に2-1で勝利し、1位通過が決定。一方、同日行われたグループE第3節では、カタール代表が2-0でサウジアラビア代表に勝利を収めた。この結果、カタールが首位、サウジアラビアが2位でグループステージを突破。日本はE組2位のサウジアラビアと8強進出をかけて対戦することとなった。
日本とサウジアラビアは過去に13回対戦し、日本の8勝1分4敗。ただ、直近の試合では2017年9月5日に行われたワールドカップ予選で0-1と敗れている。

続きを読む

【海外の反応】「日本対韓国の決勝だ」アジア杯決勝トーナメントの組み合わせを見て予想する海外のファン

アジアカップ2019は17日にグループリーグの全日程が終了。決勝トーナメントを戦う16カ国が出揃った。
3連勝でF組首位で通過した日本は、ラウンド16でE組2位のサウジアラビアと対戦。サウジアラビアとは通算で13回対戦しており、日本は8勝1分4敗と大きく勝ち越している。しかし、直近では17年9月に行われたロシアW杯アジア最終予選で対戦し、0-1で敗れている。
日本はこの後、アル・アインからシャールジャに移動し、21日にサウジアラビアと対戦。勝利すると24日の準々決勝でヨルダンvsベトナムの勝者と対戦する。

続きを読む

【フランスの反応】「脱帽だ」昌子源、仏デビュー戦で完封勝利に貢献!現地サポが称賛!

リーグ・アン第21節が19日に行われ、トゥールーズはニームと敵地で対戦し、1-0の勝利を収めた。鹿島アントラーズから1月4日に移籍したDF昌子源がこの試合で先発フル出場。トゥールーズの完勝に貢献した。
昌子は3バックの左で先発出場。フランスという新天地でデビューを飾った。
昌子は序盤から激しいボディコンタクトを披露。欧州でも負けないフィジカルを見せた。何度かボールを失うシーンもあったが、試合中のチームメイトの喧嘩に割って入り仲裁。デビュー戦ながら落ち着きを垣間見せた。

続きを読む

外国人「とてつもない」日本の3部のGKが見せたスーパーセーブを海外が絶賛!鳥栖クエンカ、劇的決勝ゴール!J1第4節【海外の反応】

※藤枝MYFCのGK杉本拓也選手がロアッソ熊本戦で見せたスーパーセーブが話題に

【海外の反応】「なんて波乱だ」日本はサウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突決定!ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強

アジアカップ2019ラウンド16のヨルダン代表vsベトナム代表が開催された。
オーストラリアと同居したグループBで首位通過したFIFAランク109位のヨルダンと、グループDの3位から他グループとの同位争いにおいてぎりぎりで16強入りを決めたFIFAランク100位のベトナムが相まみえた。
試合は、ヨルダンが立ち上がりから押し気味に進める。グループステージでは堅守速攻でオーストラリアから勝利をもぎ取ったヨルダンだが、この試合では引き気味に構える相手に対してボールを保持する展開に。高いインテンシティとフィジカルの強さを活かしてベトナムに圧力をかけ、縦に早い仕掛けを見せる。

続きを読む

【海外の反応】「崩壊した」タイ、中国に逆転負けでベスト8進出ならず

※追記しました
グループAとグループCをそれぞれ2位通過となった両国。タイはこの一戦でもティーラトン、チャナティップ、ティーラシンといった日本にも馴染みのある面々が先発した。
立ち上がりから、体格で勝る中国が長いボールを使いながら、前に進め、タイに圧力を強いる。それでも、タイが粘り強い守備で耐えると、逆にセットプレーからチャンスを作る。31分、コーナーキックのこぼれ球をミドルシュートで狙うと、それをスパチャイがワントラップから反転シュート。ゴール左に突き刺し、タイが貴重な先制点を奪う。

続きを読む