ドイツ

【海外の反応】「本物の日本人みたいだ」ポドルスキが折り紙や盆栽に挑戦した和テイスト動画が話題に!(動画あり)

元ドイツ代表の大物ストライカーが日本の伝統文化に挑戦? ポドルスキの箸さばきを見逃すな!
日本で、Jリーグで、アジアで輝きを放つために必要なことは何か?
ヴィッセル神戸への加入が決まっている元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキは来日に向けて着々と準備を進めている。

続きを読む

【海外の反応】「真実の爆弾だ」日本を選んだポドルスキ、中国サッカーを痛烈批判!

J1のヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、中国へ移籍していればより高額の年俸を獲得できていたはずだったと認めつつ、中国サッカーの現状や発展の見通しについて批判的な見解を述べている。独紙『シュポルト・ビルト』のインタビューに語ったとして『ドイツ通信社』などが伝えた。
トルコのガラタサライから神戸への移籍が今年3月に発表されたポドルスキは、先日ついに来日。近年のJリーグで屈指の大物外国人選手加入として大きな注目を集めている。
日本への移籍を決める前に中国からもオファーが届いていたことは、以前にもポドルスキ自ら認めていた。神戸での年俸は6億円前後とも報じられているが、中国ではそれを大幅に上回る金額を受け取ることができていた可能性があったという。「中国で1500万から2000万ユーロ(約19億5000万~26億円)を受け取ることができるというのはとても魅力的に聞こえる話だ」とポドルスキは語る。

続きを読む

【海外の反応】「当然だ」DAZN(ダゾーン)の予想を超える加入者数が話題に!

※オーストリアのメディアにダ・ゾーンCEOであるジェームズ・ラシュトン氏のインタビューが掲載されていました。その中で、ラシュトン氏はドイツ語圏と日本での加入者数が予想を上回っていると述べています。(今現在DAZNが展開している国はドイツ、スイス、オーストリア、日本の4ヶ国、近日中にカナダが始まるそうです)

英語のサッカーフォーラムから海外の反応をまとめました

続きを読む

【海外の反応】「悪夢だ」大不振のブンデス、セリエAに抜かれUEFAランク4位に転落


過去5シーズンの各国クラブの成績に基づいて算出されるUEFAカントリーランキングは、シーズン終了時点で翌々シーズンに各協会に与えられるCL・EL出場枠を定める。1位~4位につける協会はCLには4クラブ(ELには3クラブ)を送り込める一方、5位~6位に対するCL出場枠(EL出場枠は3クラブ)が1つ減少。さらに7位~15位はCLには出場できるのは2クラブ(7位~9位はEL出場枠が4クラブ、10位~45位はEL出場枠が3クラブ)に減るといったシステムだ。-
goal.com

続きを読む

【海外の反応】「早く捕まえて」ドルトムント爆破事件あと1秒で大惨事..まさに危機一髪だった

ドルトムントは11日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦のホーム初戦の直前に移動バスが爆破される事件に巻き込まれた。スペイン代表DFマルク・バルトラは右腕を骨折する被害者となったが、犯人による爆弾の起爆があと1秒早ければ大惨事を招く可能性があったことが明らかになった。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。
ドルトムントのチームバスは宿舎を出た直後に爆破事件の標的となった。バスの窓が破壊され、バルトラは右腕を骨折で全治4週間の重傷を負った。
だが、起爆のタイミング次第で被害がさらに拡大していたという。ドイツの連邦犯罪捜査局の幹部は「爆弾の起爆があと1秒早ければ、バス全体が最大の衝撃を受けていた。もっと多くの重傷者と死者を出していた可能性もあった」と語っていたという。

続きを読む

【海外の反応】「サイコパスだ」ドルトムントバス爆破で容疑者逮捕!意外な犯行動機に驚愕する世界のサッカーファン

過激派の犯行声明はカモフラージュ、利益を得る金銭目的の犯行
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝初戦のモナコ戦前にチームバスが爆破される事件が起き、スペイン代表DFマルク・バルトラが骨折する被害が出たが、ドイツ連邦警察は28歳の容疑者を逮捕した。ドイツ地元誌「シュピーゲル」が報じている。
爆破事件で逮捕されたのはドイツ南部テュービンゲン在住の28歳男性、セルゲイ容疑者。チームの宿舎からジグナル・イドゥナ・パルクに出発した直後のバスを遠隔操作で三度爆発させた容疑がかけられている。

続きを読む

【海外の反応】「勝てばドイツ人だが負ければ移民」エジルが怒りの代表引退!

アーセナルに所属するメスト・エジル(29)は22日、ドイツ代表からの引退を表明した。その主な理由としてドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長による扱いを挙げている。
エジルは22日、3回に渡って自身のツイッターを更新。W杯前にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮ったことについての声明を出すと、その数時間後にはその写真に関するドイツメディアでの報道やDFB、一部のスポンサーの対応を批判する内容のものを投稿。最後にはグリンデル会長を痛烈に批判的な言葉を送り、代表からの引退を表明した。
エジルは写真の件で大会前に、ヨアヒム・レーブ監督の要望に応えて、同じく“エルドアン写真問題”で避難されていたイルカイ・ギュンドアンとともにグリンデル会長に面会。その後、DFBはプレスリリースで、2人が会長に行動を説明したことですべてが収まったと発表し、2人はW杯に向けてサッカーに集中することを誓った。

続きを読む

【ドイツの反応】「面白い奴だ」香川真司のBVB公式インタビュー動画が現地サポから大好評!

ボルシア・ドルトムントのMF香川真司が12日、クラブ公式テレビ『BVB total !』にゲスト出演した。同クラブのレジェンドでスタジアムアナウンサーのノビー・ディッケル氏と、笑いあり真面目な話ありのトークを繰り広げている。
ドルトムントは7月15日に埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦することが決まった。
これについて香川は「おととしの夏に日本へ行って、とても反響がありました。スタジアムは満員で、すごかったです」とドイツ語で振り返った。そして「とても楽しみにしていますし、素晴らしいスタジアムで試合ができます。相手も素晴らしいチームなので、良い試合になればいいなと思っています」と日本語で話すと、ディッケル氏は「日本語を全て理解しているのでうなずいていますが、発音がいまいちなのでしゃべるのはやめておきます」とユーモアを見せた。

続きを読む