ドイツ

【海外の反応】あの日系人の決勝ゴールでアメリカが世界王者ドイツを撃破!

国際親善試合が10日に行われ、ドイツ代表はアメリカ代表に1-2で敗れた。前半12分に先制するも、その後に2得点を奪われての逆転負けとなった。敗れたドイツ代表はGKマヌエル・ノイアー、MFトーマス・ミュラー(ともにバイエルン)、MFトニ・クロース(レアル・マドリー)らが招集外となっており、不在だった。
試合は前半12分にドイツが先制。ゴール前へ詰めていたMFアンドレ・シュールレ(ボルフスブルク)の横パスからFWマリオ・ゲッツェ(バイエルン)が冷静に決め、1-0とリードに成功した。その後も押し込むドイツだが、追加点は奪えない。
すると前半41分にアメリカが同点弾。MFマイケル・ブラッドリー(トロント)のロングパスに抜け出たMFミッケル・ディスケルト(NYシティ)が冷静にボールをトラップすると右足でシュートを流し込む。1-1で前半を終えた。

続きを読む

日本との再戦を希望する声も…アメリカが2大会連続の決勝進出【海外の反応】

女子W杯の準決勝が行われ、アメリカ女子代表がドイツ女子代表を2-0で下し、2大会連続4回目の決勝進出を決めた。
PKが明暗を分けた。後半18分にPKを獲得したドイツは、FWセリア・サシッチが蹴る。しかしボールは無情にも枠左に外れ、先制の絶好機を逃す。サシッチも顔を覆うようにして頭を抱えた。
すると今度はアメリカにPKのチャンスがやってくる。キッカーはMFカーライ・ロイド。プレッシャーの中でGKの逆を突くキックをゴール右隅に蹴り込み、先制点をきっちり奪った。さらに同39分にDFケリー・オハラがダメ押し点を奪ったアメリカが、決勝へと駒を進めた。

続きを読む