ドイツ

【海外の反応】「何様だ..」神戸のポドルスキ、ボールボーイに暴言!海外のJファンから批判の声!厳重注意処分..謝罪へ

20日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節で、神戸は浦和レッズとアウェイで対戦した。フアン・マヌエル・リージョ監督が退任するとともに吉田孝行氏が指揮官に復帰し、新たな体制で臨んだ神戸だが、開始10分にPKで失点。その後、ゴールを奪い返すことができずに0-1で敗戦し、3連敗を喫している。
リージョ監督が辞任した直後に、キャプテンを降りることを発表したことで、この日はキャプテンマークを巻かずにプレイしていたポドルスキ。SNSで「キャプテンマークは返しても変わらないのは、これからもみんなのリーダーとしてチームを引っ張って行くこと」と明かしていた。そんなキャプテンシーをもってこの試合へ臨んだと思われるが、少々熱くなりすぎ、行き過ぎた行動を取ってしまったのかもしれない。
問題のシーンは1点ビハインドで迎えた59分。ボールがタッチラインを割った際、ポドルスキは素早くリスタートをしようとして手元にボールを要求したが、ボールボーイは転がしてボールを渡した。これに対してポドルスキは少しイラっとしてしまったのか、ボールボーイに対してドイツ語で「ボールをよこせ、クソ野郎」のような暴言を吐いていたようだ。ちょうど近くの音声マイクがその発言を拾っており、ドイツメディア『sport1』などが報じた。

続きを読む

【海外の反応】「偉大な戦士を失った」U-21ベルギー代表のマランダが交通事故で死去…

ヴォルフスブルクでプレーしていたMFジュニオール・マランダが、交通事故で亡くなった。20歳だった。ドイツ『ビルト』など、複数メディアが伝えている。
『ビルト・アム・ゾンターク』によると、ベルギー出身のマランダは10日、キャンプ地に向かうチームに合流するはずだった。しかし、マランダはその途中で交通事故に遭い、帰らぬ人となっている。
事故当時、北ドイツは暴風警報が出ていたが、マランダが乗っていた車は100キロ以上のスピードを出していたと見られている。その影響で、車は高速道路の車線を外れて木と激しく衝突、マランダは即死だった。一緒に乗っていた運転手ともう1人も重体と伝えられている。

続きを読む