イングランド

【海外の反応】「不安と興奮が..」W杯組み合わせ抽選直前!世界各国のファンの思いとは..

2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。
グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、10月時点で8位のスペインはポット2に入る。
抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

続きを読む

【海外の反応】日本代表の“侍デザイン”が堂々4位!英紙選定W杯ユニフォームベスト20

ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が約4カ月後に迫っている。出場32カ国の登録メンバーの行方も気になるところだが、本大会で選手たちが着用する新たなユニフォームも続々と発表され、関心を集めている。
英紙「デイリー・ミラー」では、現時点で発表されている20カ国のW杯仕様のホームユニフォームのデザインを独自にランキング化して発表。母国イングランドが8位に位置するなか、サムライブルーの日本代表は4位と上位に付けている。そして、トップに立ったのは、鮮やかなデザインが際立つアフリカの雄だった。
今ランキングの最下位に位置する20位はモロッコ。赤が基調となり、首周りから肩にかけて緑が配色されている。肩の位置にサプライヤーのアディダス社お馴染みの三本ラインがデザインされているが、記事では「BOOOORING!(退屈だ)」と寸評されている。

続きを読む

【海外の反応】日本がロシアW杯をボイコット!?英国で報道!

ロシアで開催されるFIFAワールドカップ開幕まで100日を切った。そんななか、『Daily Mail』が気になる情報を伝えている。
それによれば、日本が今夏のワールドカップ参加をボイコットする可能性があるという。
その理由は開催国ロシアとイギリスとの関係悪化によるものとされている。

続きを読む

【海外の反応】「アジア人への差別は酷い」韓国代表ソン、イングランドで差別を受けてきたと激白..

絶え間なく続くサッカー界の人種差別の実情にプレミアリーガーたちは何を思うのか? トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間4月8日に行なわれた記者会見で、「僕もイングランドでプレーするようになってから、人種差別を受けたし、見てきたよ」と述べ、さらに持論を展開した。
「人種差別については何度か話してきたけど、一番良いリアクションは、そういうことにリアクションしないことだと思う。それが僕の考える最善策だ。僕らは人としてフットボールをプレーしている。どこの出身か、どっちの人間かなんて関係ない。フットボールをしているということが一番大事なんだ。もちろん人種差別を受けている選手たちは守るし、そして一緒に戦うつもりだ」
今年1月に味方であるはずのトッテナム・サポーターから人種差別行為を受けたことが判明していたソン・フンミンは、モンテネグロ戦後に「僕はもう十分に(屈辱を)味わってきた。いったいいつになったら終わるんだ!」と訴えたチームメイト、ローズの心中をおもんばかった。

続きを読む

【海外の反応】イングランド相手にJリーグ所属のスロベニア代表ノヴァコヴィッチ、ペチュニクがゴール!なお試合は…

14日に行われたEURO2016予選グループE、スロベニア対イングランドの一戦は、3-2でアウェーのイングランドが勝利した。
5戦5勝でグループEの首位を独走するイングランドは、立ち上がりからゴールに迫る。4分、ルーニーの絶妙なパスを受けたスターリングが決定機を迎えたが、シュートは枠の外。14分にもルーニーからパスをもらってスターリングが狙ったが、こちらも外してしまった。シーズン中からの課題を代表戦でも見せてしまい、先制点を奪えない。
引いて構えるスロベニアは、プラン以上の展開に持ち込んだ。37分、速攻を仕掛けると、イリチッチとのワンツーでノヴァコヴィッチが裏のスペースへ。相手DFケイヒルがオフサイドを取りにいって失敗したためイングランドの守備陣は追いつくことができず、名古屋のアタッカーが先制点を決めた。

続きを読む

【海外の反応】「ヒーローだ」イングランド、“エース”ケインの劇的ゴールでチュニジアに勝利!

※追記しました※タイトルを訂正しました
ロシアW杯はグループリーグ第1節5日目を行った。G組のイングランド代表はチュニジア代表と対戦し、2-1で勝利した。第2節は23日にチュニジアがベルギーと、24日にイングランドがパナマと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-01655247-gekisaka-socc

続きを読む

【海外の反応】「呪いが終わった」イングランド、コロンビアとのPK戦に及ぶ激闘を制してベスト8進出!

※追記しました
ロシアW杯は3日、決勝トーナメント1回戦を行い、モスクワのスパルタク・スタジアムではコロンビア代表とイングランド代表が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半に1点を奪い合って突入した延長戦でも決着がつかず。PK戦を4-3で制したイングランドが準々決勝に駒を進めた。06年大会以来となる8強入りを決めたイングランドは、7日に行われる準々決勝でスウェーデンと対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?248918-248918-fl

続きを読む

【海外の反応】日本代表がトップ10に浮上!W杯16強パワーランキング

ロシア・ワールドカップ(W杯)はついに8強が出揃った。英紙「ガーディアン」は決勝トーナメント1回戦を戦った16チームのパワーランキングを発表し、日本は最下位から10位までランクアップした。
コロンビア、セネガル、ポーランドが同居したグループHをイエローカード2枚差の2位で通過した日本は、決勝トーナメント1回戦でFIFAランキング3位のベルギーと対戦。MF原口元気、MF乾貴士のゴールで2点を先行したものの、同点で迎えた後半アディショナルタイムに決勝弾を許して、惜しくも敗れた。
記事では、日本は素晴らしかったと触れ、良くも悪くも「試合に勝つことにこだわり過ぎた」姿勢が負けた理由との見解を示した。とりわけ、“無回転シュート”でチーム2点目を決めた乾を「非常に優れたサッカー選手」と称賛している。

続きを読む