ドイツ

【海外の反応】「怪しいと思ってた」2002年のロベルトカルロスにドーピング疑惑が浮上

サッカー元ブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。
ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医師が存在し、ドーピングが日常的に行われていると伝えた。同医師が持久力向上に効果があるエリスロポエチン(EPO)や、筋肉増強作用などがあるクレンブテロールを勧めるシーンも流した。
番組の中で、現役時代に攻撃的なディフェンダー(DF)として、スペインリーグ1部のレアル・マドリードなどで活躍し、左足からの強烈なシュートが代名詞だったロベルトカルロス氏にも言及した。15年にブラジルの反ドーピング機関がサンパウロの検察庁に提出したとされる関係書類に「名前が記載されていた」とした。

続きを読む

【海外の反応】「香川は残して」香川真司、テストマッチで好プレー!ドルトムントサポの評価は?

ボルシア・ドルトムントは現地時間7日にスペインのキャンプ地にてフォルトゥナ・デュッセルドルフとテストマッチで対戦し、3-2で勝利を収めている。フォルトゥナの宇佐美貴史と同様、後半から出場したドルトムントの香川真司は、この一戦で決勝点に絡むなど好プレーを見せた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010003-goal-socc

続きを読む

【海外の反応】「ペペはぺぺだわ」ドイツ代表がポルトガル代表に快勝!

※追記しました
ブラジルW杯5日目が16日に行われ、サルバドールにあるフォンチ・ノバではFIFAランク2位ドイツ代表と同ランク4位ポルトガル代表の強豪国同士が対戦した。しかし、試合は一方的な展開に。2点を先行したドイツが前半37分数的優位に立つと、その後2点を加点して4-0の圧勝を収めた。第2戦はドイツが21日にガーナ、ポルトガルが22日にアメリカと対戦する。―
ゲキサカ
続きを読む

【海外の反応】ドイツとガーナの激闘は引き分けに終わる!

※追記しました
21日(日本時間22日)、ブラジルW杯10日目の3試合が行われ、G組のドイツ代表とガーナ代表が対戦した。10年南アフリカ大会でもグループリーグで戦った両チームによる一戦は、2-2の引き分けに終わった。スコアレスに終わった前半から一転、後半はゴールラッシュに。MFマリオ・ゲッツェのゴールでドイツが先制すると、MFアンドレ・アイェウとFWアサモア・ジャンが決めてガーナが逆転。しかし、途中出場のFWミロスラフ・クローゼがW杯通算最多記録タイとなる大会15点目を決めて同点とし、激闘は幕を閉じた。―
ゲキサカ
続きを読む

【海外の反応】「ノイアーは最高のDF」ドイツがアルジェリアとの激闘を制す!

※試合後の反応を追記しました
ブラジルW杯は6月30日、決勝トーナメント1回戦の2試合を行った。G組を1位で通過したドイツ代表は、H組2位のアルジェリア代表と対戦。勝負の行方は延長戦までもつれたが、延長戦に入って2点を奪ったドイツが、アルジェリアの反撃を1点にしのいで、2-1で勝利した。4日にリオデジャネイロで行う準々決勝では、フランス代表と対戦する。―
ゲキサカ
続きを読む

【ドイツの反応】「楽しんでこい」元ドイツ代表カカウがセレッソ大阪へ移籍!

セレッソ大阪は11日、元ドイツ代表FWのカカウを完全移籍で獲得することで合意したと発表した。契約期間は2015年6月30日まで。なお、メディカルチェック後に本契約を結ぶという。
入団が決まったカカウは、クラブの公式サイトを通して「この度、数多くのブラジル人選手がプレーしてきたJリーグで自分自身もプレーできることになり、本当に嬉しく思っています。その中でも、たくさんの素晴らしい選手を輩出し、伝統のあるセレッソ大阪というクラブでプレーできることを光栄に思います。セレッソ大阪は今の順位にいるべきチームではないですし、自分の経験を試合の中で生かし、チームのためにみんなと一緒になって、状況をより良いものにしていきたいと思います。そして、悲願のタイトル奪取に貢献できれば幸いです」とコメントを発表している。
カカウは1981年生まれの33歳で、ブラジル出身。1999年にドイツに渡ると、2003年から在籍したシュトゥットガルトでブレイクし、ブンデスリーガ通算307試合出場、88得点をマークしている。2009年にはドイツ国籍を取得し、2010年南アフリカワールドカップメンバーにも選出された。-
続きを読む