オーストラリア

オーストラリア人「勝てる」「同レベルだ」ホンジュラスとの大陸間PO決定に悲喜こもごもの豪州人【海外の反応】

W杯出場を懸けて戦う大陸間プレーオフの組み合わせが決定した。大陸間プレーオフはホーム&アウェー方式で行われ、第1戦は11月6日、第2戦は11月14日に行われる予定。勝者が本大会出場権を獲得する。
オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表は、南米予選5位のペルー代表と対戦。北中米カリブ海4位に入ったホンジュラス代表は、シリア代表とのアジア・プレーオフを制したオーストラリア代表と対戦する。
以下、組み合わせと日程

続きを読む

【海外の反応】「日本はW杯出場に視界良好だ」「まだ道のりは長い」日本代表が首位浮上もサウジ、豪州と三つ巴の様相に

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選グループB第7戦が28日に行われた。
UAE(アラブ首長国連邦)とホームで対戦したオーストラリア代表は6分にCKからジャクソン・アーヴァイン、78分に再びCKからマシュー・レッキーが得点し、2-0で勝利。4試合連続ドローと足踏みが続いていたが、5試合ぶりの勝利でプレーオフ圏内の3位をキープした。【
動画

続きを読む

【海外の反応】「アジアよりも簡単だ」オーストラリア、過酷な敵地でホンジュラスと価値あるドロー(大陸間PO第1戦)

ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を懸けた大陸間プレーオフのホンジュラス対オーストラリアの第1戦が現地時間10日に行われた。ホンジュラスのホームで行われた一戦は、互いにゴールを奪えずにスコアレスドローに終わった。
ホンジュラスのホームでの一戦は、試合開始から10分もしないうちにピッチのいたるところで芝がめくれ上がる劣悪な環境でのゲームとなった。ドリブルをしているだけで意図せずボールが弾んでしまうような状況で、両チームともに浮き球のパスを多用せざるを得なくなった。
チャンスが限られていたなかでオーストラリアは前半20分にDFバイリー・ライトが相手GKと接触して倒され、主審は一度ペナルティースポットを指差した。しかし、主審はアシスタントレフェリーに確認を取ると、判定を撤回してホンジュラスボールのFKで試合が再開された。同34分にはFWトミ・ユリッチが一瞬の隙を付いてペナルティーエリア内に侵入して決定機を迎えたが、左足のシュートはゴール右に外れた。

続きを読む

【海外の反応】「アジア>北中米」オーストラリア、W杯出場決定!ホンジュラスとの大陸間プレーオフを制す!

※試合後の反応を追記しました
ロシアW杯予選・大陸間プレーオフ第2戦が15日に行われ、オーストラリア代表(アジア)はホームでホンジュラス代表(北中米カリブ海)と対戦。第1戦はスコアレスドローに終わったが、この試合はオーストラリアが3-1で勝利し、4大会連続5回目の本大会出場を決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-01646355-gekisaka-socc

続きを読む

「日本サッカーを強くしすぎないで」元豪州代表監督が横浜Fマリノスと基本合意で複雑な豪州人【海外の反応】

J1横浜F・マリノスは19日、来季の監督として、元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏(52)と基本合意したことを発表した。
同氏は横浜の公式サイトで「クラブチームで再び指揮をとれること、そして日本での新たなチャレンジを非常に楽しみにしています。横浜F・マリノスで監督を務めることは私にとって大きな挑戦です。若手選手の成長を促し、全ての選手と共に成功を収めることを目指していきます」とコメントした。
同氏はオーストラリア代表監督として、同国を来年のロシアW杯予選突破へと導いたのちに辞任。今季限りで退任を発表していた横浜のエリク・モンバエルツ監督の後任として就任する。

続きを読む

【海外の反応】「よくやった」日本と同組のコロンビアと引き分け誇りに思うオーストラリア人

現地時間27日、イングランドのクレイブン・コテージでコロンビア代表はオーストラリア代表と対戦した。試合は0-0の引き分けに終わった。
6月に開催されるロシアワールドカップ(W杯)に両チームとも出場するこの試合はコロンビアがMFハメス・ロドリゲスを中心にオーストラリアゴールに攻めるも得点を挙げることが出来ず。一方のオーストラリアも前半終了間際にFWトミ・ユーリッチが相手DFを背負った状況から反転して惜しいシュートを放つなど互角の戦いを見せる。
後半はオーストラリアペースで始まるも時間の経過と共にコロンビアもリズムを作り64分にはMFミゲル・ボルハが決定的なチャンスを迎えるもゴールを決める事が出来ず。直後の68分にはオーストラリアのMFロベルト・ルオンゴの決定的なシュートをコロンビアGKダビド・オスピナが防いだ。

続きを読む

【海外の反応】「おめでとう」なでしこ、W杯出場決定!!時間稼ぎも話題に

※追記しました
日本女子代表(なでしこジャパン)は13日、W杯予選を兼ねた女子アジア杯グループBの第3戦でオーストラリア女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。韓国女子代表がベトナム女子代表に勝利したため、勝ち点5で3チームが並ぶことになったが、得失点差でオーストラリアが1位、得点数で韓国を上回るなでしこが2位を確定。来年フランスで開催されるW杯への出場を決めた。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242166-242166-fl

続きを読む

【海外の反応】「日本が優勝するはずだ」なでしこ、中国に勝利し決勝進出決定!アジアカップ連覇に王手!

<女子アジア杯:日本3-1中国>◇準決勝◇17日◇アンマン
なでしこジャパンがFW横山久美(24)の2ゴールの活躍などで中国に快勝し、決勝進出を決めた。
序盤は一進一退の攻防が続き、迎えた前半39分。ゴール前でボールを受けたFW岩渕真奈(25)が得意のドリブルで持ち込み、左足を一振り。これが相手GKの手をはじきながらゴールに収まり、なでしこが先制に成功する。そのままリードして前半を折り返すと、後半40分には途中出場の横山のミドルシュートで追加点を挙げ、直後の43分にも横山がPKを沈めて突き放した。

続きを読む

【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!

※追記しました
なでしこアジア連覇!!20日、女子アジア杯の決勝が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)がオーストラリア女子代表を1-0で下した。なでしこジャパンは14年大会に続く2連覇を達成した。
決勝の組み合わせは2大会連続で同じ、新ライバル対決となっている日本対オーストラリアになった。オーストラリアは3大会連続の決勝。ただし2大会連続決勝進出のなでしこジャパンが連覇を目指すことになる。

続きを読む