オーストラリア

【豪州の反応】「日本人から学ぶべき」JリーグとAリーグが歴史的な戦略的連携協定を締結

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、オーストラリア・Aリーグとの戦略的連携協定を締結したと発表した。世界のフットボール界におけるアジアの存在感を高め、欧州一極集中の構図に歯止めをかける中長期的な戦略プランの構築を目指す。
シドニーにあるオーストラリアサッカー協会で調印式が行われ、Jリーグからは中西大介・常務理事、Aリーグからはデビッド・ギャロップCEO(最高経営責任者)が出席。中西常務理事は「2000年シドニー五輪以降、スポーツ産業の発展はめざましいものがある。2020年東京五輪を控えている我々はオーストラリアのスポーツ産業から学ぶ事がたくさんある」と話した。
今後は両国政府、外交事業への貢献や、両リーグで国際ユース大会を開催するなどの交流や、リーグ運営、マーケティング面で協力していく。なお、今回の協定で選手登録の提携国枠にオーストラリアは追加されない。Jリーグの海外のプロリーグとの協定締結はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタールに続いて10か国目となる。
続きを読む

【豪州の反応】日本代表との対戦決定に悲喜こもごものオーストラリアサポーター

日本サッカー協会(JFA)は11日、11月に行われるキリンチャレンジ杯2014での日本代表の対戦国が決定したと発表した。11月14日に豊田スタジアムでホンジュラス代表と戦い、18日にヤンマースタジアム長居でオーストラリア代表と対戦する。ともに試合時間は決まっておらず、ナイトゲームで調整中。
日本代表のハビエル・アギーレ監督はJFAを通じて、「ホンジュラスは CONCACAF加盟国なので、よく知っています。歴代のコロンビア人監督が長年与えた戦術的な規律があり、組織的に戦うチームです。欧州各国のリーグ、そしてブラジルW杯で経験を積んだ屈強な選手たちが揃っているので、拮抗した試合になることが予想されます。
またオーストラリアは、アジアで最も強いチームのひとつなので、自分たちの力を試す絶好の機会となります。イングランドでプレーする選手が多いという影響もあり、日本を含むアジア各国とは違い、ヨーロッパ的な特徴を持っています。ケーヒルのようなスター選手もいますが、しっかりとブロックを組み、フィジカル的にもパワフルなチームとしての戦いが目立ちます。
続きを読む

【海外の反応】オーストラリア代表、UAE代表に勝利して決勝進出!【アジアカップ】

※試合後の反応を追記しました
アジア杯は27日、準決勝を行い、オーストラリア代表とUAE代表が対戦した。試合の立ち上がりに2ゴールを挙げたオーストラリアが、2-0で試合を制して、2大会連続の決勝進出を決めている。ホームで大会初優勝を目指すオーストラリア代表は、31日の決勝で韓国代表と対戦する。-
ゲキサカ
続きを読む

【海外の反応】「日本が優勝の大本命だ」U16日本代表、オーストラリアに圧巻の6ゴールで大勝!GL3連勝でU17W杯切符懸けた準々決勝UAE戦へ

※試合終了後の反応を少し追記しました
17年U-17W杯(インド)への出場チケット4枚を懸けたAFC U-16選手権インド2016は22日にグループリーグ最終節を行い、すでに2戦2勝で決勝トーナメント進出を決めているU-16日本代表はFW上月壮一郎(京都U-18)の2ゴールなどによってオーストラリアに6-0で快勝。グループリーグBグループを3連勝で終えた日本は25日の準々決勝でUAEに勝つと、2大会ぶりとなるU-17W杯出場が決まる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-01631482-gekisaka-socc
続きを読む

【海外の反応】「フェアな結果だ」日本代表、原口の先制ゴールもPKで追いつかれオーストラリアと引き分ける

※試合終了後の反応を追記しました
ロシアW杯アジア最終予選は11日、第4節を行い、日本代表はオーストラリア・メルボルンのドックランズスタジアムでオーストラリア代表と対戦し、1-1で引き分けた。日本は前半5分にFW原口元気が3戦連発となる先制点を決めたが、後半7分にPKで失点。試合はそのままタイムアップを迎え、勝ち点1ずつを分け合った。-
ゲキサカ
続きを読む

海外「日本は並外れたチームだ」なでしこ、岩渕のゴールでオーストラリアに勝利してベスト4進出!【海外の反応】

※試合後の反応を追記しました
日本女子代表(なでしこジャパン)は27日、女子W杯の準々決勝でオーストラリア女子代表と対戦し、1-0で勝利した。準決勝は7月1日、日本時間7月2日8時キックオフの試合で、この後行われるイングランド対カナダの勝者と対戦する。-
ゲキサカ
続きを読む

【海外の反応】「日本と豪州の予選突破は保証されていない」グループBが大混戦!勝ち点1内に4チームがひしめく

15日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選の第5戦、グループBの3試合が行われた。
首位のサウジアラビアをホームに迎えた日本は、清武弘嗣のPKによるゴールで先制すると、原口元気のアジア最終予選4戦連発弾も生まれて2-1で勝利。サウジアラビアと勝ち点10で並び、得失点差はわずかに1で2位へと浮上した。
日本戦と1時間ほど遅れて行われたタイとオーストラリアの対決は、実力で上回るオーストラリアがまさかの苦戦。先制しながらも後半に逆転を許したが、65分にマイル・ジェディナクのこの試合2点目となるゴールが決まって同点。彼らにとっては手痛い引き分けとなり、3位に後退した。
続きを読む

【豪州の反応】「日本でよかった」横浜Fマリノス、豪州代表デゲネクを獲得!「アジアへ行くのを止めろ」不満を抱くファンも

J1横浜Mは30日、豪州代表DFミロシュ・デゲネク(22)と、マケドニア代表MFダビド・バブンスキー(22)が完全移籍で加入すると発表した。メディカルチェック後に正式契約となる。
デゲネクは今季、ドイツ2部の1860ミュンヘンに所属。出場機会を求めて横浜Mに加入した。豪州の年代別代表として活躍し、A代表でも試合出場を果たしている。身長1メートル87の大型DFで、CBのほかSBやボランチなど守備的なポジションを複数こなせるユーティリティープレーヤーだ。
デゲネクはチームを通じて「Jリーグのビッグクラブである横浜F・マリノスの一員になれることを楽しみにしていますし、横浜F・マリノスのことを信じてくれているファン・サポーターたちに喜んでもらえるよう自分たちの目標を成し遂げることができることを願っています」とコメントした。
続きを読む