ゴール

【スペインの反応】「桁外れだった」ゴラッソ乾を現地エイバルサポーターが称賛!

10日のリーガエスパニョーラ第19節エスパニョール戦で、リーガ初得点及びPK獲得によってエイバルを2-0の勝利に導いたMF乾貴士だが、現地メディアは同選手の活躍を絶賛している。
乾はこの試合の15分、ペナルティーエリア角から右足を振り抜き、ゴール右上隅に突き刺してリーガ初得点を記録。さらに72分にはペナルティーエリア内でDFハビ・ロペスに倒されてPKを獲得し、チーム2点目のきっかけとなった。スペイン『モビスタール・プルス』でこの試合を解説していた元スペイン代表GKサンティアゴ・カニサレス氏は、乾の得点を「並外れている」「今節のベストゴールの一つ」と絶賛したほか、「ゴールのほか、自身のサイドで見事な仕事を実現しているね」と試合を通して良質なパフォーマンスを見せていたとの見解を述べている。
しかし乾を讃えるのは、カニサレス氏だけではない。その後にスペインメディアの電子版がアップしたこの試合に関する記事の見出しは、すべてが乾絡みだった。

続きを読む

【海外の反応】香川の元同僚、チチャリートがカンプルのアシストからゴール!

レヴァークーゼンは16日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第1節でBATEボリソフをホームに迎え、4-1で勝利した。レヴァークーゼン移籍後初ゴールを記録したFWハビエル・エルナンデス(チチャリート)が喜びのコメントを残している。
レヴァークーゼンはブンデスリーガで2戦連続ゴールがなく2連敗と苦しんでいた。それでもこの日は4分に先制すると、1-1で折り返した後半に3ゴールを決めて4-1と快勝している。
58分にチームの3点目を決めたチチャリートが、ドイツ『スカイ』でこのように話した。

続きを読む

【海外の反応】「以前のような得点だ」香川股抜きゴール!現地ドルトムントサポが称賛!(インゴルシュタット戦)

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは23日、第2節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でインゴルシュタットと対戦し、4-0で快勝した。香川は左インサイドハーフで2試合連続の先発出場を果たし、2-0の後半39分に今季リーグ戦初ゴールをマーク。20日のELプレーオフ第1戦・オッド戦(4-3)に続く公式戦2試合連続ゴールで開幕2連勝に大きく貢献した。

続きを読む

【海外の反応】「縁の下の力持ちだ」ゴール演出の岡崎を現地レスターサポが高評価!(リバプール戦)

※試合後の反応を追記しました
プレミアリーグは2日、第24節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでリバプールと対戦。FWジェイミー・バーディの2試合連続ゴール含む2得点で、レスターが2-0で勝利をおさめた。前節の途中交代で怪我が心配された岡崎は大事に至らず、この試合でも先発出場。得点こそなかったが、後半42分まで前線からのチェイジングなどで勝利に大きく貢献した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-01613680-gekisaka-socc

続きを読む

【ドイツの反応】「原口がメッシモードに」3人抜き鮮やか決勝ゴール!ヘルタを35年ぶり4強に導く

DFBポカール(ドイツ国内杯)は10日、準々決勝2日目を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは敵地でハイデンハイム(2部)に3-2で競り勝ち、準決勝進出を決めた。
原口のゴールは昨年9月12日のブンデスリーガ第4節シュツットガルト戦以来、約5か月ぶりで、今季公式戦2得点目。チームは3-2で逃げ切り、全得点に絡んだ原口もフル出場で勝利に貢献した。試合後、ツイッターを更新した原口は「ポカール勝ちました。久しぶりに自分らしいゴールが決めれた」と喜びをつづった。
1980-81シーズン以来、35年ぶりとなるベスト4進出を果たしたヘルタは準決勝でMF香川真司が所属するドルトムントと対戦することが決定。原口は「次はドルトムント。ここまで来たら決勝に行きたい」と意気込みを語った。

続きを読む

【イタリアの反応】「別格だ」本田、1ゴール1アシスト!現地ミラニスタから絶賛の嵐!(ジェノア戦)

※試合後の反応を追記しました、タイトルを変更しました
14日のジェノア戦で今季初ゴールを決めたミランMF本田圭佑を、イタリアメディアも絶賛している。採点記事を掲載したミラン専門メディア『ミランニュース』は、本田にチーム最高点の「7.5」を与えている。
そして寸評では「ミラン加入以来、最高のパフォーマンスの一つだった。コーナー付近で、アクションが止まったかに見えたがボールを追って(FWカルロス・)バッカの得点をアシストした。そして後半の左足でのゴールで勝ち点3をもたらした」と称えた。

続きを読む

【海外の反応】ゴールの起点となった岡崎の献身性を現地サポが評価!(ノリッジ戦)

※試合後の反応を追記しました、タイトル変更しました
プレミアリーグは3日、第8節を各地で行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地で昇格組のノリッジと対戦し、2-1で勝利した。先発出場の岡崎は後半2分に追加点の起点になるなど献身的な動きを見せ、同25分までプレーした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-01165012-gekisaka-socc

続きを読む