イングランド

【海外の反応】「キーパーが神だ」イングランド、28年ぶりベスト4進出!

※追記しました
サッカーのワールドカップ(W杯)は6日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、FIFAランク12位のイングランドが同24位のスウェーデンに2―0で快勝。90年イタリア大会以来、28年ぶりのベスト4進出を決めた。
立ち上がりから両チームが慎重な試合運びを見せていたが、前半30分にセットプレーから均衡が破れる。ヤングの左CKをマグワイアがマークに付いたDFをはじき飛ばしながら豪快な先制ヘッド。イングランドが1点リードで折り返した。

続きを読む

【海外の反応】日本代表の“侍デザイン”が堂々4位!英紙選定W杯ユニフォームベスト20

ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が約4カ月後に迫っている。出場32カ国の登録メンバーの行方も気になるところだが、本大会で選手たちが着用する新たなユニフォームも続々と発表され、関心を集めている。
英紙「デイリー・ミラー」では、現時点で発表されている20カ国のW杯仕様のホームユニフォームのデザインを独自にランキング化して発表。母国イングランドが8位に位置するなか、サムライブルーの日本代表は4位と上位に付けている。そして、トップに立ったのは、鮮やかなデザインが際立つアフリカの雄だった。
今ランキングの最下位に位置する20位はモロッコ。赤が基調となり、首周りから肩にかけて緑が配色されている。肩の位置にサプライヤーのアディダス社お馴染みの三本ラインがデザインされているが、記事では「BOOOORING!(退屈だ)」と寸評されている。

続きを読む

【海外の反応】日本代表がトップ10に浮上!W杯16強パワーランキング

ロシア・ワールドカップ(W杯)はついに8強が出揃った。英紙「ガーディアン」は決勝トーナメント1回戦を戦った16チームのパワーランキングを発表し、日本は最下位から10位までランクアップした。
コロンビア、セネガル、ポーランドが同居したグループHをイエローカード2枚差の2位で通過した日本は、決勝トーナメント1回戦でFIFAランキング3位のベルギーと対戦。MF原口元気、MF乾貴士のゴールで2点を先行したものの、同点で迎えた後半アディショナルタイムに決勝弾を許して、惜しくも敗れた。
記事では、日本は素晴らしかったと触れ、良くも悪くも「試合に勝つことにこだわり過ぎた」姿勢が負けた理由との見解を示した。とりわけ、“無回転シュート”でチーム2点目を決めた乾を「非常に優れたサッカー選手」と称賛している。

続きを読む

【海外の反応】「呪いが終わった」イングランド、コロンビアとのPK戦に及ぶ激闘を制してベスト8進出!

※追記しました
ロシアW杯は3日、決勝トーナメント1回戦を行い、モスクワのスパルタク・スタジアムではコロンビア代表とイングランド代表が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半に1点を奪い合って突入した延長戦でも決着がつかず。PK戦を4-3で制したイングランドが準々決勝に駒を進めた。06年大会以来となる8強入りを決めたイングランドは、7日に行われる準々決勝でスウェーデンと対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?248918-248918-fl

続きを読む

【海外の反応】日本がロシアW杯をボイコット!?英国で報道!

ロシアで開催されるFIFAワールドカップ開幕まで100日を切った。そんななか、『Daily Mail』が気になる情報を伝えている。
それによれば、日本が今夏のワールドカップ参加をボイコットする可能性があるという。
その理由は開催国ロシアとイギリスとの関係悪化によるものとされている。

続きを読む

【海外の反応】「日本か?」アーセナル退任が決まった名将ヴェンゲル監督、その気になる新天地は?

現地時間4月20日、イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、22年間に渡って指揮を執ってきたアーセン・ヴェンゲル監督が今シーズンいっぱいで退任すると発表した。

1996年10月に名古屋グランパスからアーセナルに活躍の舞台を移し、プレミアリーグ3度の優勝など17のタイトルを北ロンドンの雄にもたらした。

続きを読む

【海外の反応】「ヒーローだ」イングランド、“エース”ケインの劇的ゴールでチュニジアに勝利!

※追記しました※タイトルを訂正しました
ロシアW杯はグループリーグ第1節5日目を行った。G組のイングランド代表はチュニジア代表と対戦し、2-1で勝利した。第2節は23日にチュニジアがベルギーと、24日にイングランドがパナマと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-01655247-gekisaka-socc

続きを読む