オーストラリア

【海外の反応】日本代表のB組が大混戦に!オーストラリアがサウジアラビアに3-2で勝利(W杯最終予選)

※試合後の反応を追記しました
ロシアW杯アジア最終予選グループBの試合が8日に行われ、オーストラリア代表がホームにサウジアラビア代表を迎えた。
オーストラリアがアジア代表として今月のコンフェデレーションズカップに出場する影響で、グループB第8節の試合は1試合のみ前倒しで行われた。首位の日本に得失点差で次いで2位に位置するサウジアラビアと、3ポイント差で3位のオーストラリアとの激突は、日本の予選突破の行方にも大きく影響する重要な一戦だった。
続きを読む

【海外の反応】「日本に勝てる」日本代表と決戦を控えるオーストラリアが南米王者チリとドロー..コンフェデからは敗退

※追記しました
コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ第3節2日目を行い、B組のオーストラリア代表(アジア代表)はチリ代表(南米代表)と対戦し、1-1で引き分けた。オーストラリアは2分1敗の勝ち点2でグループリーグ敗退が決定。チリは1勝2分の勝ち点5で2位通過を果たし、28日の準決勝ではポルトガルと対戦することが決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641239-gekisaka-socc
続きを読む

【海外の反応】「日本に勝てる」オーストラリア人が見る日本代表戦(W杯アジア最終予選)

※岡崎欠場濃厚のニュース
日本代表は9日、メルボルン市内で冒頭15分のみを公開し、戦術確認などを中心に調整した。6日のイラク戦(埼玉)で左足首を負傷したFW岡崎慎司(30)=レスター=は宿舎で別メニュー調整。11日のロシアW杯アジア最終予選、オーストラリア戦の出場は絶望的になった。負傷者続出で、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、アジア杯王者を相手に想定外のゲームプランを強いられる窮地に陥った。
スパイクを履いて次々に選手がロッカールームからピッチに出てきたが、岡崎は最後まで姿を見せなかった。6日のイラク戦で左足首を痛め、オーストラリア入り初日の8日の練習に続いて完全別メニュー。「ホテルのジムで別メニューで調整していますので、ここには来ません」と日本協会関係者。試合2日前、最も重要な意味を持つ相手を想定した非公開での戦術練習に不参加。W杯予選での対戦成績が4分け2敗と分が悪いオーストラリア戦で、エースストライカーの欠場が決定的になった。
続きを読む

【海外の反応】「日本は強すぎた」日本代表を絶賛するオーストラリア人サポーター

日本に完敗し、自力での最終予選B組2位以上がなくなったオーストラリアのアンジェ・ポステコグルー監督が会見で敗戦の弁を述べた。沈痛な面持ちで席に着くと「日本の勝利は祝福いたしますが、期待していた結果が得られずがっかりしております」と絞り出した。
日本は乾、浅野、井手口を先発起用し、これまでの最終予選とは違う顔ぶれで臨んだ。「個人レベルでは思っていた選手でない選手が入っていることはありましたが、プレースタイルは予想を外れていない」と戦術的には予想通りだったと振り返った。従来のオーストラリアからイメージするロングボールを多用するサッカーではなく、中盤を厚くし、ボール保持率を高める戦術で日本ゴールを脅かした。
ユリッチ、ケーヒルといった高い得点能力を持つ選手を投入してもロングボールで攻めるパワープレーは用いず、「この哲学の中で解決策を見いだしたいと思っていたので(ポゼッションサッカーを)追求しました。何回か、いいチャンスはあったと思います。後半にあったと思いますが生かし切ることができなかった」と無念さをにじませた。日本に先手を取られてから後半16分にユリッチ、同25分にケーヒルを投入したが、「もともとのゲームプランでいったということだと思います」と語った。
続きを読む

【海外の反応】「日本人は誇り高い」日本代表を信じる窮地のオーストラリア人サポーター(サウジ戦)

ロシア・ワールドカップ出場を懸けた一戦で、日本代表に0-2と完敗を喫したオーストラリア。その結果、最終節でもタイに大勝を収めたうえで、サウジアラビア対日本の結果を待たなければならないという苦境に追い込まれた。
序盤から日本に主導権を譲ったまま、それを引き戻すことができなかったオーストラリアは、策に溺れた感もある。実際、指揮官のアンジェ・ポステコグルーは試合後の会見で、「中盤が全く影響力をもたらせなかった。我々はポゼッションができなかったわけではないが、効果的ではなかった」と、敗因について述べている。
続きを読む

【海外の反応】「日本頑張れ」日本代表に切実エールも!アジア最終予選、運命の最終節!

残り1試合となった2018FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選。ここで、各グループの状況と今後の日程をおさらいする。
■日本が所属するグループBは?
アジア最終予選は各グループの上位2カ国がW杯出場権を獲得する。日本が所属するグループBは、日本が勝ち点20で首位。現地時間9月5日に行われるサウジアラビア戦との結果に関係なく、首位通過が決まっている。
続きを読む