イングランド

ベルギー人「日本とメキシコは終ったな」ベルギー代表、日本代表戦に豪華メンバーを招集!【海外の反応】

ベルギーサッカー協会(KBVB)は3日、今月に行われるメキシコ代表戦及び日本代表戦を戦うベルギー代表のメンバー28名を発表した。
2018 FIFAワールドカップロシア欧州予選H組を、9勝1分けという圧巻の成績で首位通過したベルギー代表。ロベルト・マルティネス監督は、その予選でも主力として活躍したGKティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)やMFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)、MFエデン・アザール(チェルシー/イングランド)といったメンバーを選出。そうそうたる面子が揃うこととなった。
また、マルティネス監督がW杯予選で招集を見送り続けたことで、指揮官との“不仲説”も噂されていたMFラジャ・ナインゴラン(ローマ/イタリア)が招集を受け、久々の代表復帰を果たした。さらに、かつては“神童”と呼ばれたMFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ/スペイン)も、2015年以来となる代表招集を受けている。

続きを読む

【海外の反応】「イングランドは日本と同組」W杯抽選会の予行練習結果をリネカーが明かす

W杯の組み合わせ抽選会が12月1日に行われる。このセレモニーで司会進行を務める元Jリーガーのリネカー氏が、予行練習で日本はイングランドと同組になったことを明かした。
12月1日、2018年ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行われる。
この試合ではディエゴ・マラドーナ、ゴードン・バンクス、ローラン・ブラン、カフー、ディエゴ・フォルランといったレジェンドがプレゼンターとして登場することが決まっており、司会進行はかつてJリーグでもプレーした元イングランド代表FWガリー・リネカーが務める。

続きを読む

【海外の反応】「不安と興奮が..」W杯組み合わせ抽選直前!世界各国のファンの思いとは..

2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。
グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、10月時点で8位のスペインはポット2に入る。
抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

続きを読む

【海外の反応】「おめでとう」ベルギー、史上最高成績の3位に!アザール弾などでイングランドに完勝

ロシアW杯3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表はイングランド代表に2-0で勝利した。前半4分にDFトーマス・ムニエが先制点を決め、後半37分にはFWエデン・アザールが追加点をマーク。イングランドを寄せ付けず、過去最高の3位で大会を終えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-01656196-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「歴史を作った」クロアチア、史上初の決勝進出!イングランドとの延長戦に及ぶ激闘を制す

ロシアW杯は11日、準決勝2日目を行い、モスクワのルジニキスタジアムでクロアチア代表とイングランド代表が対戦。前半5分にDFキーラン・トリッピアーの得点でイングランドが先制するが、後半23分にFWイバン・ペリシッチのゴールでクロアチアが追い付く。1-1のまま延長戦を迎えると、延長後半4分にFWマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを奪い、クロアチアが2-1の逆転勝利を収めた。同国史上初の決勝進出を果たしたクロアチアは、15日に行われる決勝でフランスと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-01656125-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「日本戦は控えを..」日本代表と対戦するブラジルがネイマールら25名を招集!

ブラジルサッカー連盟は20日、11月の国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー25名を発表した。
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)やミランダ(インテル/イタリア)らを順当に選出した他、
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)、ジエゴ・ソウザ(スポルチ/ブラジル)、タイソン(シャフタール/ウクライナ)の3名が復帰を果たしている。

続きを読む

【海外の反応】「キーパーが神だ」イングランド、28年ぶりベスト4進出!

※追記しました
サッカーのワールドカップ(W杯)は6日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、FIFAランク12位のイングランドが同24位のスウェーデンに2―0で快勝。90年イタリア大会以来、28年ぶりのベスト4進出を決めた。
立ち上がりから両チームが慎重な試合運びを見せていたが、前半30分にセットプレーから均衡が破れる。ヤングの左CKをマグワイアがマークに付いたDFをはじき飛ばしながら豪快な先制ヘッド。イングランドが1点リードで折り返した。

続きを読む

【海外の反応】日本代表の“侍デザイン”が堂々4位!英紙選定W杯ユニフォームベスト20

ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が約4カ月後に迫っている。出場32カ国の登録メンバーの行方も気になるところだが、本大会で選手たちが着用する新たなユニフォームも続々と発表され、関心を集めている。
英紙「デイリー・ミラー」では、現時点で発表されている20カ国のW杯仕様のホームユニフォームのデザインを独自にランキング化して発表。母国イングランドが8位に位置するなか、サムライブルーの日本代表は4位と上位に付けている。そして、トップに立ったのは、鮮やかなデザインが際立つアフリカの雄だった。
今ランキングの最下位に位置する20位はモロッコ。赤が基調となり、首周りから肩にかけて緑が配色されている。肩の位置にサプライヤーのアディダス社お馴染みの三本ラインがデザインされているが、記事では「BOOOORING!(退屈だ)」と寸評されている。

続きを読む